アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

動画配信サービスランキング

動画配信サービスランキング

不機嫌なモノノケ庵(アニメ1期)5話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)立法のルール

アバター
WRITER
 



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

不機嫌なモノノケ庵 第5話のあらすじや感想、動画の配信情報などをまとめています。

不機嫌なモノノケ庵 第5話「法池(ホウチ)」

まずは、前回4話の復習から。

安倍晴齋が隠世の薬屋「亀薬堂」に行くという話を聞いて、自分も行ってみたいと言いだす芦屋花繪。

妖怪だらけのところへ人間の芦屋を連れて行きたくない安倍でしたが、物怪庵が芦屋の味方についたことで、しぶしぶ一緒に行くことにします。

安倍は、隠世に行ったら守るべき注意事項をきつく芦屋に言い聞かせますが、またもやその言いつけを守れなかった芦屋・・・

では、ここから「不機嫌なモノノケ庵(アニメ)5話の感想(ネタバレ注意)立法のルール」についてまとめます。

スポンサーリンク

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

おすすめVOD動画配信サービス

まずは、「不機嫌なモノノケ庵」を視聴できるVODをご紹介します。

初回無料体験可!お試しで無料視聴しよう!

タイトル下に掲載の最新更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、公式サイトにてご確認ください。

動画配信サービスランキング&詳細はこちら

不機嫌なモノノケ庵(アニメ) 5話 あらすじ

危ないところでモジャと再会ができた芦屋花繪。
しかし、カピバラのような妖怪のせいで、モジャはケガをしてしまいます。

そこに、芦屋を探していた安倍とシズクが現れて、安倍は物怪庵の主としてトラブルをうまく取りまとめます。

その後、亀薬堂に戻った面々ですが、立法からの呼び出しがあったことを聞き、立法が住んでいるイモリ池へ向かいます。

初めて会った芦屋と立法。
立法は、弱々しい人間だ・奉公人(バイト)は務まらないと、物怪庵の奉公人(バイト)を辞めたほうがいいと言いますが、安倍は反発します。

不機嫌なモノノケ庵(アニメ) 5話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレになる可能性があるため注意)

この内容は、3巻の第10~11話のお話です。

不機嫌なモノノケ庵 3巻

不機嫌なモノノケ庵 3巻

不機嫌なモノノケ庵 3巻

[著者]ワザワキリ

前回に引き続き、隠世でのお話です。
モジャが芦屋を助けてくれて再会!!ってところで終わっていましたので、その続きから。

引き続き、カピバラ妖怪に因縁をつけられている芦屋。
一方で、亀薬堂にいた安倍は、芦屋がいないことに気づいて、芦屋を探しに出たところからですね。

とりあえず、安倍が来たことでトラブルは収まりましたが、その後立法から連絡があって、会いに行くことに・・・

立法は、漫画でもイケメンって思っていましたけど、アニメでは声優さんが諏訪部順一さんなのでテンションあがりました。諏訪部順一さんの演じるキャラって、いつも好きなキャラばっかりなんですよね。というか、あの声で好きになっちゃいます(笑)

前回も含めて、隠世に行ってわかってきたことはざっくりまとめるとこんな感じ。

  • 3人の権力者(立法・司法・行政)が隠世社会を統制していること
  • 物怪庵の主は、どんな法律違反も罪には問わないという最強の法律で守られていること
  • 立法から物怪庵の主に直に下された法律は守ること
  • 芦屋という名前に立法が反応した
  • 安倍が人間だと知っているのは、立法・司法・行政・コウラだけ
  • 安倍は、寄生樹に憑かれることに神経質になっており、妖怪を雇うのが実は嫌

やはり気になるのは、芦屋と安倍がらみのことですよね。

スポンサーリンク

まず芦屋は、モジャに似た怪物を追って飛び出して行った時、なにやら彼ならではの力があるのだということがわかります。

それはやっぱり芦屋らしく、自分が危ないって時には出ないんですよね。

芦屋は、モジャに似た怪物が落とした木の実を拾ってしまったことで泥棒に間違われ、カピバラのような妖怪に剣を振るわれそうになります。その危機一髪状態を助けてくれたのが、本物のモジャ。

ここまでは、いつもの芦屋なんですよ。
ところが、カピバラ妖怪がモジャにケガをさせた時に、相手がビビるほどの気迫と手の周りにへびのように巻き付く光を感じさせます。

自分のことよりも、人のことになると本気で怒る芦屋。
彼の良いところでもあり、それが何らかの力なんでしょうね。

立法が芦屋という名前に反応したところを見ると、芦屋家に何かあるのかもしれない・・・と感じるはず。実際、後々芦屋の父親がストーリーに関わってきます。

安倍と言えば、先代の物怪庵主のことが気になります。
ギギギの親分の話や今回の話で出てくる寄生樹に憑かれるということに対する安倍の反応。

先代の物怪庵の主は、寄生樹に憑かれてしまったのか・・・
これに関しては、現在発売されている最新巻でも描かれていないので、まだ詳細はわかりません。

きっとこれからも、ヒントが色々出てくると思うので、見逃さないようにしていきましょう。

不機嫌なモノノケ庵(アニメ) 5話 感想まとめ

隠世に行ったことで、この作品の全体像が見えてきました。

ONE PIECEの中での連絡方法はカタツムリ(電伝虫)だったけど、この隠世での連絡方法は、オタマジャクシならぬオタマ回線なのね(笑)

立法に許可をもらったことで、モジャも正式に物怪庵の奉公人となりましたから、毎回モジャが見れます!!

あらすじ・感想の各話一覧
不機嫌なモノノケ庵の動画配信情報~あらすじ・感想まとめ(ネタバレ注意)

↓次の第6話の感想はこちら

おすすめVOD動画配信サービス

初回無料体験可!お試しで無料視聴しよう!

タイトル下に掲載の最新更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、公式サイトにてご確認ください。

以上、「不機嫌なモノノケ庵(アニメ)5話の感想(ネタバレ注意)立法のルール」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© オタク主婦のアニメ・ドラマ・まんが情報 , 2018 All Rights Reserved.