アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

3D彼女リアルガール(アニメ2期12話目)24話感想ネタバレ!最終回♪嬉しい再会

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

3D彼女リアルガール(アニメ)のあらすじ・感想(ネタバレ注意)をご紹介します。
第24話「オレとあいつの未来の件について。」

前回23話では、色葉がいなくなって生ける屍のようになった筒井が、家族や仲間たちに励まされて立ち直ったシーンや、その後25歳になった彼らのことが描かれていました。

そしてとうとう最終回!
色葉と筒井、そして仲間たちが再会します。

では、ここから「3D彼女リアルガール(アニメ2期12話目)24話感想ネタバレ!最終回♪嬉しい再会」についてまとめます。

スポンサーリンク

3D彼女リアルガール 24話 あらすじ

筒井と色葉が別れてから7年後のお話。
筒井は、相変わらず色葉を忘れることはできず、そろそろ本当に忘れなくてはいけないのだろうかと考えてしまうほどでした。

一方色葉は、忘れてしまった高校時代の荷物整理をしていましたが、そこで大仏のキーホルダーを見つけ、何やら思い出していない大切なことがあったような気がします。

自分にぽっかり穴があいているような気がする…

その話を聞いた千夏は、筒井が勤める会社のビルへ色葉を連れていきます。

仕事を終えて出てきた筒井は、千夏と一緒に来た色葉に気付いて抱きしめますが、色葉はまったく筒井のことを覚えてはいません。そのため、筒井は立ち去ろうとするのですが…

色葉は、筒井の鞄についている大仏のキーホルダーを見て彼を呼び止めて!?

3D彼女リアルガール 24話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレにご注意くださいね)

今回の第23話は、原作コミック12巻45話の終わり~final episodeまでの内容です。

とうとう最終回が来てしまいました。
このストーリーは、筒井と色葉がハッピーエンドで良かったね!という内容でありつつ、千夏の男らしさみたいなものもすごくわかるお話だと思っています。

まずは、筒井と色葉のそれぞれの様子が描かれていますね。

筒井は、実家の母にあれこれ言われて、帰り際にもう色葉のことを本当に忘れないといけないのかと考えていたりします。色葉に忘れてという約束をさせられたものの、やはり忘れられないということです。

一方で色葉は、荷物の整理をしている時にあの海で宿泊した時にお揃いで購入した大仏のキーホルダーを発見!そして、何かひっかかる思いを感じるんですよ。

そのあとの千夏の行動は、原作の漫画でも感動ものなのですが、漫画とアニメでちょっと違う部分がありましたね。

千夏は過去のことを考えて、色葉に「自分よりもっと色葉のことを知っている人がいる」と話します。そして筒井の会社に色葉を連れて行くという流れ。

この中で、千夏が過去を思い出すシーンが違います。

原作では、色葉の手術が無事に終わってから一度日本に戻ってきた時のシーンを思い出しています。
千夏は筒井が通う東大へ色葉を連れて行っており、筒井とすれ違ったのに色葉がまったく気づかなかったということが描かれていました。

アニメでは、色葉が筒井をかばった発言や、筒井が色葉のことを思って発言している様子を思い出しています。

まぁ、どちらも色葉のためには…って思えるきっかけになるので良いと思うのだけど、私はやっぱり原作の方が良かったな~。

原作では、千夏が色葉のために筒井の通う東大に連れて行った時、色葉に「ほら、あいつ」ってちゃんと教えているんですよ。千夏は、それを言われても筒井に気づかず、その様子を見た千夏が驚いていました。

千夏からすれば、筒井のことを思い出せば色葉の気持ちはまた彼の元に行ってしまうわけで、それでも連れて行ったということは自分の気持よりも色葉の気持ちを大切にしているってことです。

そして、この時のことを思い出すことで、色葉があの時は筒井の顔を見ても思い出すことがなかったのに、今は何か大切なものが足りないと思いだしているという7年前との違いが浮き彫りになってきます。

だからこそ、今回のストーリーで千夏が筒井の会社にまで色葉を連れて行ったというのは、すごく意味があることだと思うんですよね。そこまで色葉のことを思って行動できるのか!カッコいいぞ千夏!みたいな…

血がつながっていないことがわかっても、色葉は記憶がなくなる前と同じように家族だと思って恋愛対象には見てもらえないというのもあるし、前回とは違うんだ…とうとう思い出したか?という気持ちもあったでしょうね。千夏の決断のようなものも感じます。

筒井の元に色葉を連れて行くのが2回目というのが、すっごく意味があると思うわけです。

スポンサーリンク

そして、いざ筒井の会社へ行き、筒井は色葉を再会。

ここの筒井もかっこいいんですよね~~。
ずっと生きているかどうかもわからず、大好きで会いたかった人が突然目の前に現れたというのに、色葉が自分のことを覚えていないとわかったら、スッと冷静になって自分のことを話さないんです。

普通なら恋人だったんだよって言いたくなるじゃないですか。
だって生きているんだから、もう一度ここから始めようって言ってもいいわけで…

でも、ロスに帰るという色葉を止めることもせず、自分は誰でもないと言う筒井。
そして、何も言わずに見守っている千夏。
どっちも男前だ!!

そして、帰ろうとした筒井のかばんに大仏のキーホルダーがあることを色葉が発見!これがきっかけで、色葉は筒井が特別な人だと気づき、筒井のことを思い出します。

このあとは、高梨と石野の結婚式があり、他の仲間達とも色葉は再会することに…
そして結婚式の帰りに、ふたりはお互いの気持を伝えあって、トントン拍子に話が進んで結婚式のシーンで終了という感じです。

ほぼ原作通りなんだけど、アニメでは追加シーンがありましたね。
これはめっちゃ良かった!

石野が出産するシーンと筒井の弟・薫と高梨の妹・あんずがまだずっとつきあっていてデートしているシーンと千夏の様子。

薫とあんずもめっちゃ付き合い長いよね(笑)
小学生だった2人は、もう大学生ですよ。

この追加シーンはすぐ終わってしまうのだけど、ずっと観てきた人にとっては嬉しいシーンですよね!

あとは…
逆に、ちょっと残念?と思うところもあったんですよ。
それは内容ではなく描写。

特に気になったのは2つ。
1つ目は仲間たちが結婚式で色葉と再会したシーンですね。

目の前で色葉と話していたはずなのに、次のシーンでは離れて立っていたり…その離れているっていうのが、不自然でしょ!っていう離れかたなんですよ。

なんで場面が変わるたびに、すぐそばにいたのがあんなに離れて、最後にまた遠くから抱きつくみたいになってんの?って思います。当然ながら原作コミックではみんな輪になって、一定距離から離れたりはしていません。

2つ目は、結婚式の帰りにふたりで気持ちを伝え合うシーン。
引き出物らしきものをふたりは持っていたんだけど、それを道に置いて抱き合うシーン。

なんで引き出物はその位置なの?って思わないのかな…
私はめっちゃ気になるんだけど…

普通、わざわざ置いてからさぁ、抱きしめますよ!なんてならないんだから、足元近くに置いてあるはずだよね。

画面左に立っている色葉の引き出物は左上に、画面右にいる筒井の引き出物は右下にって、それっておかしくない?という離れた位置に水色の紙袋がおいてあります。

というか、離れて話していたふたりがお互いにそばに近づいた時に、色葉がこの紙袋の紐をギュッと握って筒井の胸に頭をもたれかけてるシーンがその前にあるじゃん!!なのに、なんで色葉の左後ろに紙袋が行っちゃってんの???

この作品は、1期の時からずっと絵とか描写が気になることが非常に多いのだけど、今回もこの違和感があるシーンはすごく残念でした。

とはいえ、全体的に原作に忠実に描かれている作品であり、ストーリーがすっごくいいので是非観て欲しいですね。

3D彼女リアルガール 24話 感想ネタバレ まとめ

最後はみんながとっても幸せそうで、まさにハッピーエンド。
こういう作品を観ていると、高校生時代に戻りたくなりますね。

最後は前回までの2期のエンディングではなく、1期のオープニング曲が流れ、今までのストーリーが順を追って流れていました。これも良かった!

登場人物のその後は、電子限定の13巻で読めますよ。

あらすじ・感想の各話一覧
3D彼女リアルガールの感想ネタバレ総集編!各話・各巻あらすじ一覧他

↓その後のストーリーを描いた漫画13巻の感想はこちら!

おすすめ動画配信サービス

配信終了する可能性もあります。
最新の配信状況の他、レンタルか見放題なのか等も各サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「3D彼女リアルガール(アニメ2期12話目)24話感想ネタバレ!最終回♪嬉しい再会」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら