3D彼女リアルガール(アニメ2期6話目)18話あらすじ・感想ネタバレ!石野&高梨のデート

この記事では、3D彼女リアルガール(アニメ2期)18話の動画のあらすじ&感想をご紹介します。
第18話「オレの女友達・石野さんの恋の件について。」

まずは前回17話の復習から。

中学2年生まではごくごく普通の少女だった綾戸純恵。
そんな彼女の過去が描かれています。

そして高校生になって筒井たちと知り合い、ついに伊東悠人とつきあうことになった綾戸ですが、新たな悩みも出てきてしまい…

スポンサーリンク

3D彼女リアルガール 18話 あらすじ

伊東悠人と綾戸純恵がふたりでいる時に、からかってくる綾戸のクラスメイト。
それを見ていた石野ありさは、黙っていられず助けに入って喧嘩になりそうになってしまいます。

それを止めてくれたのは高梨ミツヤ。
彼は、ふてくされている石野をたしなめるためにラーメンを食べに連れていき、ひょんなことから、ふたりは一度本当のデートをしてみることに…

後日、改めて本気デートで水族館にやってきた石野と高梨。
ところが、そこで高梨の妹のあんずと、筒井の弟の薫がデートしているところに鉢合わせしてしまいます。

一方的に連れ帰ろうとする高梨から、あんずは薫の手をとって逃げ出してしまいます。

3D彼女リアルガール 18話 感想ネタバレ!

今回の第18話は、原作コミック9巻掲載の32話の終わり~33話の内容です。

今回のストーリー内容は、すっごく好きなお話です。
石野ありさの良いところが、これでもかって散りばめられているストーリー。

筒井・色葉・筒井母&薫などのプラスの描写などはありましたが、基本的には原作漫画に忠実に描かれていました。

最初のきっかけは、人の恋についてあれこれからかってくる後輩女子が許せなくて、喧嘩みたいになってしまったこと。

それをあっさり止めたのが高梨ミツヤ。
彼はやっぱり別の学年からもモテるんですね。偉そうなこと言ってたいじわる女が、乙女みたいになってましたけど。

石野ありさをたしなめるためにラーメン屋に一緒に行った高梨は、もともとタイプじゃないということもあって、まだ石野に特別な好意を持ってはいませんね。

さらに、中学時代の元カノとあまり良い別れ方をしていなかったのもあって、本気の恋をさけているような気もします。

色葉とつきあいたいって騒いでいたのは、彼女が美少女で自分のタイプにドンピシャだったことと、男癖が悪いという噂があったから、それほど深く考えることもなく彼女にしたいっていうだけだったのでは?

そして、今まで筒井たちと一緒に行動するようになってからというもの、石野がおせっかいですごくいい子だとはわかっているし、心の奥では少し気になっているはずなんだけど、それが恋かというとそうではない感じ。女友だちのノリではないのかな~~。

ところが、今回の出来事は、高梨の気持ちを大きく変えるきっかけになったはずです。

そのきっかけとなった出来事というのは、妹のあんずと筒井の弟・薫のデートと鉢合わせしてバッタリ会ってしまったこと。

有無も言わさず強制的に連れて帰ろうとした高梨に対して、石野は強引すぎてかわいそうだと言うのだけど、バッサリ冷たく言い返します。

石野サンは関係ないでしょ
人んちのことに口出さないでよ
ほんとおせっかい

結局、あんずは薫の手をひっぱって逃げ出してしまいますが、そのあとの高梨の対応はまずかった…

怒ってひとりで帰ると言う石野のご機嫌を直したいから、抱きしめてごめんねって言うんですよ。

こういう行動にでちゃう高梨は、こういうふうに抱きしめればご機嫌が直ると思ってやっているんでしょうね。バカな女なら、それで本当にキュンって許しちゃんでしょう。

でも、石野は涙目になりながらも高梨をひっぱたいて怒った!!
えらい!!強い!!カッコいい!!って思いましたよ。

それに、軽く誘われたデートで、手をつなぐのも嫌がられたりするほど、高梨にとってはお試し感覚の軽いデートでしかなかったのに、おしゃれして足が痛くても高いヒールを履いてきたりして、可愛いですよね。

それだけ高梨とのデートを楽しみにしていたし、自分も恋したいって思っているというのに、プライドだけはちゃんと持ち続けているのが石野らしいです。

スポンサーリンク

そしてここからは、石野と筒井の弟・薫がすっごくいいです。

かけおちするなんてメールをあんずがしちゃったため、必死で探す高梨と石野。
せっかくおしゃれしてきたっていうのに、髪をひとつに束ねてお化粧もボロボロ…
探すのに夢中で高いハイヒールで走り回って足が痛いのも忘れていた…

管理人管理人

これをカッコいいと言わなくてなんと言えばいいんでしょう!!

そして薫も、小学生かよ!?っていうぐらい大人びているし、とても筒井の弟とは思えない!
素直で明るいあんずとお似合いです。
兄と違って頼りになりそう(笑)

高梨は、今回初めて石野におせっかいされた側になりました。
自分と妹のために必死で探してくれる石野を見て、彼女に対する印象はガラッと彼の中では変わっていったはずですね。

後々、アニメでも描かれるかもしれませんが、前述した元カノと別れたというのも、裏切られるような形になって別れています。しかも、それは父親がいなくなったことがきっかけ。

父親は浮気して家を出ていったというのもあって、より残された家族を守る気持ちと、他人をあまり信じないという気持ちが強くなっていたのかもしれません。

そんな彼の目の前に、損得なしで真剣に心配して自分たちのために必死になってくれる石野がいるんですから、彼女に対する気持ちに変化が出てくるのは当然なのでは?

ところが、まだ高梨はそこまではまた心が変わったり、気持ちに気づいたりはしません。
後々、はっきり気づくまでもう少し待っていましょう(笑)

ここがすごく残念!というシーン

ただ、めっちゃ残念だったことがあるんですよ。

このアニメは1期からそうなんだけど、描写が雑!!
顔が違うって思うところが多いのはもう慣れたからいいのだけど、このストーリーは高梨とのデートでおしゃれしてきたって設定なんですよ。

管理人管理人

なのに、なんでこの服?
っていうか、なんでここでブーツ!?

原作ではミニスカートにリボン付きのヒールの高いパンプスを履いていて、気合入れてデート来てるなって感じなんだけど、いつもながらダサい…と思うのは私だけ?

ブーツなのは、めちゃくちゃ最悪ですよ!!

だって原作では、足が痛いのを忘れてあんずを探していたって設定で、ひどい靴ずれになっているのを高梨が気づくんですよ。だけどブーツだったら、靴ずれも見えないわけで、足が震えてたから気づいたってこと???

おかしすぎる…
痛い足で走っていてくれたのに気づかなかった人が、ブーツで足が見えないのに、足が痛いのを気づくとか…

なんでタイツみたいなのを履いてブーツなのかが全くわかりません。
これでおしゃれしてきたとか、50代のおばはんでも全く理解できないんだけど…

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

管理人管理人

この作品を視聴するなら「Hulu」がイチオシです!!

本ページの情報は、タイトル下の公開日時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

Hulu 概要
月額利用料 1,026円(税込)
※iTunes Store決済は1,050円(税込)
お支払い方法 クレジットカード・キャリア決済・LINE Pay・iTunesStore決済他
無料トライアル期間 2週間
トライアル対象者 初めて登録する方
対応デバイス TV・PC・スマホ・タブレット・ゲーム機他
同時視聴 不可。家族アカウントも含めて1台でのみ視聴可能
その他 動画ダウンロード機能あり・フルHD画質対応

知名度の高いサービスなので、安心感がありますね。
レンタル作品も取り扱うようになり、サービスの幅が広がりました。

Huluのここがすごい!
  • 知名度が高く安心感がある
  • 日テレ系の作品を多数配信中
  • 海外ドラマも充実!
  • Huluオリジナル作品も豊富
  • リアルタイム配信で視聴できる専門番組あり
  • 見放題作品のみ探せるのでわかりやすい
  • 会員同士最大8名でリアルタイムにコメントしながら同時視聴可能(ウォッチパーティ機能)
  • 1つのアカウントを家族で共有して利用可能
  • 「Huluストア」で最新映画や海外ドラマ最新シーズンなどをレンタル可能
  • 見たい作品をダウンロードしておけば移動中や外出先でも視聴できる

見放題作品とレンタル作品は別々にまとめられているので、初心者でもお子さんでもわかりやすいですね。シンプル・イズ・ベスト!と思える動画配信サービスです。

まずは、気軽にお試ししてみましょう。
↓↓↓
無料トライアルはこちらから(Hulu)

Huluの詳しい情報はこちらでもご紹介中♪
↓↓↓

3D彼女リアルガール 18話 感想まとめ

あんまり描写のこととかデザインのこととか言いたくはないのだけど、今回はひどかったです。

原作コミックの石野がおしゃれに気合入れた可愛い様子から、髪を振り乱して足が靴ずれだらけっていう様子に変わるからこそ、彼女のがんばりが見るからにわかって感動するのに!!

期待していた大好きなストーリーだった分、がっかり感がすごかったです。

あらすじ・感想の各話一覧
3D彼女リアルガールのアニメ動画配信情報~あらすじ・感想まとめ(ネタバレ注意)

↓次の第19話の感想はこちら

以上、「3D彼女リアルガール(アニメ2期6話目)18話感想ネタバレ!石野&高梨のデート」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。