ハケンの品格

篠原涼子さん主演のハケンの品格(2007)動画のあらすじ&感想からおすすめの動画配信サービス情報をまとめました!

大手総合食品会社と契約した特Aランクのスーパー派遣社員が、プライドばかりの正社員たちをギャフンと言わせたり、あらゆるトラブルを解決するお話。

仕事とは何か、正社員・派遣社員とは何か…
働く方々の誰もが納得したり考えさせられるドラマです。

今すぐ視聴したい方はこちらから!
↓↓↓
無料トライアル実施中!(Hulu)

スポンサーリンク

ハケンの品格(2007)動画のあらすじ・感想

では、ここからは1話~最終回全話のあらすじと感想をご紹介します。

第1話:働くことは生きること…スーパー派遣登場!

丸の内にある老舗大手総合食品会社S&Fの営業事業部では、桐島部長(松方弘樹)から2人の営業マンに辞令が伝えられました。

花形部署の販売二課主任になったのが東海林武(大泉洋)で、逆に新設されたマーケティング課の主任になったのが里中賢介(小泉孝太郎)。

マーケティング課は販売二課横の物置部屋のような場所に新設され、同期でありながらあきらかに東海林と里中の待遇は違うものでした。

しかしそこに派遣会社「ハケンライフ」の特Aランクのスーパー派遣・大前春子(篠原涼子)と新人派遣社員の森美雪(加藤あい)が派遣されてきます。

派遣を見下している販売二課に対し、彼らのプライドをへし折る勢いで誰よりもバリバリと仕事をこなす春子。ここから、正社員 VS 派遣社員という流れが始まりますね。

派遣社員に対する正社員の態度はひどいもので、面倒な雑用を押し付けるのは当たり前という状況。そんな正社員をギャフンと言われるのが春子で、ここから東海林とは常に対立していくことになります。

後半最大の見所は、新人派遣社員の美雪が大失敗をしてしまい、それをマーケティング課みんなでフォローしようとしたり、もうダメだという時に春子があっさり解決してくれるところでしょう。

2話以降も、最後にスッキリ!という展開になっていきます。

第2話:プライドとホッチキス

1話で正社員と派遣社員の関係が春子(篠原涼子)の登場で少し変化し始めましたが、今回はついにタイトルにあるように一騎打ち!という展開になっていきます。

そもそもは、派遣社員を最も見下して自分たち社員はすごいと思っている東海林(大泉洋)が、自分の実力を見せるために担当デパートに連れていくことがきっかけでした。

しかし、そのデパートにも派遣されていたことのあった春子は、東海林と比較できないほど店長たちに信頼されており、結局東海林はプライドをズタズタにされます。

管理人管理人

そして、ひょんなことからホッチキス対決へ!

その結果は、表向きは東海林のプライドを立てることになりましたが、実際は春子のすごさがわかるシーンでもありました。そして、彼女のすごさを理解したのは、里中(小泉孝太郎)だけ…

多くの人達が、自分たちのプライドのことばかり考えていた中で、このふたりだけが会社のために一番どうするのが良いのかということを理解していたということですよね。

一方、派遣社員の中でも色々問題が出てきます。
それが、美雪(加藤あい)のやらかしたこと。

マーケティング課に、パソコン操作がすごい派遣社員・近耕作(上地雄輔)が来たために、自分の居場所がなくなると不安になった美雪が、正社員の雑用をなんでも聞いてしまうわけです。

同じ派遣から白い目で見られて、関係が悪化していく美雪…
派遣の経験も社会経験も未熟すぎる彼女が、春子に厳しく指摘されてひとつ成長するストーリーでもあります。

第3話:社員の友情 ハケンの仁義

この3話では、前回まで対立してきた東海林(大泉洋)と春子(篠原涼子)の関係が大きく変わるお話です。というか、東海林が大きな勘違いをして一方的にって感じですけどね。

ストーリーは、会議で水産部と営業事業部が合同でマグロプロジェクトを実施することが決定するシーンから始まります。

そして、それとは別に美雪(加藤あい)がひとりでランチに行けないという内容も同時進行で描かれて、途中でこの2つが重なって問題解決に一歩前進!という展開になっていきます。

それが、ずっと探していたマグロ解体ショーをやってくれる大人気解体師・ツネさんを見つけることができたシーンですね。

実施するデパートでは、大規模なイベントになるのですが、東海林がツネさんを怒らせて、その結果利き腕を骨折というトラブルが発生…しかもイベント前日に…

覚悟を決めて、解体ショーの中止を伝えようとした時、春子がやってきていつもどおりに解決してくれるのですが…

仕事としてではないとわかるシーンは、春子の優しさとか本質がわかってきます。

そして…
自分のために!?と勘違いした東海林がやらかします!!

管理人管理人

どこまでプライドが高いんでしょうか!?(笑)

第4話:恋とお時給

ひとことでまとめると、仕事に対する責任感のストーリーでした。

動画のタイトルだとわかりませんが、このタイトルを見れば悲しい恋って東海林(大泉洋)のことねってすぐわかりますね。

前回3話で、自分のために春子(篠原涼子)が行動してくれたと勘違いしてキスをした東海林は、携帯番号も渡したのに連絡がないと落ち込んでいたりします。そして、春子にいいところを見せようと空回り。

一方、タイトルの後半の「お時給」というのは、美雪(加藤あい)の話。
初めての給料をもらって、派遣の厳しさを実感するのですが、何から何まで甘いんです。
すぐお金を借りようとしたりズル休みしたり…

管理人管理人

ふたりとも、仕事に対する考えが甘すぎるってことです。

そんなふたりに対して、春子の仕事に対する思いはすごいもの…
風邪をひいて高熱を出しながらも、仕事への責任を果たすために出社したりします。

そして、契約の延期を求める部長がびっくりするほどキッパリ断ったり、過去の派遣を始めた頃の話を春子が身を寄せている「カンタンテ」のママ・天谷眉子(白川由美)が美雪に語ったり…

様々なエピソードによって、スーパー派遣社員の春子も普通の新人派遣社員だったということや、成功するまではコツコツ努力するしかないということがわかるお話でした。
すごく考えさせられる内容ですね。

第5話:お時給インベーダー VS ナマコ大先輩

この5話も、仕事に対する甘さを厳しく指摘するような内容になっています。

しかし、甘えた本人だけではなく甘えさせた周りの行動もまた間違っていたのでは?と考えさせられるストーリーでもあります。

5話でメインとなるのは、嘱託社員の小笠原繁(小松政夫)です。
小笠原は、若い頃には桐島部長と一緒にバリバリ働いていましたが、パソコンなどの時代の変化についていけず、まともに働いていない状況。

部長から嘱託契約の更新はなしだと聞いた里中(小泉孝太郎)は、東海林(大泉洋)にも相談してなんとかしたいと思います。そして、小笠原にお手柄をたてさせようとするものの、春子(篠原涼子)とリサーチに出かけたデパートで、ゲームに夢中になって迷子になってしまうという責任感のなさ…

その結果、部長に率直な意見を聞かれた春子は、マーケティング課のお荷物だと言い、あとで文句を言いに「カンタンテ」に来た東海林たちにも「お時給インベーダー」だと言って、正社員だからこその甘えをビシッと厳しく伝えます。

その後は、いつものお約束…トラブル発生です。
最後は、春子の機転で小笠原が活躍し…

彼をお荷物呼ばわりしていた春子が、一番彼の仕事の力量を理解して彼を救ったというのが、すごく良かったです。

大先輩だからと甘やかし、大先輩をなんとかしてあげたいと思っていた東海林たちは結局何もできませんでした。何をすることが一番本人のためになるのか…と考えさせられるストーリーでしたね。

第6話:涙の残業バレンタイン

この6話では、初めて春子(篠原涼子)が失敗します!!

バレンタインシーズンになり、S&Fのマーケティング課では、バレンタインイベントを実施することになりました。

東海林(大泉洋)の企画で、「シルスマリオ」というチョコレートの名店の新製品を全国規模で販売することが決定したからです。

イベント当日は、販売要員としてハケンライフから派遣社員が参加。
しかしそのうちのうぐいす嬢を担当していた1人は、里中(小泉孝太郎)に本命チョコを渡そうとして断られると、仕事を放棄して帰ってしまいます。

そこで春子が代わりにウグイス嬢に!

管理人管理人

このシーン、とっても良かったですね。可愛くて…(笑)

あのアナウンスの仕方とセリフが耳に残ってしまうぐらいです。

春子のおかげですごい売り上げになったことから、東海林は翌日用のチョコレートを多く追加注文。シルスマリオの社長(もたいまさこ)はしぶったものの、娘(遠山景織子)の一声もあって了承します。

しかし、その翌日に大失敗して、チョコレートは売れ残り…
原因は、東海林と春子の喧嘩です。しかも、そのきっかは超くだらないこと。

春子が言っていることはド正論だったものの、その結果会場にいた派遣社員たちはチョコレートを買うのを辞めてしまうんですよね。

その後は、シルスマリオの社長を怒らせてしまったり、娘が産気づいたりとドタバタ。
最終的にはうまくいきますが、春子の徹底して仕事主義な部分が少し崩れていることに気づくストーリーでした。

それだけ、過去の春子のように人間らしさのようなものが戻ってきたということですね!

スポンサーリンク

第7話:企画コンペに恋は厳禁

この7話は、最終回まで続く企画の始まりのお話。

仕事に対してまだまだ甘い里中(小泉孝太郎)・美雪(加藤あい)に対し、仕事のためなら何でもやってしまう東海林(大泉洋)、そして冷静に会社や仕事のことを理解している春子(篠原涼子)の様子が描かれています。

美雪は、派遣社員でありながら会社の創立80周年記念の社内企画に応募してしまいます。
社外問わずとあるからいいだろうと思い、応募したことによる周りの反応はまったく考えていないわけです。

一方里中は、春子が美雪の企画書を里中の名前で送ったことや、これまでに派遣社員だからと正社員との勝負にわざと負けていることが納得できず、企画書を美雪の名前で送り直してしまいます。

彼もまた、美雪の名前で送ったことによる弊害を考えていなかった…
結局、彼女の企画が通ってしまったことで、トラブルが勃発することになります。

正社員を差し置いて派遣社員の企画が通ったことを知った部長は怒り出し、美雪は正社員にも派遣社員からも冷たくされたうえにクビにさせられることになります。

この美雪の絶体絶命状況を解決したのは春子。
彼女からしたら、こうなることは予想できたでしょうね。
だから、里中の名前で企画書を送っていたわけですし。

そして、今後のキーポイントとなるのが東海林。
彼は、部長に媚びを売るために、人の実績を自分のことのように話したり横取りしたりしています。

そんな彼に、部長は美雪ではなく東海林の企画として話を進めろって言っていましたから、彼の今後の行動には注目です。

里中とは対照的に、出世のためにズルでもなんでもやり続けるのか、それとも親友の気持ちを察して何らかの行動に出るのか…

第8話:派遣にプロポーズ

この8話は、同期で親友でもある東海林(大泉洋)と里中(小泉孝太郎)が、初めて本気で本音を言い合うストーリーです。

桐島部長(松方弘樹)の命令によって、美雪(加藤あい)が考えた企画「ハケン弁当」は、東海林の企画として進めることが決定。

それに対して里中たちマーケティング課は、納得できないと思いつつもサポートするために派遣社員のお弁当アンケートを行います。

もともと1話での人事の時点で差がつけられていたのに、この企画で部長はモロにふたりを比較して差別化するんですよね。
里中は営業に向かないと左遷しようとし、東海林には頭取の娘との結婚話を持ちかけます。
出世欲の強い東海林は、部長にどんどん外堀を埋められて本気で悩むことに…

もう彼は本気で春子を好きだったりしますし、親友を裏切ることはできないって思うわけです。ストーリーの中で出てくるセリフを聞いていると、これまでもずっと里中が東海林のことをフォローして、その結果達成できた実績は自分のものにしてきた感じですしね。

東海林と里中が殴り合う喧嘩をしたり、春子にプロポーズしたり、そして最後には東海林が大きな決断をして行動に出たり…

最終回に向けて、大きく流れが変わる展開になりました。
ここから盛り上がりそう!って感じで、次回も楽しみですね。

第9話:スーパーハケンの過去

8話で、自分の企画ではないことを暴露してしまった東海林(大泉洋)は、辞表を提出して姿を消してしまいます。

一方、里中(小泉孝太郎)は桐島部長(松方弘樹)から「ハケン弁当」の最終プレゼンをするよう命じられ、彼の堂々としたプレゼンによって「ハケン弁当特別販売フェア」が開催されることになりました。

そして、フェアは大盛況!

管理人管理人

一気に、同期ふたりの立場が逆転!!ってところでしょうか。

東海林が行方不明状態になったストーリーと同時進行で、春子(篠原涼子)と美雪(加藤あい)の契約終了日が近づいていることに関するストーリーが描かれています。

そして、春子が正社員だったころの元同僚・加藤のぞみ(石田ひかり)の登場で、春子の過去がさらにわかってきます。

のぞみは、10年ぶりに再会した春子が別人のようでびっくりしていましたけど、彼女がそこまで変わったというのは、それだけ色々なことがあったのだろうと思わせるシーンでした。
そして、次回最終回で春子が経験してきたことや、更新は絶対にしないという理由もわかります。

スカッとする部分は少ない9話でしたが、最終回への期待度はすごく上がりましたよ。

第10話最終回:契約終了!…スーパー派遣最後のスキル

管理人管理人

ついに最終回!!
かなり盛りだくさんの内容です。

前回9話のストーリーの流れから言うと、まず東海林は名古屋の子会社勤務になっています。本社とはまったく違って、今度は東海林自身がまるで派遣のように見下されて孤独な状態に…

それに対して、里中(小泉孝太郎)は、ハケン弁当の準備も着々と進み、トラブルはあったものの最終的には社長賞を受賞するほどの功績をあげます。

その功績をあげるために大活躍したのが、やっぱり春子。
大雪の影響でお弁当箱が間に合わないという状況から救ってくれました。

春子がなぜ3ヶ月のみで契約更新をしないのかという本当の理由もわかり、それを知った美雪(加藤あい)もまた、更新可能だと言われながらも契約終了の道を選びました。

契約が終了した日に、春子と美雪が話すシーンはホロッとしちゃいましたね。

それぞれが、一緒に働く中で成長し、新たな道を進んでいくというストーリーで、この最終回は最高に良かったです。

特に終わり方が良かった!
東海林だけが大丈夫なの?と思うような展開だった中で、最後の最後には絶対大丈夫だ!と思わせる終わり方でドラマが終了しましたから。

実写では見れないものの、誰もがそう思えるような終わり方でした。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

管理人管理人

この作品を視聴するなら「Hulu」がイチオシです!!

本ページの情報は、タイトル下の公開日時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

Hulu 概要
月額利用料 1,026円(税込)
※iTunes Store決済は1,050円(税込)
お支払い方法 クレジットカード・キャリア決済・LINE Pay・iTunesStore決済他
無料トライアル期間 2週間
トライアル対象者 初めて登録する方
対応デバイス TV・PC・スマホ・タブレット・ゲーム機他
同時視聴 不可。家族アカウントも含めて1台でのみ視聴可能
その他 動画ダウンロード機能あり・フルHD画質対応

知名度の高いサービスなので、安心感がありますね。
レンタル作品も取り扱うようになり、サービスの幅が広がりました。

Huluのここがすごい!
  • 知名度が高く安心感がある
  • 日テレ系の作品を多数配信中
  • 海外ドラマも充実!
  • Huluオリジナル作品も豊富
  • リアルタイム配信で視聴できる専門番組あり
  • 見放題作品のみ探せるのでわかりやすい
  • 会員同士最大8名でリアルタイムにコメントしながら同時視聴可能(ウォッチパーティ機能)
  • 1つのアカウントを家族で共有して利用可能
  • 「Huluストア」で最新映画や海外ドラマ最新シーズンなどをレンタル可能
  • 見たい作品をダウンロードしておけば移動中や外出先でも視聴できる

見放題作品とレンタル作品は別々にまとめられているので、初心者でもお子さんでもわかりやすいですね。シンプル・イズ・ベスト!と思える動画配信サービスです。

まずは、気軽にお試ししてみましょう。
↓↓↓
無料トライアルはこちらから(Hulu)

Huluの詳しい情報はこちらでもご紹介中♪
↓↓↓

以上、「ハケンの品格(2007)1話~10話最終回全話のあらすじ・感想&動画配信情報!」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。