アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ちはやふる(漫画・アニメ)の登場人物&声優紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

「ちはやふる」は、『BE・LOVE』で連載中でアニメ化から実写映画の公開までされた大人気コミックです。

私も最初からずっと愛読して大好きな漫画ですが、競技かるたという題材はもちろん、登場人物が魅力的なんですよね。

この記事では、そんなちはやふる原作コミックの愛すべき登場人物とアニメでの声優さんをご紹介します。

※アニメ3期になり、宮内先生役:藤田淑子さんと原田先生役:石塚運昇さんが永眠され、声優さんが変更になっています。この作品において重要なキャラであるし、多くの作品で聞いてきて安心できる声優さんでしたので、大変残念です。謹んでご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

主要人物&声優

綾瀬千早:瀬戸麻沙美
この物語の主人公。とても個性的で、思った事はすぐ口に出してしまう男まさりで負けず嫌いな素直な女の子。小学6年生時に転校生だった新と出会い、百人一首競技かるたを始めます。

容姿端麗であるにもかかわらず、恋愛などの免疫はまったくなし。
動いたり話したりすると美人も台無しになる「無駄美人」と周りから言われています。

府中白波会所属。目指すはクイーン!

ちはやふる 19巻

 
綿谷新:細谷佳正
小学生の頃に福井から東京に転校してきた無口な男の子。
小学校を卒業した後は、福井に戻り、永世名人の祖父の死をきっかけに一度はかるたを辞めてしまいます。

高校生になって千早と太一と再会して再びかるたを始めるようになります。

福井南雲会所属。目指すは名人!

ちはやふる 17巻

 
真島太一:宮野真守
千早の幼馴染。千早と仲良くなった新への対抗意識があり、かるたを始めます。
小学校卒業後、開明成付属中学へ進学したため千早とは疎遠になっており、同好会で時折かるたをやっていた程度でした。瑞沢高校へ進学して千早に再開し、熱意におされて一緒にかるた部を作ることになります。

スポーツ万能・成績優秀・努力家のイケメン。

府中白波会所属。

ちはやふる 15巻

 
西田優征:奈良徹
小学6年生の時に千早と対戦したことがあったので、かるた部に入部することになります。
千早と対戦した時に肉まんを買いに行こうとしたことと、体型が太めなことから、太一以外の部員からは「肉まんくん」と呼ばれています。

とてもよく似た姉がいます。
翠北かるた会所属。


 
大江奏:茅野愛衣
呉服屋の娘で、和服と古典が大好き。和服が着たくて弓道部にいましたが、袴でランニングをすることに耐えられず、試合時に袴を着るという約束を条件にかるた部に入部します。
しっかりしていて、部の会計を担当しています。専任読手になる夢をもつようになります。太一以外には、「かなちゃん」と呼ばれています。
翠北かるた会所属。


 
駒野勉:代永翼
太一には及ばないが好成績の秀才で、常に机にいて勉強していたことから、クラスメイトに机くんと呼ばれていました。かるた部でも太一を除く部員にそう呼ばれています。

自分は勉強しかないと思い、千早に誘われても断っていましたが、自分より成績の良い太一の思いに心を動かされて入部します。
入部後は、頭の良さを生かし、対戦時の傾向や、詳細なデータを記録・分析して部の活動に役立てています。
翠北かるた会所属。


 
花野菫:潘めぐみ
1年生の時に、2年の太一に惹かれてかるた部に入部。
太一のことばかりに夢中で、かるたには全く興味をもっていませんでしたが、徐々にかるた部員たちの熱意を感じて真剣に取り組むようになってきます。

2年になって後輩ができてからは、しっかりした先輩になっていきます。

府中白波会所属。


 
筑波秋博:入野自由
北海道の下の句かるたをやっていましたが、百人一首競技かるたの経験はなくて、瑞沢高校かるた部に入部。

最初は、年子の弟たちにいいところを見せたくて嘘をついてばかりいましたが、先輩たちの強い姿を見て、態度を変えて真摯に取り組むようになります。
不気味な顔が武器になっています。

府中白波会所属。


 
宮内妙子先生:藤田淑子(1期・2期)・鳳芳野(3期)

瑞沢高校かるた部の顧問。元々テニス部の顧問でした。今は両方の顧問をしています。

かるたはお遊びだと思っていましたが、部員たちの熱意やがんばりがわかり、積極的に協力してくれるようになります。

理科の教師で、「女帝」と呼ばれていますが・・・
たすきやはちまきを手作りするなど、少しでも生徒たちのためにと母親のように見守って応援してくれる優しい先生です。

名人・クィーン

若宮詩暢:中道美穂子
現在の百人一首競技かるたのクィーン。京都の津咲高校の生徒。

小学4年生でA級に昇進して、史上最年少のクィーンになりました。
美人ですが、服のセンスがあまりよくありません。しかし、千早と好みは合ったようです。

かなりの変りものですが、かるたに対する思いは真剣です。

周防久志:東地宏樹
現在の百人一首競技かるたの名人。
大学からかるたを始め、たった3年で名人になってしまいました。

大学は留年中。和菓子がとても好きです。
いつも勝手な行動をしてしまうので、かるた協会も早く他の人が名人になるようにと願っているほど。

主なライバル!対戦相手

須藤暁人:大原崇
北央学園かるた部の元部長のA級選手。
かるたの腕前はかなり実力があり、高校選手権ではクィーンに敗れて準優勝でした。

現在は大学生ですが、読手として登場します。北央学園への影響力は卒業してもすごいようです。

木梨浩:中井和哉
府中白波会で千早たちと小学生の頃に出会います。
現在はB級選手で、太一に対抗意識を持っています。

ヒョロットカードで占うと、団体戦の対戦相手を予想することができますが、真正面から正々堂々戦いたいと瑞沢高校との試合の時はうそをついてしまいます。肉まんくんの姉と付き合っていています。

甘糟那由太:本田貴子
3年生。須藤卒業後は主将をしています。A級選手。
肉まんくんと同じ翠北かるた会にいました。

試合はなるべく楽に勝ちたいと甘く考えていましたが、瑞沢高校との対戦でだんだん主将らしくなってきます。

ちはやふる 29巻

 
山城理音:高垣彩陽
富士崎高校かるた部所属。祖母が有名な専任読手で、千早と同様に音の反応がいいです。耳がいいせいか、祖母が専任読手の時は強いものの、他の読手の時は集中力がきれてしまいがちです。

最初はマイペースでしたが、対戦に負けて桜沢先生に託されてから、周りのことも考えて嫌いな練習も積極的に行うようになっていきます。

お米が大好きで、昼食には大量のおにぎりを食べます。

 
猪熊遥:坂本真綾
かつて4連覇した元クイーンで二児の母。富士崎高校かるた部顧問である桜沢先生の親友でもあります。桜沢先生が現役だったころ、一度もクイーンにはさせなかった実力者です。年齢による衰えや、子供とかるたの両立などに悩みつつ、産後かるた会に復帰します。


 
逢坂恵夢:松本さち
クイーン戦西日本代表になった明石会所属のA級選手で高校生。全国大会準決勝で千早と対戦します。かなりの天然ですが、周りのメンバーに応援されて強くなろうと努力しています。はちまきがトレードマークで、オタク風な熱狂的ファンがいつも写真を撮っています。

山本由美:甲斐田裕子
前クイーンで、通称「ユーミン」。
肉まんくんと同じ翠北かるた会に所属。

どちらが札を取ったか微妙な時に、対戦相手に向かってモメる(主張する)ことが多いです。

スポンサーリンク

かるた指導者

原田秀雄先生:石塚運昇(1期・2期)・三宅健太(3期)

千早・太一・菫・筑波たちが入会している府中白波会の責任者。かるたの事になると熱くなり、いつも千早たちを見守ってくれる先生です。

年による膝の痛みなどにも負けず、本人もまだまだ名人を目指しています。その戦い方と強い気持ちが千早と太一を後押ししてくれます。

ちはやふる 21巻

 
桜沢翠先生:林原めぐみ
強豪校富士崎高校顧問。
準クイーンの座に5回つき、最強の挑戦者と言われていました。
大変厳しくて容赦ない対応をしますが、実はとても優しい先生です。

自分の高校の生徒のことだけではなく、他の学校の生徒のことも考え、千早や太一を合宿に呼んだり指導してくれたりします。


 
持田太先生:阪口大助
北央学園かるた部の顧問。自分自身も競技者なので、生徒たちを見守りつつA選手になるためにがんばっています。須藤の方が実力が上なので頼りない部分はあるものの、北央学園の生徒たちが彼のために優勝したいと思うほど慕われています。

北野昌夫先生:佐藤健輔
肉まんくん・かなちゃん・机くんが入会している翠北かるた会の会長。原田とは仲が悪いようです。

栗山勇先生:村上裕哉
新が復帰して入っている福井南雲会の会長。新の祖父が元気だった頃から新のことを知っていました。原田とも大変仲がいいらしいです。

綿谷始:津嘉山正種
新の祖父で、1980年代に7連覇した永世名人。新がA級になった当日に亡くなってしまいます。新にかるたを教え、とても影響を与えた人です。

その他登場人物

西田優華璃:日野未歩
西田優征の姉で、見た目がそっくり。ヒョロくんこと木梨浩の彼女でもあり、瑞沢高校と北央学園の両方を応援していますが、彼氏のいる北央学園が優先。器用なので、手作りのTシャツや横断幕を作ったりして応援しています。

綾瀬千歳:遠藤綾
千早の姉。モデルをしていて、かるたを始める前までは千早の一番の憧れの人でした。身長が低いことと演技がうまくないことを気にして、モデルを辞めようかと思った事もありますが、千早を見ていてやる気を出します。普段は、かるたはダサいと馬鹿にしています。

ちはやふる 41巻

 
綾瀬千恵子:雪野五月
綾瀬健二:浜田賢二
姉の千歳がモデルのため、小学生の頃からつい千歳のことばかりかまって優先してしまいます。しかし、口にこそ出しませんが、ずっと千早の応援はしていました。千早も最初は寂しく思っていましたが、途中から両親が応援してくれていることをわかっていきます。

真島麗子:嶋村侑
太一の母。大変厳しく千早があまり好きではありません。勝利至上主義をモットーにしているため、結果が1位でないと許してくれません。太一がかるたをやることをよく思っていないので、勉強で1位がとれなければ辞めるようにと約束させています。千早はミセス・プレッシャーと呼んでいます。

大江利恵子:久川綾
かなちゃんの母。大江呉服店の専務です。瑞沢高校が大会に出場する時は、応援しながらもチラシ持参でしっかり商売もしています。チラシのモデルは千早。ジャニーズファンで、太一がお気に入り。太一も利恵子さんと名前で呼んでいます。

ちはやふる(漫画・アニメ)の登場人物&声優紹介まとめ

巻が進むに連れて、登場するキャラクターも増えていきます。
随時追加していきますが、感想記事の公開に合わせて追加しています。感想記事ともども定期的にチェックしてくださいね。

ちはやふるは、競技かるたという題材の面白さはもちろん、個性的で愛されるキャラクターとワクワクハラハラするストーリーで感動させてくれる漫画です。

そのコミックを原作としたアニメや映画も素晴らしい作品なので、是非観てくださいね。

↓ちはやふる情報ページをまとめた総集編記事はこちら
ちはやふるの動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら