アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



ゴールデンカムイ(アニメ)2話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)脱獄王現る

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ゴールデンカムイ 第2話「のっぺら坊」
まずは前回1話のお話の復習から。

不死身の杉元という異名を持つ杉元佐一は、北海道の山奥で砂金採りに明け暮れていました。

そんな彼に埋蔵金の話をしてきた中年男。
さほど本気にしていなかった杉元も、その男がヒグマに殺されたことで真実だと確信します。それは彼こそがその話に出てきた囚人だったからです。

埋蔵金の在り処を示す刺青を残すためにも、ヒグマに食われては困る・・・そう思っていた矢先にヒグマに襲われてしまう杉元。

そんな時に助けてくれたのが、アイヌの少女アシㇼパでした。

ではここから「ゴールデンカムイ(アニメ)2話の感想(ネタバレ注意)脱獄王現る」についてまとめます。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ(アニメ)2話のあらすじ

杉元佐一とアシㇼパは、埋蔵金の手がかりを得るために、小樽へ向かいます。小樽が北海道一の商業都市だからです。

しかし、なかなか情報を得ることができません。
ところが、杉元とアシㇼパの後をつけてきた脱獄囚をひとり罠で捕まえることができました。

刺青を彫った男は「のっぺら坊」と呼ばれていたと聞き出したのですが、遠くから何者かによって射撃されて、その囚人は殺されてしまいます。

男を射撃したのは陸軍最強と言われる第七師団の尾形百之助。
杉元と尾形は、お互いに銃を使えないようにされ、接近戦で戦いますが、尾形はその結果崖下の冬の川に落ちてしまいます。

翌日、また仕掛けていた罠にハマった男がいました。それは、脱獄囚のひとりである白石由竹でした。彼は自他ともに認める脱獄王。

スキを見つけて逃げ出した白石は、追ってきた杉元と一緒に冬の極寒の川に転落してしまいます。凍死の危機に陥るふたり。

見逃すことを条件に、白石は銃弾を差し出してそれで火を出し、なんとか助かりました。

そして杉元が白石から聞いた話とは・・・
脱獄囚の親玉は新選組鬼の副長の土方歳三であり、のっぺら坊からは小樽へ向かうように指示があったということでした。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

ゴールデンカムイ(アニメ)2話の感想ネタバレ

(ここからネタバレにご注意ください)

今回の2話は、原作漫画だと1巻の第5話~最後の第7話までの内容です。

まずはグルメの話から。
リスの皮を剥ぐところは描かれていましたが、やっぱり内蔵は見せませんでしたね。脳みそは食べてましたけど。極力グロいところは描かないのかな?

そして・・・
出ました~~~!チタタㇷ゚とヒンナ。

我々が刻むものという意味のチタタㇷ゚は、新鮮な獲物をチタタㇷ゚と言いながら細かく叩くことですが、本当は生で食べるものだけど、杉元がいるのでつみれ汁にして食べたりします。

ヒンナというのは、感謝を表す言葉で、食事の時にも言います。
これらがなければゴールデンカムイではありませんね(笑)

それにしても、つみれ汁を食べる時の杉元はグルメレポーターみたい(笑)

スポンサーリンク

そして、メインの埋蔵金がらみのストーリーですが・・・
新たな登場人物が複数出てきて、しかも今回登場してきた人はみな重要人物でしたから、面白かったですね。

杉元とアシㇼパ同様、私個人としては絵も声もなんら違和感はありませんでした。
白石も尾形も原作とほぼ同じだったし。

ただ、尾形が人間らしいかもしれません。
原作の漫画で最初に出てくる尾形って、なんだか蝋人形みたいなんですよ。

白石由竹のシーンでじっと見つめてしまったのは、冬の川から落ちて助かったあとに、靴下を履くシーン。あ~~ここで靴下を履いたのか・・・って見てました。漫画だとついつい読み飛ばしてしまうので。

あとから、この靴下のおかげで、アシㇼパがムッとするシーンが出てくるはずですからお楽しみに。

2話になってすごく好きって思ったのは、オープニングとエンディング曲でした。
エンディングは、公式からPV出たとあったので、ぜひ見てくださいね。

カッコイイ音楽なのに、なぜか明治という時代の雰囲気にも合っているような気がして好きです。

ゴールデンカムイ(アニメ)2話の感想ネタバレまとめ

射撃された囚人と白石の話から、埋蔵金の謎がだいぶわかってきて、尾形の登場により、第七師団もまた埋蔵金を狙っていることがわかりました。

次回は、「カムイモシリ」
尾形を発見した第七師団が、尾形が冬の川に落ちて大怪我した原因をさぐりに来て、杉元とアシㇼパの追うところからスタートです。

原作だと2巻の最初からですね。
本格的に鶴見中尉も登場してきて、杉元陣営・土方陣営・鶴見中尉陣営とハッキリ埋蔵金を追うグループが別れてきます。

途中でアシㇼパのアイヌの知恵やグルメ話を盛り込みつつ、ハラハラドキドキの展開になっていきますよ。

あらすじ・感想の各話一覧
ゴールデンカムイの動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ中

↓次の第3話の感想はこちら

以上、「ゴールデンカムイ(アニメ)2話の感想(ネタバレ注意)脱獄王現る」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら