アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

約束のネバーランド(アニメ)6話のあらすじ感想ネタバレ!一緒に逃げる覚悟

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

約束のネバーランド6話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

約束のネバーランド第6話「311045」

まずは、前回5話の復習から。

内通者(スパイ)はレイだった!!
ノーマンは、今度は自分たちのためにスパイになってほしいと言います。
そして、レイの真の思惑を聞くのです。
そしてわかったこと・・・
レイがスパイをしていたのは、全て今この脱獄のための準備だった!!

では、ここから「約束のネバーランド(アニメ)6話のあらすじ感想ネタバレ!一緒に逃げる覚悟」についてまとめます。

スポンサーリンク

約束のネバーランド(アニメ) 6話 あらすじ

ドンとギルダがこっそりママの秘密の部屋に入り込んでいた頃、エマたちは「外」についての話をしていました。
そしてエマが見せたい物があると言って図書館へ。

ウィリアム・ミネルヴァという人物から贈られた本が、なんらかのメッセージを自分たちに送っていて、味方ではないのか!?と言うのです。
GFハウスを出た後にも、ささやかな希望がある!!

一方で、ドンとギルダはママの秘密の部屋に侵入したことで、エマたちに嘘をつかれていたことに気づいてしまいます。
そして、あとから余計なことをしたとレイが怒り出し、それに対しドンは真実について問いただし、怒りをぶつけます。

真実を聞いてしまったドンとギルダは・・・

約束のネバーランド(アニメ) 6話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、3巻17話から19話までのお話です。

約束のネバーランド 3

約束のネバーランド 3

約束のネバーランド 3

[原作]白井カイウ [作画]出水ぽすか

今回のストーリーも原作コミックにほぼ忠実に描かれていました。

前回の放送で、図書館のくだりがカットされていたため、どうなるのかな~なんて思っていましたが、今回しっかり放送されましたね。

脱獄した後のストーリー展開にすっごく関係しているシーンだから必須!と思いつつも、今回のアニメが脱獄成功までのストーリーだったら不要なのか?と思ったりしていたので、どうなるか楽しみにしていましたけど。

フィルが読んでいた絵本がきっかけで気づいたウィリアム・ミネルヴァの本のメッセージ。
これってかなり奥が深いと思うんですよ。

絵本でモールス信号を知らなかったら誰も気づかないのだから、小さい子の頃からモールス信号について知識を与えておこうというつもりで本をハウス内に置いておける状況にしたということでしょうか。

そして、ママたちに気づかれなかったということは、謎解きのようなことをしない限りは気づけない状態にしていたってこと。

実際、エマに言われるまではノーマンもレイも気づいてはいませんでした。と言っても、レイはある程度は把握していたようですが・・・

これは、頭脳的な点ではノーマンやレイにはかなわないけれど、柔軟な発想や勘を信じることできるようなエマだからこそ、見つけることができたのかもしれませんね。そして、ノーマン・レイも加わることで、謎からメッセージへと変化していくのでは?

それにしても、最初のきっかけとなったフィルはすごいわ・・・
彼はまだすっごく幼いというのに、その頭の良さは将来ノーマンたちに匹敵するのではって感じです。

このシーンってどうなるのかワクワク期待していたので、なんだかスッキリしました。

スポンサーリンク

ただ、あれ!?って思ったシーンは別にありましたね。
それは、ドンとギルダが侵入中にママが部屋に戻ってきてしまって、どのように逃げ出したのかがわかりづらかったこと。

原作コミックでは、姿を見られないように逆の部屋から出ようっていう説明があったのですが、アニメではなかったので入り口にはママがいるのにどうやって出てきたの?って思っちゃいますよね。

細かいことまで覚えていられる人なら2つの部屋がつながっているというちょっとした説明も覚えていて、きっと・・・と思えたかもしれませんが、私はすっかり頭から飛んでいたので(笑)、あれれ?って漫画を確認しちゃいました。

漫画では、わかりやすくセリフだけではなく図解で説明されていましたよ。

今回ホロッときたのは、やっぱりドンが事実を知った時でしょう。
彼はコニーと一番仲が良かったために、早く彼女を助けたいと思っていましたから、すっごく混乱したはず。

そりゃ~そうですよね。
幸せに里子に出されたと思っていたのに、実は悪い人に売られていたってわかって、それでもレイの発言からさらに彼らは嘘をついているのでは?と疑い、すでに死んでいるのではという疑惑を持ちます。そして実際に真実を聞いてみたら、自分たちが食用の肉として育てられていて、鬼にコニーは殺されて出荷されたというのだから・・・

ドンが嘘をつかれたことを怒るのは納得です。
特に、知っていながら止めなかったレイのことは特にね。実際レイだって何もできるわけじゃないし、しかたのないことなわけだけど、それでも許せないと責めてしまうのは、子供だから普通のことだと思います。

でも、ドンはすごい。
ちゃんと自分がただの八つ当たりをしているのだと自覚して、何も知らず何もできず守られる立場でしかなかった自分に対して強い憤りを感じています。

それを見守っているギルダもすごいわ~~。

そして、そんなふたりを追いかけていったエマのセリフも最高に良かった!!

ごめん。私わかってなかった。
恨まれる覚悟ばっかで、信じる覚悟が足りてなかった。

これって11歳の子どものセリフですよ!?
大人だって恨まれる覚悟すらできないもんよ!!さらに人を信じるってすごいエネルギーがいることで、命がかかる場面で信じるなんてなかなかできるものではありません。

こういうシーンが、この漫画のすごさだなって思います。
なんか、芯が通っているというか、ぴーんと張り詰めたような感じ。

その後はお互いに謝って、あらためてみんなで脱獄することを誓い合います。

でも、その様子をクローネにこっそり見られていた!!
そして、「私と組まない?」と言われるところで終わりました。

約束のネバーランド(アニメ) 6話感想ネタバレ まとめ

次回は、クローネから様々な情報を聞き出せるはず!
そして、今まで知らなかった謎がさらに解明されていきます。

あらすじ・感想の各話一覧
約束のネバーランド(アニメ・漫画)あらすじ・感想ネタバレまとめ

↓次の第7話の感想はこちら

動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「約束のネバーランド(アニメ)6話のあらすじ感想ネタバレ!一緒に逃げる覚悟」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら