アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

約束のネバーランド(アニメ・漫画)あらすじ・感想ネタバレまとめ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

約束のネバーランド(約ネバ)は、白井カイウ先生・出水ぽすか先生による漫画で、週刊少年ジャンプで掲載中の作品です。

そしてついにアニメ化されました!!

2019年1月10日よりフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送開始
毎週木曜日24:55~

この記事では、約束のネバーランドの各話あらすじ・感想の一覧から、動画配信情報や登場人物の紹介などの基本情報までご紹介していきます。

アニメ:約束のネバーランド各話一覧

おすすめ動画配信サービス

※Amazonプライム・ビデオで見放題独占配信です。

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

原作漫画:約束のネバーランド各巻一覧

約束のネバーランド 1

約束のネバーランド 1

約束のネバーランド 1

[原作]白井カイウ [作画]出水ぽすか

約束のネバーランド 基本情報

スタッフ

  • 原作漫画:白井カイウ(原作)・出水ぽすか(作画)
  • 監督:神戸守
  • シリーズ構成/脚本:大野敏哉
  • キャラクターデザイン/総作画監督:嶋田和晃
  • プロップデザイン:板井寛樹
  • 美術設定:池田繁美(アトリエ・ムサ)・大久保修一(アトリエ・ムサ)・友野加世子(アトリエ・ムサ)・乗末美穂(アトリエ・ムサ)
  • 美術監督:池田繁美(アトリエ・ムサ)・丸山由紀子(アトリエ・ムサ)
  • 色彩設計:中島和子
  • 撮影監督:塩川智幸(T2studio)
  • CG監督:福田陽
  • 編集:松原理恵(瀬山編集室)
  • 音楽:小畑貴裕
  • 音響監督:清水勝則
  • アニメーション制作:CloverWorks

オープニング曲(OP)

UVERworld「Touch off」

エンディング曲(ED)

Cö shu Nie「絶体絶命」

登場人物・キャスト

エマ:諸星すみれ
№63194 11歳で身長は145cm
孤児院の中で最年長。運動神経も良く学習能力も高い明るい少女。
ハウス(施設)史上初という勉強も運動も優れている3人のうちの一人です。


 
ノーマン:内田真礼
№22194 11歳で身長は145cm
エマやレイと同じ最年長。ハウス(施設)史上初という勉強も運動も優れている3人のうちの一人です。優れた分析力はハウス一の天才。


 
レイ:伊瀬茉莉也
№81194 11歳で身長は150cm
エマやノーマンと同じ最年長。ハウス(施設)史上初という勉強も運動も優れている3人のうちの一人です。ノーマンと渡り合える知恵があるのは彼だけ。


 
イザベラ:甲斐田裕子
31歳で身長は170cm
子どもたちから愛されているハウス(施設)のママ。


 
クローネ:藤田奈央
№18684 年齢不詳で身長175cm
イザベラの補佐としてハウスに来たパワフルな人気者。


 
ドン:植木慎英
№16194
10歳で身長は155cm
明るい負けず嫌いな少年。お調子者だけどムードメーカーでもあります。


 
ギルダ:Lynn
№65194 10歳で身長は138cm
内気ですが、冷静な判断ができる少女。鋭い分析力でエマたちを助けます。


 
フィル:河野ひより
№34394 4歳で身長100cm
エマのことが大好きな年少組の男の子。成績優秀で、小さいながらもエマのことを信じて言われたことを守り続けます。


 
ナット:石上静香
№30294 9歳で身長は133cm
臆病でナルシストな少年


 
アンナ:茅野愛衣
№48194 年齢9歳で身長135cm
優しくておとなしいけれど芯が強い少女。


 
トーマ:日野まり
№55294 7歳で123cm
ラニオンと仲が良くていつも一緒にいます。


 
ラニオン:森優子
№54294 7歳で125cm
トーマと仲が良くていつも一緒にいます。


 
コニー:小澤亜李
№48294 6歳で身長は115cm
ドンと仲良しで、成績はあまり良くないものの、優しい可愛い女の子。

約束のネバーランドのあらすじ

孤児院のグレイス=フィールド(GF)ハウスに住んでいる子どもたち。

母と慕ってママと呼んでいる女性は母親ではなく親でもありません。一緒に暮らしている他の子どもたちも兄弟ではありません。性格も年齢も肌の色も様々で血の繋がりはありません。
自分たちは孤児だから・・・そう思っていたのです。

フカフカのベッドに美味しいごはんを毎日食べて、ハウスのみんなは幸せに毎日を過ごしていました。
白ずくめの制服にクビの認識番号(マイナンバー)。
毎日行われるテスト・・・
それが当たり前の日常だったのです。

このGFハウスの中で最年長である11歳はエマ・ノーマン・レイの3人。
ハウス史上初という勉強も運動能力も飛び抜けて優秀なこの3人は、テストでもいつもフルスコア300点の満点をとるほどでした。

GFハウスでは、12歳になるまでには誰もが里親を手配されてこの施設を出ていきます。
そして今回出ていくことになったのはコニー。ママが作ってくれたうさぎのぬいぐるみのリトルバーニーをとともに、ハウスを出てからもがんばるというコニー。

しかし、コニーはリトルバーニーをハウスに忘れて行ってしまいます。
まだママも戻ってきていないし、遠くの門に灯りがついていたのもわかったエマとノーマンは、ぬいぐるみを届けてあげるためにこっそり追いかけることに・・・

しかしそこで見てしまったのです。
恐怖の真実を!

これを境に、彼らの日常は突然終わりを告げることになります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドの感想ネタバレ

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

詳しいことは、是非それぞれの巻などの感想ネタバレでご覧いただきたい!と思うほど、かなり奥深い作品です。というか、下手にネタバレすると面白さも半減しそうなので、難しいところです。

原作コミックの各巻の紹介などを見ればわかってしまう部分に関してはネタバレしていきますね。

ざっくり大きくまとめると、鬼の世界で食用人間として孤児院で育てられていた子どもたちが、脱出して自分たちが生きていける世界を目指そうというお話。

それがとても複雑な内容になっていて面白いわけです。

何も知らずに孤児院で育ってきた子どもたちの中で、優秀なエマ・ノーマン・レイの3人がまず真実を知るわけだけど、彼らを育ててきたママが実は敵でした。出荷するために育てていらんですから。

そんな彼女をあざむいて他の子どもたちを連れて脱走しなくてはならないし、脱走後も生きていかなくてはならない・・・

ママもすごく優秀な人だから、一筋縄では行きません。
この駆け引きにハラハラしっぱなしです。

脱出してからも、外は鬼の世界。
現実的に考えて小さい子を連れての脱走は無理だと考えるノーマンとレイ。でも、エマはどうしてもみんなを連れて脱出したい!そんな葛藤もありますね。

彼らは必死に色々なことを試しながら考えて考えて準備するんだけど、まだ11歳だということを忘れてしまうほどの頭の良さにとにかく驚きます。

そして、唯一自分たちを助けてくれそうな人間の存在を知り、その道標となる本の情報を元に隠れ家を探しますが、そこでまた多くの人たちと出会ったり、新たな真実を知ることになります。

鬼の中でもルールを破るものは出てくるわけで、狩りをするために街に生かされたまま放置されている人間もいたりしますし、人間社会を守るために、鬼と契約を結んでいる人間もいるってことです。

次はどうなるんだ?という展開と駆け引きに、引き込まれる漫画ですね。

そして、確かに敵は登場するんだけど、なんだか憎めないことがあったり、仕方ないのかなと思う部分もあって、切ない気分になることも・・・

鬼からしたって、人間は狩って食べる食材だったのであり、昔に人間と約束したことを守って狩りをせずに狩って食べています。これはしかたがない部分もありますね。実際人間だってお肉食べてるわけだし。

また、鬼と契約をすることで人間社会を守っている側からすれば、食用になった人間に勝手なことをされても困るというのもまぁ、わかると言えばわかる部分もあります。それをしなければ、人間すべてが狙われることにもなるわけで・・・
昔は、人をお供えにする生贄とか人身御供何ていうのもありましたしね。

だから、それぞれの立場にたてば相手は敵なんだけど、すごい悪者か?っていうとそうも言い切れないから切ない部分もあるということです。

ただ、狩りをすること自体が目的となって人を殺すの鬼は問題外ですけど。

今のところ、鬼との戦いや自分たちが生きるための工夫や駆け引きなどが描かれていますが、徐々に人間世界の人物も登場してきています。これからは、さらにおもしろくなりそうですね。

この作品の面白さは、時間の制限があるっていうのも理由のひとつ。

最初に施設を脱出するのも、次の出荷の前じゃないとダメだったし、その後のストーリーでもいつまでにっていう期限がついてまわります。だから余計にハラハラするんですよ。

アニメは、次のノイタミナの予定が入っていますから、たぶん1クール。
どこまで描かれるのかが楽しみですね。脱出したところまでか、B06-32の地下を見つけて逃げ込んだところまでか・・・

今から楽しみです。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら