アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

約束のネバーランド(アニメ)11話のあらすじ感想ネタバレ!脱獄決行だ!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

約束のネバーランド11話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

約束のネバーランド第11話「140146」

前回10話では、ノーマンが出荷されてしまい、もう何もやる気が起きなくなってしまったエマとレイでしたが…実は脱獄はあきらめていなかった!?というところで終了しました。

では、ここから「約束のネバーランド(アニメ)11話のあらすじ感想ネタバレ!脱獄決行だ!!」についてまとめます。

スポンサーリンク

約束のネバーランド(アニメ) 11話 あらすじ

ノーマンが出荷されてしまってから、ずっと何もやる気が起きずに元気のなかったエマとレイ。
しかしそれはママ・イザベラを欺くための行動で、実は着々と脱獄の準備を進めていました。

レイの誕生日前日、レイは火事を起こして脱獄することを提案しますが、ただ火をつけるだけではうまくいくはずもないため、その提案は自らを犠牲にすることを含めた計画。

しかし、いざ火をつけようとした瞬間、エマが阻止します。
レイの行動を知っていたのです。

エマは、レイの行動を予期して、ノーマンがエマに残していった手紙のことを話します。そして、今まで自分がノーマンの手紙に従って準備してきたことも話すのです。

ママ・イザベラを欺いて脱獄できるのか!?
GFハウスに火をつけ、塀に向かって逃げる子どもたち。

イザベラはどうする!?

約束のネバーランド(アニメ) 11話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、4巻の32話~34話までのお話です。

約束のネバーランド 4

約束のネバーランド 4

約束のネバーランド 4

[原作]白井カイウ [作画]出水ぽすか

前回、あきらめていないだろうっていうエマの顔で終わりましたが、今回のストーリーでは再度そのことを確認しあうシーンから始まります。

そして、2ヶ月間まともに話をしていなかったエマとレイは、まずは脱獄計画に関してお互いの意思疎通をするために、話をするということですね。

ここらへんは、アニメではざっくりまとめられているので、やはり原作漫画の方が感情移入しやすいです。ノーマンを犬死させないために、ママを出し抜いて絶対に脱獄を成功させてやるというエマの憎しみや悔しさを噛み締めた決意などが描かれているので。

でも、アニメでは動きや音などの多くの情報があるので、あっさりまとめられていたのも、これはこれでかえってよかったのかもしれません。

自分たちに監視の目が張り付いているのを知っているエマは、ドンとギルダに準備を完全にまかせ、もういつでも脱獄ができる状態に…
だから、レイが出荷される前・明日の昼間に脱獄しようと言うのですが、レイはダメな理由を2つあげて夜がいいと言い出します。

レイもまた準備万端なんですよ。
あくまでも脱獄ではなく、火事による避難だと見せかけて逃げようというわけです。

そして、明日と言わず、今夜・今逃げようと言いだします。

その時に、エマに足は大丈夫かって確認するんだけど、エマは足をドンと踏んで大丈夫って言います。その時の足元に注意!!

やられた~~
これは見逃してた~~って思ったシーン!!
原作コミックを読んだ時も、このシーンではまったく気づかなくて、あとから「えっ!?」って戻って確認したシーンでした。

エマの靴。
レイはスリッパなのに。

ここであれ?っと気づけた方は相当感が鋭くてすごいですよ!
私はダメだったけど(笑)

エマが靴を履いている理由は、今回のストーリーの最も面白い部分でしょう。

話は戻って、その後レイは用意していたオイルなどを床にばらまき、ドンとギルダに伝えてこいとエマに言うのですが、エマは気になったことを質問します。

火をつけただけでは、不十分ではないかと…

ここでやっとレイは本音をバラしますね。
自分自身に頭からオイルをかけて、自分が犠牲になってママの足止めをすることを…

ここは何だかすっごく胸が苦しくなってくるんですよ。
だって、この日のために、ずっと幼い頃から準備してきたわけですから。
エマやノーマンとは違って、ずっと何年もの間仲間が出荷されるのを見送りながら、ただただ復讐するために…

好きでもない勉強も読書も、自分が最上級になるためにやってきて、いざ収穫目の前になって自ら取り上げてやろうという復讐・腹いせ。

食えると思うなよ?
食わせられると思うなよ?
食用?
商品?
知ったことか

俺は人間だ!
ザマァ見ろ!!

さらにその後、うつむいてレイが話すこのあとのセリフは泣ける!

それにこれでいい……
これがいいんだよ

俺は家族をずっと見殺しに…
踏み台にして来たんだから

みんな……
いい奴らだったのに
優しい人達だったのにな

その後0時の鐘がなって、レイの誕生日当日になりました。
そして、レイはエマにお礼とお別れの言葉を言ってマッチで火を落とす…

スポンサーリンク

このあとは、火事になってママが消化するシーンなどに突入しますが、それはみんなノーマンの脱獄計画にちゃんと含まれているところがすごい!

まんまとイザベラを出し抜いたエマたち。
ここで、先程書いた靴についてイザベラも気づきますね。

無事に揃って外に逃げ出した子どもたちの中で呆然としているレイに、ノーマンからの手紙について話をするエマのシーンでは、漫画のときもそうだけど号泣しちゃいましたよ。

特にノーマンの話には弱いんだよね、私は。
ノーマンは、レイが自分たちを生かして自分自身はハウスで死ぬつもりだということをちゃんとわかっていました。

塀の下に来た時、エマの背中をそっと押すノーマン。
ううっ…(泣)

今回のストーリーの中で唯一気になったのは、このあとのちょっとしたセリフ。
漫画では、エマとドンがまずは塀に登ってみんなを引っ張るというようになっているけど、アニメではなぜかドンではなくナットでしたね。
そこを変更する意味がわかりませんでした。

なんで?
まぁ、別にこれはどちらでも気にならないのでいいんだけど…

最後は、これで全員?とびっくりした顔のレイ~GFハウスがすべて燃えてしまったにも関わらず、エマたちが逃げ出したことを確認してまだ生きてる!捕まえられる!と喜んだイザベラの顔…

そして、そんなママの服をフィルが掴んだシーンで終了。
他の幼い子どもたちはどうなってるの?という気になるところで終わりましたね。次回は最終回なので、これらの疑問もすべてわかります。

約束のネバーランド(アニメ) 11話感想ネタバレ まとめ

今回の内容は、原作でもすっごく面白いと思っていた部分だったので、かなり期待して観ていましたが、大満足でした。

考えれば考える程、色々な思いが出てくるんですよ。
エマは逃げる時に、耳をそのまま切り取って逃げているけど、これって自分で切っているはずです。

レイの耳はエマが発信機だけ切り取っているから後々ちゃんと治っているけど、エマだって誰かにやってもらっていれば耳は残っているはず。そんな時間も余裕もないから、自分でバッサリ切ったということでしょう。

よほどの思いがなければ自分の耳をバッサリ切るなんてできないのだから、彼女の覚悟が伺えます。
レイの計画をさらにノーマンが飲み込んで別の計画にしてしまうなんていうどんでん返しがめちゃくちゃ面白いです。

次回は、最終回。
最高のストーリーになりそうですね。

あらすじ・感想の各話一覧
約束のネバーランド(アニメ・漫画)あらすじ・感想ネタバレまとめ

↓次の第12話の感想はこちら

動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「約束のネバーランド(アニメ)11話のあらすじ感想ネタバレ!脱獄決行だ!!」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら