アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

Dr.STONE(アニメ)18話のあらすじ・感想ネタバレ!司帝国の脅威現る

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

Dr.STONE18話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第18話「STONE WARS」

前回17話は、石神村の創始者となった千空の父・白夜たちが、全人類が石化したあとどうやって生きていたのかというお話しでした。

今回の18話は、ついに司帝国VS科学王国の戦いが勃発!司帝国の脅威・氷月の登場です。

では、ここから「Dr.STONE(アニメ)18話のあらすじ・感想ネタバレ!司帝国の脅威現る」についてまとめます。

スポンサーリンク

Dr.STONE(アニメ)18話 あらすじ

ルリから父・白夜のメッセージを受け取った千空。
その頃村では、新しい長が決まったお祝いの宴が始まっていました。

そして村に戻った千空は、あさぎりゲンから、司帝国が攻めてくるという話を聞かされます。

そして、ゲンが報告している間に門番の金狼・銀狼の前には、司帝国の戦闘員たちが!!中でも槍の達人で、さらに冷静冷酷に状況を判断する最もやばいという男が氷月。

奇襲によって窮地へと追い込まれてしまった石神村。

彼は、金狼を追い詰め、死を覚悟した金狼は、銀狼に橋ごと切り落とせと言うのですが…

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

Dr.STONE(アニメ)18話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、6巻の46話~48話までのお話です。

Dr.STONE 6

Dr.STONE 6

Dr.STONE 6

[原作]稲垣理一郎 [作画]Boichi

前回で、原作の「第一部 STONE WORLD THE BEGINNING」が終わり、今回から「第二部 STONE WARS」が始まりました。とうとう司帝国VS科学王国の戦いです。

そして今回新登場したのは、氷月(ひょうが)。
彼は、めちゃくちゃ重要人物です。

司には勝てないナンバー2だけど、その強さと思想は非常に危険で、今回のこの作品でも最後の最後でキーポイントになるような人物です。

ある意味、司より怖いんですよ。

司は強いし、目的のためなら殺人だってやろうとする危険人物ですが、氷月はそんなものじゃありません。彼は、仲間でさえ利用できるものならしてしまおうと考えるような人物ですから。

そんな氷月のことを千空たちにゲンが話している時に、本当に本人が来てしまったから大変!!

金狼は、すぐに銀狼に村へ伝えるように指示すると、ザコの相手をしたあとに氷月と戦うことに…でも、まったく歯が立ちません。

そして、ここからが本格的に今回の見所になっていきます。

最初にジーンときたのは、金狼に橋ごと切り落とせと言われ、周りの大人達からもそうするしかないと言われた銀狼が、どうしてもできなかったシーン。

銀狼だって門番として警護の仕事をしているから、そうした方がいいってことはわかっているんですよ。だけど、兄弟ですからね…

自ら兄が死んでしまうことは、どうしてもできないわけです。
村を守るためには、そうしないとダメでしょってことなんだけど、そう割り切れないのが人の心ですよ。

特にヘタレの銀狼ですからかね。
自ら兄の死を選ぶことなんてできません。

わかってはいるけど、それができないと号泣する銀狼の姿は、涙をそそりますね。

スポンサーリンク

そこで、すかさず残っていた火薬を使って千空がはったりをかけます。
そして、それを相手に信じ込ませて時間稼ぎをするために、うまく行動するのがあさぎりゲン。

そうです!
この千空とゲンのコンビがめちゃくちゃ良かった!!

お互いが、相手がどう動くのか・何を考えているのかわかったりして、的確に自分自身も行動します。

きっとゲンがそう言っているだろうとか、ゲンならこうするはずだとか、エスパーか!?ってぐらい千空がわかっていることにびっくり。

このふたりって、確かにお互い信頼しているっていうのはあると思いますが、頭がいいからこそ、単純にこうするだろうってことを見抜けるんでしょうね。

千空は、ゲンがうまいこと相手に取り入りつつ、しっかり科学王国にも足取りの連絡をしていることを理解していて、すいかに届け物を預けます。

届け物はミニナイフ。
届けたスイカもさすがって感じでした。

ゲンが残した科学王国への目印をしっかり見つけるんだから。
脳筋ばっかりの石神村の中では、すっごく貴重な存在ということになります。

次回以降も、スイカのおかげで助かったってことが出てきますからね。

そして最後は、司帝国の一員として氷月と一緒にいたゲンが、こっそり千空と言葉もかわさず連携していたことによって、今回はなんとか勝利か!?というところで終了。

科学王国は刀を作って、圧倒的な武器力の差で勝ちました。
槍の達人である氷月は、普通ならとてもかなう相手ではないけど、ゲンが細工をしていたことで槍が使えない状態に壊すことに成功!これがなければ、コハクは死んでましたよ。

ゲンが裏切っていたこともバレたので、ここからはゲンもまた堂々と科学王国の一員として戦うことになります。

ゲンが大好きな私にとっては、とっても嬉しいストーリーでした。

Dr.STONE(アニメ)18話感想まとめ

ストーリーの中で、司帝国はガンガン石化した人達を復活させているとゲンが話しているシーンがあります。それって、本格的に千空を探して戦うつもりという証だと思いますが…

他にも、なるほどって思うことがあるんですよね。

それは人選。
確か司は、純粋な若者を復活させて自然とともに生きる世界が目標だと思ったのに、今回氷月とともにやってきた戦闘員って、ひどいヤツラでしたよね。

こういう人物が、後々司の大嫌いなタイプの大人になるんじゃないの?とか思ったんだけど。

それだけ、組織を大きくするために人選が甘くなっているのかな?って感じですね。

次回「そして現代へ」

あらすじ・感想の各話一覧
Dr.STONE(アニメ)のあらすじ&感想まとめ!動画配信~登場人物情報他

↓次の第19話の感想はこちら

以上、「Dr.STONE(アニメ)18話のあらすじ・感想ネタバレ!司帝国の脅威現る」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら