アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

3D彼女リアルガール(アニメ2期2話目)14話感想ネタバレ!文化祭本番

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

3D彼女リアルガール(アニメ)のあらすじ・感想(ネタバレ注意)をご紹介します。
第14話「文化祭における重要な役割の件について。」

まずは前回13話の復習から。

くじ引きで文化祭実行委員になってしまった筒井光。そして、綾戸純恵も実行委員だと知って自ら一緒にやることにした伊東悠人。

そして綾戸に告白をするのですが、フラレてしまいます。
しかし、友だちでいることを約束して、クラスの出し物のメイド喫茶のためにレクチャーを受けることに・・・

一方、五十嵐色葉は、ミスコンに出場するようにとクラス委員長にしつこく追い回されていました。

では、ここから「3D彼女リアルガール(アニメ2期2話目)14話感想ネタバレ!文化祭本番」についてまとめます。

スポンサーリンク

3D彼女リアルガール 14話 あらすじ

自分の失敗のせいで文化祭準備が全然間に合わない状態のため、筒井は伊東悠人とふたりで徹夜して準備をすることになります。それでも間に合いそうもない・・・

そんな時に、石野ありさをはじめとするクラスメイトたちが手伝いに来てくれます。
なんだかすごく青春っぽい!!
そして、なんとか間に合わせて文化祭がスタート!!

クラスの出し物はメイド喫茶。
筒井は総支配人で、伊東はメイドになります。

メイド姿に女装した伊東は、とても男とは思えないほどの美少女メイドに・・・綾戸純恵に見られて恥ずかしいと思いますが、褒められて嬉しくなります。

一方でミスコンに出場することになっていた五十嵐色葉は、ヒマだったため筒井の様子を見に来ます。筒井は、自分がミスコンの審査委員長になってしまったことを話すのですが・・・

3D彼女リアルガール 14話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレにご注意くださいね)

今回の第14話は、原作コミック7巻掲載の26~27話の内容です。

今回のストーリーで、原作コミック7巻が終了ですね。

文化祭なんてリア充のやることだと思っていた筒井や伊東。
文化祭当日は毎年屋上で過ごしていたというのに、今年はモロに文化祭の作業にどっぷりと浸かっていくことになっています。

そして、今までならクラスメイトに優しくされたりする経験もほぼなかったので、筒井も伊東もちょっと青春っぽい時間を感じて感動しちゃうんですよ。

気持ちわかるわ~~。
文化祭実行委員って、私もやったことがあるんだけど、それはそれはプレッシャーがあるもんです。

オタクでずっと周りからバカにされたり白い目で見られる経験を多くしてきたふたりからすると、より重い責任を感じたでしょうから、なんだかホッとするというか良かったね~なんて母親目線で観ちゃいました。

ただ、原作だとこの部分は結構強調して描かれていると思うんだけど、アニメではあっさり筒井のひとこと程度で済んでいます。それがちょっと残念。

原作漫画では、クラスメイトが来た時にパンとか買ってきてくれて、それをもらった伊東は泣いてしまうんですよ。みんなが温かいって。それがカットされていたけど、描いて欲しかったな~~。それぐらい、文化祭にふたりが参加するのは珍しいし、本人たちにとっては大変なことだと思うので。

そしてここからは、この筒井と伊東の他、色葉と綾戸も含めた、普段は周りとうまく接することができない4人が頑張っている様子が描かれます。

文化祭がスタートしてからの筒井は、ミスコンの審査委員長などもしっかり努めてましたし、メイド喫茶の総支配人としても伊東にセクハラする客に対してズバッと物申していてなかなかやるな~という感じ。

伊東は、メイドに女装させられてしまうんだけど、これがまた超かわいい!!
一瞬、色葉?って思ってしまうほどですね。

文化祭という場でお客様を迎える仕事をするだけでも苦手そうなのに、一生懸命メイドのイロハを教えてくれた綾戸のことを考えて、女装しながらがんばる伊東。

そんな伊東の様子が気になって、実行委員でありながらも抜け出して見に来る綾戸ですが、彼女の格好もまた違う意味でなんとも言えずに可愛いですね。ジャガイモのトレーナー着て、はちまきつけて・・・アニメのTシャツより漫画原作の方のTシャツの方が好きだったけど。

色葉は、ミスコンに出る代わりにクラスの仕事を免除したのでとてもヒマをしています。だから筒井のクラスを覗きに来たんだけど、いつもとはちょっと違う筒井にちょっとびっくりしたかも。

そんな彼女が、ミスコンに出場して本音を言ってしまうシーンはすごく良かった!!

彼女のことを目の敵にしているライバル女子のように、ぶりっこしていれば優勝できたでしょうに・・・でも、それが彼女らしくて潔く、気持ちがスッキリしました。

私はこういう表面だけで人を判断することなんてばかばかしいと思ってますし、そんなふうに自分も判断されたくないです。

喋ったことがない人にどう思われても構わないです。
いろんな、いろんな噂があるなかで、ちゃんとあたしを見てくれた人達。

自分が好きだと思える少ない人達に好きだと思ってもらえれば私は十分幸せなので、やっぱり優勝はいらないです

それを聞いた筒井は、やっぱり俺の彼女は最高だって思うんだけど、そう思うあんたも最高だよって言いたい!

優勝はライバル女子でしたから、こういうぶりっこって結局いつもいいとこ持ってくんだよな~~って思ったりするんだけど、彼女に対しての筒井のコメントが良かったです。

え~・・・
あなたぐらいあざとい人の方がみんなに夢を与えられる気がしました

この部分、アニメでも描いてくれて嬉しい・・・(笑)

ただカットされて残念だったところもいくつかありましたね。

あのライバル女子って、実は筒井以外の審査員を買収してたんですよ。
だから彼女は、絶対負けないって思ってたんですよね。

自分が壇上に立ち、色葉が私も頑張るべきなの?ってぐるぐるしていた時に、そんなことを思っていたライバル女子。

このシーンがあれば、よりあざとさが強調されたと思うのに!

もうひとつ残念なのは、前回に引き続き色葉のクラスの委員長のことでした。
流れは原作と同じだし、最後にちゃんと副委員長に告白しようと話をしていたのも同じ。

でも前回の放送で、色葉がミスコンに出場しようと思った理由・副委員長を傷つけたくないからという部分がカットされていたことが影響してなんだか浅い・・・

原作漫画では、ミスコンの前投票の結果を見た委員長が、予選トップおめでとうと委員長が言いにきたシーン(眼鏡に打ち上げ経費という文字が出てくるシーン)の時に、副委員長も一緒にいて、色葉にお礼を言うんですよ。

その時に、自信がなくてドキドキしていたことや自分だとクラスがしらけちゃうと不安だったことなどを正直に話して、心から御礼を言う副委員長。

色葉は、私よりずっと可愛いと思うよと本人に言うぐらい副委員長はいい人でした。
だから、キャンプファイヤーの時に、色葉は委員長にはっぱをかけるんですよ。

彼女いい子だよ。
なんだかんだ理由つけてもたもたしてたら、手遅れになっちゃうかもよ

そう言われて決意した委員長が告白するわけで、その様子を見て色葉も嬉しそうでした。

前回・今回ともに、委員長が副委員長を傷つけたくないと彼女をとても大切に思っていることと、副委員長が素直でとてもいい人だということがわかる部分がカット。

だから、このふたりのキャラがさほど好感度が高いとも思えず、告白しても感動とかありませんでしたね。残念!原作だと、ふたりはとてもいい人って感じがしたし、うまくいって良かったね~~ってすごく思ったんだけど・・・

スポンサーリンク

そして最後には、伊東と綾戸がいい感じに!!
今まで筒井ばかり意識していた綾戸が、文化祭の準備で伊東とかなり話していたわけですよ。そのうえ、告白もされていたわけだから、伊東のことを意識してしまうのは自然な流れですね。

この時の綾戸は嫌いではないです。
(1期の感想に書いていますが、基本的に私はこのキャラが好きではありません)

メイドがちゃんとやれるのか?と心配していた先輩が、女装までさせられていたというのに、自分の教えを無駄にしたくないとがんばっていたわけです。しかも思い返せば、いつも自分のことを心配して手を差し伸べてくれていたのも伊東だったうえに、誰からも相手にされないと思っていた自分のことを好きだと言ってくれた人・・・

そりゃ~~意識してしまうでしょう。
ただ、本当に筒井のことが好きだったの?という疑問は残ります。本人は真剣だったでしょうが、自分と同じ趣味で優しくしてくれた初めての男性だったから、憧れてしまうという意味で惹かれたのでは?とも思えたりします。

まぁ、あれだけ彼女を不安にするような気遣いのない行動をしたから、本当に好きだったのかもしれませんが、個人的にはそこまでしたわりにはすぐ気が移っているので、あれは恋に恋してるところがあったのでは?と思ったりするわけです。

伊東が幸せになってくれれば、どっちでもいいけど(笑)
この先は、このふたりの恋のお話もチェックですね。

3D彼女リアルガール 14話 感想ネタバレ まとめ

ミスコンで全然票が入らずに落ち込んでいた石野を励ます高梨もカッコよかったですね。

メイド喫茶に行った時には、友だちが石野を可愛いと言っているのに驚いていましたから、高梨の好みではないはずなんだけど、それでもマジ泣きする石野に対して、1票入れながらメイド姿も可愛かったと言ったのは、彼の本音だったんでしょう。

石野の内面的な魅力を知っているから、可愛く見えたのでは?
ここらへんから、高梨の石野への気持ちがハッキリしてくるような気がします。

あらすじ・感想の各話一覧
3D彼女リアルガールの感想ネタバレ総集編!各話・各巻あらすじ一覧他

↓次の第15話の感想はこちら

おすすめ動画配信サービス

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「3D彼女リアルガール(アニメ2期2話目)14話感想ネタバレ!文化祭本番」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら