アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ツルネ-風舞高校弓道部-(アニメ)12話の感想ネタバレ!前にいる皆を見ろ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ツルネ-風舞高校弓道部-12話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

ツルネ-風舞高校弓道部-第12話「五本の矢」

まずは、前回11話の復習から。

明るく元気になった静弥と比較して、コーチのマサは浮かない表情をしています。そんなマサが復讐のためにコーチになったことをトミー先生に話していたところを湊が聞いてしまいます。

その後偶然に西園寺先生のところでバッタリ会った湊とマサ。
湊は、マサから祖父の話を聞くことに・・・

では、ここから「ツルネ-風舞高校弓道部-(アニメ)12話の感想ネタバレ!前にいる皆を見ろ」についてまとめます。

スポンサーリンク

ツルネ-風舞高校弓道部-(アニメ)12話 あらすじ

マサさんが事故に遭ったと聞いて動揺してしまう風舞高校弓道部のメンバーたち。女子メンバーの妹尾は冷静に個人戦に出場しましたが、男子は応援するでもなくマサさんの様子が知りたくてスマホとにらめっこ。

その様子を見ていた白菊は、男子メンバーに喝を入れます。
彼女の言うとおりだとスマホを預けて試合に向けて頭を切り替えようとする湊たち。

しかし、試合の結果は決勝戦に出れるかどうかギリギリの状態。
そんな時、ふと湊は自分が「落ち」になった理由を考えます。

ツルネ-風舞高校弓道部-(アニメ)12話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

マサさんは、相変わらず頼りない・・・
前回の終わりにそう思いましたが、今回もまた同じように思ってました。

彼が元気だとわかったのは本当に最後でしたからね。
交通事故で、しかも地元ではないから家族がすぐに病院に駆けつけることもできず、検査中の本人が連絡できなかったことはわかりますが・・・

マサさんは、ここぞって所でヘタレというか、まだ若く幼い部分がありますよね。
私がおばちゃんなので余計にそう思ってしまうのかもしれないけど。

ただ、そんな生徒たちと近い立場である彼だからこそ、これほどまでに男子メンバーたちが信頼しているのだと思います。

男子メンバーたちは、マサさんの教えを思い出して勝とうと頑張るのですが、そうは簡単にうまくはいかない・・・

そりゃそうですよね。一番最初の試合の時だって勝とうとするあまりに力が入ってしまったんだから、マサさんが事故でどうなっているのかわからない状況でより良い弓を引けるかというと、なかなか難しいはず。

湊もそうで、何やら恐ろしい感覚があって中たりません。

そしてやっとこの時に湊が、自分が「落ち」になった理由に気づきます。
私も全然その理由の検討がつかなかったんだけど、いざ理由がわかったらすっごく納得しましたね。

見てることしか・・・

そういうことなのか?
前を、みんなを見ろって。
自分中心じゃない。ひとりじゃない。前にいるみんなを・・・

こんな、こんな単純なことに気づけなかったなんて。
俺は、俺たちは・・・

気づいたのは遅かったものの、なんとかギリギリでチャンスをゲット!
同中競射でもう1校と的中数を競って決勝進出が決まることに・・・

スポンサーリンク

そして、湊は今度こそ勝つために、思ったことを言い出します。

ところが、競射で引くときはマサさんの教えを忘れようと言い出した湊に怒り爆発の海斗。
さらに名前呼びするものだから、より怒ります。

このもめごとこそが、湊が「落ち」になった理由なんでしょうね。

  • みんなはチームで仲間なんだと自覚すべきだったということ
  • 仲間を信じてなかったから、視野が狭くなっていたこと
  • みんながマサさんに教わったことを思い出そうとしているために、ギクシャクしていたこと
  • 仲間なのだから、言いたいことは言うべきだということ
  • マサさんの教えは、自分たちの射に生きているのだから、ただ打てばいいとうこと
  • 自分の中にある理想の射を目指せばいいということ

これらのことは、湊が前の仲間たちを見たからこそ気づけたことですよね。
海斗が落ちにいたって、彼の性格では気づくことはできなかったでしょう。

静弥でもダメだったのでは?
きっと湊じゃないとダメだったのだと思います。

湊は、最もメンバーの中で潜在的な技術力が高いだけではなく、大舞台で失敗した経験や早気になった苦労をしているから・・・メンバーの中で、弓道の怖さを一番知っていた彼だからこそ、気づけたのではないでしょうか。

そして静弥がいい事を言いましたね。今回のタイトルになっている言葉。

三本の矢ならぬ五本の矢・・・かな

一本の矢ならすぐ折れてしまうけれど、三本なら折れにくいって意味が「三本の矢」
だから、5人が心を合わせてお互いの仲間を信じていれば、強いチームになれるってことでしょう。

決勝進出に向けて最後に決まるか!?という時の、湊の射は最高に良かったですね!!

最後にマサさんの状況がわかった時の様子は、これぞチームって感じでした。

ツルネ-風舞高校弓道部-(アニメ)12話感想ネタバレ まとめ

とうとう次が最終回になります。
決勝戦では、桐先高校に勝てるのか!?

今回、あのいけ好かない双子がチームの雰囲気が変わって驚いていましたが、チームがひとつにまとまった風舞高校は強くなったはず!

他のスポーツとは違って、弓道はモロに気持ちが射に出ると思うので、結果はどうなるかわかりません。

湊もど真ん中に中てることができていましたし、マサさんが元気なこともわかりましたから、期待してしまいますね。

次回「かけがえのない」
楽しみです!

あらすじ・感想の各話一覧
ツルネ-風舞高校弓道部-のあらすじ・感想ネタバレ総集編!各話一覧他

↓次の第13話・最終回の感想はこちら

動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「ツルネ-風舞高校弓道部-(アニメ)12話の感想ネタバレ!前にいる皆を見ろ」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら