アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ツルネ-風舞高校弓道部-(アニメ)7話の感想ネタバレ!県大会予選スタート

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ツルネ-風舞高校弓道部-7話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

ツルネ-風舞高校弓道部-第7話「再、会」

まずは、前回6話の復習から。

テスト前1週間になったため、試験休みとなった風舞高校弓道部。
県大会予選が近いために、早く練習をしたいメンバーたち。

その頃、弓道の強豪校である私立桐先高校では、県大会予選に向けて選手選抜試合が行われていました。

では、ここから「ツルネ-風舞高校弓道部-(アニメ)7話の感想(ネタバレ注意)県大会予選スタート」についてまとめます。

スポンサーリンク

ツルネ-風舞高校弓道部-(アニメ)7話 あらすじ

とうとう県大会予選が開幕しました。
この予選で上位に入らないと、県大会に出場することはできず、風舞高校弓道部のメンバーたちも緊張していました。

風舞高校弓道部にとっては初めての公式試合。
初日は個人戦で、女子3名と海斗・七緒のみが出場です。

試合前、愁が在籍する桐先高校の菅原千一・万次たちが湊と静弥に気づき、ちょっかいをかけてきます。一触即発という雰囲気になった時に、愁も現れて・・・

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

ツルネ-風舞高校弓道部-動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

ツルネ-風舞高校弓道部-(アニメ)7話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

始まりましたね~~~。県大会予選。
女子はまぁ、試合が初めてだったり体調不良があったりで、こんなもんかって感じでしたが(よくやれたと思った)、男子に関しては色々と今後について考えちゃう展開でした。

まず、出だしから湊が愁のことをだいぶ意識していることがわかります。
彼と久しぶりに会うために、過去のことを思い出してましたから。

まだ高校生ですからね・・・
中学時代の決勝戦では、自分が突然早気になったことで動転したでしょうし、そんな自分のせいで試合に負けたというのはかなりのショックだったはず。弓道の名門校だからこその重圧もあったでしょうし。

さらに、中高一貫だったのに学校まで変更しての再会ですから、色々な気持ちがあったと思います。

そして当日。
まずはあの双子たちに直球で色々言われるわけです。
言いすぎじゃね?と思うぐらいのことを、躊躇なくハッキリ言ってのけるあのふたりったら・・・
あ~~~・・・こういう子たちがギャフンという思いをして反省するところを見たい!!

人のことを傷つけたら、その分自分に帰ってくるんだぞってところを見て、スッキリしたいもんです。

でも、この時の海斗の反論した態度は良かったですね。
湊が入部した時にあれだけ嫌がってキツかった彼が、いつの間にかちゃんと仲間だと認めていたわけで・・・湊の驚いた表情も良かったです。

そして、愁と湊・静弥の再会のシーンは、ちょっと何か特別な空気が流れたような気がしました。

愁が声をかけた時に、スッと湊の前に出た静弥。
守ろうという思いから出た行動だったと思うんだけど、これは何を意味するのか・・・ちょっと考えてしまいましたよ。

愁は、決して気性が荒いわけでもないし、湊に対して恨みを持っているわけではないし、普通に友達なのでしょう。でも、なんだ静弥がこんな行動に出たのか・・・ってことです。

それはやはり、湊が早気になる前にはお互いに実力が並んでいて、愁にとって湊は最も強敵なライバルだったから!?

静弥からすると、自分のことをあまり話してくれずに弓道を辞めようとした湊が、再度弓道をやる気になって、これからは色々話すと言ってくれたばかりですからね・・・

せっかく変わろうと思って変化し始めた湊の気持ちを、過去のトラウマの際にその場にいた愁と、あまり近づけたくないという気持ちが出たとか・・・

本当のところはわかりませんが、実際敵になる立場ですから、あまり湊に刺激を与えたくないと思ったのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

そしてその後に気になることを愁がしましたよね。
湊のお腹をさわりながら、信じていたって言うシーン。

傷っていうのは、母親とともに巻き込まれた交通事故の時の傷だと思います。
原作では、4年前の小学校の頃の話だと原作にはあったようですが、設定が違うのでしょうか?
どちらにしても、母親の死についてはなんらまだ触れていないので、いつかわかってくるでしょう。

そして、海斗の不調も気になるポイントでした。
勝ちたいがために、技術にばかり気持ちがいってしまっている海斗。

彼は気性が荒く、弓道のことになると一生懸命ですから、個人戦で散々だったのはかなりのダメージだったと思います。それが団体戦にどう生かされるのかが魅力ですね。

湊はというと、色々なことをこの試合で感じたと思うんですよ。
一番は、勝ったり負けたりする実力だった愁が、すごい上手くなっていること。湊は、大人しそうに見えて芯は強そうですから、負けたくないという気持ちになるかも。

そして、体調が悪くても頑張って出場していた女子メンバーの白菊や、勝つということにこだわりすぎて的よりもライバルを見てしまった海斗。自分を仲間だとかばってくれた海斗がくやしがっている様子を見て、湊はどう思ったのか・・・

団体戦で、大前が海斗・落ちが湊というのも、このお話の展開からするとなんだかすっごく意味がありそうで楽しみでしかたありません。

ツルネ-風舞高校弓道部-(アニメ)7話 感想まとめ

愁の実力を見て、今の自分との差をハッキリと自覚した湊。
最後には、弓道を始めたばかりの頃の写真をみていましたが、そこで明日着る予定の袴などを見ながら顔が変わりました。

湊はどんな試合をするのか!?

次回は「矢を向けて」
すっごく楽しみです。

あらすじ・感想の各話一覧
ツルネ-風舞高校弓道部-のあらすじ・感想まとめ(ネタバレ注意)登場人物も紹介中

↓次の第8話の感想はこちら

以上、「ツルネ-風舞高校弓道部-(アニメ)7話の感想(ネタバレ注意)県大会予選スタート」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら