Dr.コトー診療所

Dr.コトー診療所2006(2期)8話のあらすじや感想をまとめました!

第8話「幸福への決断」

前回7話では、ゆかりが胃がんで余命3ヶ月だとわかりました。

今回は、ゆかりががんばって治療している様子やその後の結果がわかるお話です。

スポンサーリンク

Dr.コトー診療所2006(2期)8話のあらすじ

ゆかり(桜井幸子)は、抗がん剤治療を始めました。
辛いけれど、少しでも長く生きるために耐えて…

その様子を見ていたコトー(吉岡秀隆)は、自宅療養にしてみることを提案します。

自宅に戻ってからというもの、1日1日を大切に過ごすゆかり。
普通に家事をこなしたり、昌代(朝加真由美)のリハビリに付き合って主婦同士でワイワイ集まるなど、何気ない日常が彼女に笑顔を取り戻していきます。

そして、何度目かの抗がん剤治療を終えてから、血液検査をしたところ、短期間で腫瘍マーカーの数値が劇的に改善されていた!!

東京の病院で彩佳(柴咲コウ)の主治医をしている鳴海(堺雅人)に意見を聞くと、一時的な小康状態であり、所詮完治は無理だと言われました。

しかし、その後の検査でもさらに数値は改善されて…

Dr.コトー診療所2006(2期)8話の感想ネタバレ!

Dr.コトー診療所

今回は、ゆかりの胃がんのお話ですが、医学の常識や彩佳のことで悩むコトーのお話でもあります。

抗がん剤治療を始めたゆかりは、自宅療養に変わってからはとても充実した日を過ごしていました。
それが良かったのか、どんどん体調や顔色は良くなり、検査の結果でも驚く数値が出るように…

コトーは、まずここで驚くんですよね。
短期間でここまでの改善があるということに…

そして、鳴海の意見を聞いてみたのだけど、彼はド正論を言います。

確かにその通り。
一時的に良くなったのを「完治できるかも!?」と思って、あとからドドーンと落とされるような状態になったら、立ち直れないですからね。

実際、コトーが最初にこの結果を坂野に報告した時も、反応は「完治できるのか?」という自分たちに都合の良い方に取ろうとしてましたからね。
この時は、もう少し様子を見てから再度検査しようって話で終わりましたけど。

それにしても、ここまで来ると、鳴海ってやっぱりいい医者だって思います。
マメにコトーに彩佳の報告をしてくれるし、電話中に診療所に人が来て話が中断しても怒るわけでもないし…

ただ、あまりにも典型的な大学病院の医師ってイメージで、クールで冷たい感じが玉に瑕(きず)!?

スポンサーリンク

その後のゆかりは、再度行った検査の結果で、腫瘍マーカーの数値はさらに改善されていました。

ところが、ここでコトーは悩んでしまいます。
ド素人だと、ただ喜んでしまいますが、そうはいかないんですね。

この数値の通りに末期状態だったのに多くのガンが消え、手術で死病巣を取り除いて完治…
それは、奇跡のようなものであり、医学の常識ではあり得ないことだからです。

医学の常識という壁を目の前にして悩んでしまうコトー。

もしも開腹して転移したがん細胞があったら、最初の手術の時と同じことを繰り返すことになって、余命をさらに減らしてしまうことにもなりかねないから。

それを聞いた坂野は、ゆかりにも話したのでしょう。
結局は、決断をしたのはゆかり本人で、彼女の言葉と願いを聞いたコトーは手術を行うことにします。

結果は…

奇跡が起こりました!!
播種(はしゅ)が消えている!!
転移が見当たらない!!

死病巣を切除して、手術は無事に成功しました。

管理人管理人

ばんざ~い!!\(^o^)/

助かったと知り、泣きながらコトーの手をとって感謝する坂野。
だけど、コトーの表情は暗いものでした。

そして、謝るんです。
ゆかりに余命宣告してしまったということは、死の宣告をしたのと同じだったと…
ゆかりの生きる力を信じていなかったと…

管理人管理人

う~~ん…
コトーらしくはあるんだけど、真面目すぎますよね。

とは言え、暗く落ち込んでいる理由もよくわかります。

自分は医学の常識にとらわれるあまり、抗がん剤治療もリスクの可能性のある手術も勧めることができませんでした。結果的にゆかりが助かったのは、本人の強い意志があってそれらの治療や手術を行ったからです。

医者ってなんだろう…
末期って誰が決めるんだろう…
そんなふうに考え込んでしまうコトー。

でも、このあとにゆかりが、コトーがいてくれたからがんばれたと泣きながら感謝してましたよね!
本当にその通りだと思います。

コトーは、自分で気づかない間にも、患者の心の支えになっていて、ちゃんと医学の常識を大きく飛び越えた形でケアをしていたってことです。彼にとってはそれは当たり前の日常なんですけど。

コトーは、普通の医者ではあり得ないことまでやっているのに、本人の自己評価が低いんですよ。
だから、より厳しいことを自分自身に求めてしまうんでしょうけど…

ゆかりに感謝されたあとも、まだ落ち込んでいたコトー。
そして顔を見に来た剛利に、初めて「少し疲れた」と言うのです。

勝手な憶測ですが、彩佳のこともあるのかなって思います。
彼女がそばにいないというのも、疲れの原因かな?心の支えになっていたと思いますし。

それに、ずっと彩佳が本土に行ってから心配していたことも、同じガンという病気であるゆかりと比較して、より考えてしまうのかもしれません。

彩佳もゆかりと同じように抗がん剤治療で苦しんでいたわけですが、状況からすると副作用は彩佳の方が出ていると思われます。
ゆかりは髪の毛が抜けることはありませんでしたから。

そして、ゆかりには夫も娘もついていて、島の人たちも見守っています。
彩佳は、両親すら彼女が病気で戦っていることを知りません。慣れない土地でひとりぼっちで戦っています。

そして今回のこの結果ですからね。
自分のやってきたことは正しかったのか?このまま彩佳を一人にしておいていいのか?などなど、色々な想いが今まで以上に出てきたのではないでしょうか。

コトーは最終的にどうするのか!?
彩佳のことは、最終回まで要チェックですね。

それにしても、ゆかりの命が助かったのは良かったですね。
彼女はとっても強かった!

まとめ

他には、ミナ(蒼井優)も、さりげなくいいことを言ったりしながら、島に溶け込んでいることがわかりました。

和田(筧利夫)が褒めていたけど、手術の時にすごく手際が良かった!!
最初の頃が嘘みたい(笑)

そして最後は、ミナに関わるトラブルが何か起きるかも?という次回を匂わせる形で終わっています。

次回「愛を乞う者」
ミナに会いに来た男って誰!?

次回2期第9話の感想はこちら
まとめページもご覧ください。
↓↓↓

以上、「Dr.コトー診療所2006(2期動画)8話のあらすじ・感想ネタバレ!ゆかりが奇跡の回復!?」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。