アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

バナナフィッシュ(アニメ)23話の感想ネタバレ!最後の時間

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

バナナフィッシュ(アニメ)23話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

バナナフィッシュ(アニメ)第23話「誰がために鐘は鳴る」

まずは、前回22話の復習から。

マックスたちと捕まってしまったアッシュは、彼だけがフォクス大佐の元に連れて行かれ、情報を提供するように言いますが、アッシュがそれに従わなかったために乱暴までしていいなりにさせようとします。

その後、スキを見て逃げ出したアッシュは、英二たちと合流して残りの仲間たちを助ける準備を始めます。しかし、月龍に指示された者たちが英二を撃ってしまい・・・

では、ここから今回の「バナナフィッシュ(アニメ)23話の感想ネタバレ!最後の時間」についてまとめます。

スポンサーリンク

バナナフィッシュ(アニメ)23話 あらすじ

英二が撃たれてしまったことで、冷静でいられないアッシュは、英二についていこうとしますが、それを止めたのはブランカでした。英二までが犯罪者だと思われないために・・・
アッシュは、ブランカにまで銃を向けるのですが、何もすることはできずひたすら英二の無事を祈ります。

一方でシンは、自分の仲間が英二とアッシュを撃ったことにひどく責任を感じます。そして、捕まっている仲間たちを助けたら、アッシュと一対一でけじめの勝負をしてもらうように頼むのです。

ラオは納得できず、シンたちグループから抜けてしまいます。

その後、捕まった仲間を助けるために動き出すアッシュたち。
ブランカも月龍との契約を無しにして、手伝うことになりますが、現地に行く前にあるところに立ち寄ります。

それは、英二が入院している病院。
もう二度と会えないであろう英二の顔を見るために、アッシュは病室へ向かい・・・

バナナフィッシュ(アニメ)23話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、17巻の中盤~18巻の中盤までのお話です。

BANANA FISH 17

BANANA FISH 17

BANANA FISH 17

[著]吉田秋生

 

BANANA FISH 18

BANANA FISH 18

BANANA FISH 18

[著]吉田秋生

17巻のあらすじ感想ネタバレ!アッシュの怒りとシンの悲しみ
18巻のあらすじ感想ネタバレ!戦いの終結!?

あ~~もうここからは、なんだか泣きモードに入っちゃうんですよね。
私がこのストーリーで最も泣いてしまうポイントは、病院でふたりが会うときでした。

事実上、もう会えないんですよ。だから、これが最後の時間・・・
アッシュは諦めていたけど、ブランカが作ってくれた本当に最後の時間でした。

なのに、お互いに手を伸ばしたのにつながることはなかった・・・(泣)
もう号泣!!うううううぅぅ・・・

かえってそれが感動ではあるんだろうけど、私はどっぷりなりきったり入り込んだりしちゃうんで、せめてもう会えないんだから、手をとりあってぬくもりを感じてほしかったな~~~なんて思ってしまいます。

それから、やはり出だしのアッシュの混乱ぶりにも泣けました。

英二が撃たれたってことで、今まで見たこともないようなアッシュになってしまい、誰もが驚いたと思うんだけど、それほど彼にとっては唯一の存在だったということでしょう。

そして、月龍もまたダメージを受けています。しかけた本人なのにね。

彼は母親が殺された時の話をブランカにしますが、それ以来ずっと兄たちを恨んできて、復讐のために生きてきたわけだけど、本当は自分のことをわかって愛してくれる人がほしかったはず。

そして復讐をしたあとでも、月龍は救われることもなく、英二といることで救われていくアッシュが羨ましい・妬ましいなどと思ったのでしょう。

だから、アッシュにいる英二を排除することが次の月龍の目的になっていたわけです。表向きは、英二がいないアッシュが本物だとか、自分と戦う相手にふさわしいとか言っていたりもしましたが、結局は嫉妬していたということ・・・

でも、いざ英二が撃たれてアッシュの前からいなくなっても、彼は喜ぶどころかお酒を飲んで荒れていました。

今回月龍のシーンは2回ありますが、1度目はお酒を飲んでイライラしていることがわかる状態。2回目は、ブランカが自分の元を離れるであろうというシーン。

これらを観ると、月龍は本当はよくわかっていたんだな~~なんて思います。
英二を殺したりアッシュと引き離しても、自分もアッシュも救われることはないって。

でも、やらずにはいられなかったんでしょうね。
かわいそうな人です。そして、まだ素直になれない・・・

ブランカは、月龍にこんなことを言っています。

あなたは人を憎むことだけ覚えて愛することを学ぶことができなかったのですね

そして、自分の過去に愛した人の話をしてから、こう続けます。

奥村英二をアッシュから奪うことは、もうひとり私達を作ってしまうということなのですよ。
愛さず、愛されもせず、憎悪と虚無だけが生きる糧の哀れな生を・・・

このブランカが続けて言ったセリフって、まさにこの作品のテーマだと思うんですよね。

ある意味似た境遇であった月龍とアッシュ。
ふたりとも、子供時代に兄や母親という自分を愛してくれた人はいたものの、不幸にも愛され続けることは叶わず、ずっと憎悪と虚無だけで育ち、生きてきたわけです。

しかし、アッシュは初めて愛することと愛されることを知りました。
だからこそ英二を守るために必死だったわけだけど、お互いに大切に思っているがゆえに、離れることも手放すこともできず・・・

一方で、月龍は復讐を終えても救われることはなく、虚無感ばかりが彼をしばりつけていくわけです。
だから、自分だけ救われていくアッシュが許せなかった!ということでしょう。

今回のお話では、愛したがゆえに手放せずに英二に傷を負わせてしまって後悔するアッシュと、完璧とは言わずともアッシュから英二を離すことができた月龍も、救われることはなかったという、なんとも切ない状況が描かれています。

スポンサーリンク

そして、もうひとり・・・
ディノを忘れてはいけません。

仲間たちを助けるために動き出したアッシュたちが、ディノをまず捕まえて、彼を人質に仲間の保釈を求めます。

しかし、ディノは撃たれてしまうんです。
撃ったのはフォックス大佐・・・マジであの男はクズですね。

ディノの失敗は、やっぱりアッシュを愛していたことでしょう。

彼は本気でアッシュを愛していたはずです。
そうでなければ、アッシュは今頃とっくに殺されていたはずです。

そして、アッシュを生け捕りするためには、強い相手じゃないと勝てないからブランカと契約し、やっと手に入れたと思ったら逃げ出されて・・・

ブランカはわかっていたから、月龍と契約をしてしまっています。
となると、軍人って感じになっちゃったんでしょうかね。

アッシュもかなり驚いていましたが、まさか雇い主のディノを撃つとは思わなかったのでしょう。普通なら雇い主が殺されたら報酬がもらえない可能性もありますし。

しかし、アッシュを手に入れてすべて乗っ取ろうとしていたフォックス大佐は、ディノはただ邪魔なだけの存在だったということです。やっぱり、全体でコイツが一番最悪な男でしたね。

今までさんざん戦ってきたディノですが、なんだかフォックス大佐を見ていると、複雑な気持ちになります。いい人とは思えないけど、アッシュのためにしてきたことで、結果的に彼の助けになったことはありましたからね・・・

バナナフィッシュ(アニメ)23話感想ネタバレ まとめ

とうとう終わってしまいます!!(泣)

次回は、「ライ麦畑でつかまえて」
10分拡大で放送されるそうですよ。

原作コミックの18巻中盤まで放送されていましたが、19巻の初めでストーリーは完結します。

そのあとに、アッシュとショーターの出会いのお話。

最後に、メインストーリーの7年後が描かれています。英二がその後アメリカの永住権を取り、カメラマンになってニューヨークで働いており、彼のそばにはシンもいます。

アニメでは、そんなシーンもチラッと出てくるのでしょうか?
それとも、メインストーリーで終わりなのか・・・

めちゃくちゃ楽しみですが、ハンカチ・ティッシュを忘れないようにしないと!!

あらすじ・感想の各話一覧
BANANA FISH(バナナフィッシュ)の感想ネタバレまとめ!

↓次回第24話の感想はこちら

動画・見逃し配信情報
Amazonプライム・ビデオ 独占配信

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「バナナフィッシュ(アニメ)23話の感想ネタバレ!最後の時間」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら