アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



ゴールデンカムイ(アニメ)6話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)レタㇻを守れ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ゴールデンカムイ(アニメ)6話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

ゴールデンカムイ 第6話「猟師の魂」

まずは前回5話のお話の復習から。

第七師団の鶴見中尉につかまってしまった杉元佐一。
アシㇼパ・レタㇻ・白石由竹に助けられて、なんとか逃げ出すことに成功しました。

逃げ出したあと、乗ってきた馬を処分して桜鍋を食べるなどしていた杉元たちでしたが、不穏なことは彼らに近づいてきていたのです。

ではここから「ゴールデンカムイ(アニメ)6話の感想(ネタバレ注意)レタㇻを守れ」についてまとめます。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ(アニメ)6話のあらすじ

以前、小樽の山中で第七師団としてアシㇼパを追った谷垣源次郎。彼はレタㇻに襲われて死んだかと思われていましたが、生きていました。

彼を助けたのは、熊撃ちで有名な凄腕の猟師・二瓶鉄造。
二瓶は、絶滅したと言われている白い狼レタㇻと勝負して狩りたいと狙っていますが、マタギでもある谷垣源次郎もまた、襲われた時に見たレタㇻを狙っているのです。

猟師の血を刺激されたふたりは、ともにレタㇻを狙うのですが、二瓶鉄造はレタㇻをおびき出すために、エサとなる鹿を撃つと言い出します。

すると、二瓶の猟犬・リュウが怯えており・・・
今いるここは狼の縄張りなのだと二瓶は確信を得ます。

その頃、杉元とアシㇼパもまた、鹿を追っていました。鹿を撃とうとした時の響く銃声。そして、逃げ出す鹿を仕留めたレタㇻ。

二瓶と谷垣はその銃声を聞いていました。
杉元・アシㇼパ・レタㇻのすぐそばに、ふたりは近づいていたのでした。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

ゴールデンカムイ(アニメ)6話の感想ネタバレ

(ここからネタバレにご注意ください)

この第6話の内容は、原作漫画の3巻第23~27話の内容です。

二瓶鉄造も脱獄囚なので、刺青人皮という点では普通に探している人物になるのですが、彼は他の囚人とは全くタイプが違う人です。

まさに猟師!男!漢!という感じ。
お金とか地位とかまったく興味がない人なんですよね。彼の頭の中は猟のことしかありません。

監獄送りになったのも、猟師を殺して獲物を横取りする盗人たちを撲殺して、最後のひとりに限っては警官に先を越されてしまったがために、その目の前で殺してしまったから。

脱獄したのも、命が惜しいとかお金が欲しいってわけでもないんですね。
二瓶が脱獄した理由は、山で死にたいから・・・

とにかく猟師として生きて、猟師として死んでいきたい人ということ。

そんな二瓶からすれば、絶滅したはずの白い狼レタㇻを狩れば思い残すことがないということになるため、最も強敵と言える存在でしょう。

囚人を捕まえて刺青人皮を手に入れ、レタㇻを守る!
杉元とアシㇼパは、白石由竹も加わえて、動き出します。

スポンサーリンク

この回のお話は、男のロマンって感じでしょうか。

杉元は、刺青人皮を手に入れるために殺すわけでもないため、レタㇻのことさえなければ戦う必要もない相手なわけです。

しかし、相手は猟師でレタㇻは野生の絶滅危惧種の狼。
狩りたい二瓶たちと守りたい杉元たちでは、もう戦うしかありません。

誰も悪いわけでもないので、ちょっと切ないな~。

そんなストーリーの中でも、ほのぼのシーンはちゃんとあります。
今回のお話で最も好きなのは、白石が二瓶の情報を持ってきた時のシーン。

白石は手土産でお酒を持ってきていて、3人して酔っぱらいながら鹿を料理している様子が笑えるし、ほのぼのしていて好き!

毎度のことだけど、肉を食べたい杉元と白石。
でも、脳みそとか臓器ばかり食べさせられるんですよね。

アシㇼパは、すべては鹿が生きた証だから、全部食べて全部忘れるな、それが獲物に対する責任のとり方だっていうのだけど、それって大切なことだよね~。ついつい食生活が豊になっているから忘れてしまうけど、魚だってお肉だって、命をもらっているんだから、食べ物に関する感謝の気持ちは大切だと改めて教わって気がします。

このシーンの中で、杉元が「もしも俺が死んだら、アシㇼパさんだけは俺を忘れないでいてくれるかい?」と言います。そして、酔っ払ってるアシㇼパは、「死ぬな杉元ッ!」って言って、泣き顔魅せるんだけど、やばいぐらい可愛い!!

黙っていれば美人なのに、ギャップがね・・・
やられるね・・・(笑)

ゴールデンカムイ(アニメ)6話の感想ネタバレまとめ

二瓶鉄造は、人のこともよく見ている人でしたね。獲物を狩る時には、獲物の気持ちになれって言ってましたから、細かいことにも気づく人なのでしょうかね?

谷垣源次郎もレタㇻを狙っているとはいいつつ、それはただの口実であると見抜いていました。

次回から原作漫画の第4巻の内容に突入です。
タイトルは「錯綜(さくそう)」

あらすじ・感想の各話一覧
ゴールデンカムイの動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ中

↓次の第7話の感想はこちら

以上、「ゴールデンカムイ(アニメ)6話の感想(ネタバレ注意)レタㇻを守れ」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら