アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ゴールデンカムイ(アニメ)9話の感想ネタバレ!殺人鬼の最後

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ゴールデンカムイ(アニメ)9話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

ゴールデンカムイ 第9話「煌めく」

まずは前回8話のお話の復習から。

白石由竹は、牛山辰馬の靴下を手に入れ、土方歳三たちの居所を突き止めましたが、見つかってつかまってしまいます。

土方から、協力するか殺し合うかの選択を迫られた白石は協力することに合意。そして、連続殺人犯・辺見和雄の刺青人皮を持ってくるように約束させられ、情報を持ち帰った白石。

辺見がいるらしい場所にアシㇼパの叔父がクジラ漁に出ていて心配だったため、杉元佐一・アシㇼパは、白石とともにニシンの漁場に向かいます。

ではここから「ゴールデンカムイ(アニメ)9話の感想ネタバレ!殺人鬼の最後」についてまとめます。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ(アニメ)9話のあらすじ

辺見に誘われてニシン番屋で白米とニシン料理をご馳走になっていた杉元とアシㇼパ。アシㇼパはお手洗いに行きましたが、そこに死体を隠していたいことを思い出した辺見は、杉元を外に連れ出します。

そこに現れたのが第七師団の兵士たち。
辺見と杉元は、ニシン場の親方が住む豪邸に身を隠そうと思い、御殿に向かいます。

しかし、そこにもすでに鶴見中尉がいて、戦闘が始まってしまいます。

辺見を連れて外に逃げ出した杉元は、そこにクジラ漁から戻った白石がいることを見つけます。そして、その船で逃げようと浜辺を走るのですが、その様子に気づいた白石からその男こそが辺見だと知らされて・・・

背後から襲いかかってくる辺見。
杉元はすばやく応戦し、アシㇼパもサポート!

第七師団が追ってきているため、急いで戦いを終わらせたいのですが、そこに突然レプンカムイ(シャチ)が現れて、辺見さらってしまいます。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

ゴールデンカムイ(アニメ)9話の感想ネタバレ

(ここからネタバレにご注意ください)

この第9話の内容は、原作漫画の5巻第40~44話の内容です。

前回に引き続き、辺見のお話からですね。
タイトルは、「煌めく」ってありますが、辺見は煌めきたいわけです(笑)

彼が言う煌めきっていうのは、ろうそくの炎が燃えつきる寸前に強くゆらいで揺らめくような感じ。弟がイノシシに殺された時に必死に抗っていたように、自分も抗って煌めいて死にたいということです。

だから、ただ殺されたら意味がない・・・

辺見は、そのために邪魔をする人を殺し、自分を煌めかせてくれそうだと思った人も殺そうとします。本当に煌めかせてくれる人なら、そのまま殺されるわけがないし・・・そう思っています。

ところが、今まではみんな殺されてしまったので、今度こそ杉元なら自分を満足する形で殺してくれるはずだと思い、近づいて襲うタイミングを狙っていました。

それが、なんだか気持ち悪いんだな~~。
殺人の目的が、自分を殺してもらうことなので、それをしてくれそうな杉元を見る目がキショイ(笑) どうもこの人は好きになれませんでした。

私は腐女子なんで、男が男に熱い視線を送るのとか全然OKなんだけど、そういうのともまた違うんですよ。まさに変態。

辺見の最後は、まさかの展開でした。
シャチが襲ってくるとは・・・でも、彼は妙に嬉しそうでしたね(笑)

スポンサーリンク

アシㇼパのオソマとトイレの話

全体的にあまり好みのお話ではなかったのだけど、トイレを我慢するアシㇼパは可愛い(笑)

オソマ(う○こ)をしたかったのに、トイレには死体が隠されていたのですることができず・・・

豪邸のトイレを借りる時のあのかぼそい声と冷や汗・・・
アニメでは、ピコンピコンと赤く胸の飾りが光ってましたよね。

これって、ウルトラマン!?
この音はもう限界の時になるやつだよね???
そう思ったら、大爆笑でした。相当我慢していて、もう限界だったんだね、アシㇼパ。

漫画だと色も音もないので、アニメならではですね。

あと、やっとトイレを借りれたアシㇼパは、そこのトイレが有田焼で呆然とします。

リアルな話で金持ち御殿のトイレが有田焼っていうのは知ってたけど、若い人だとあんまりピンとこないかもしれませんね。

昔は水洗トイレなんて当然ないし、普通はただ木の穴が空いているようなトイレでしたよ。トイレって白い陶器のイメージがあるけど、あの時代はそれすらなかなかないよね、たぶん。

あれあれ、ゼルダの伝説ムジュラの仮面の宿にあるトイレがそんな感じ。あの手が出てくるやつね。

トイレットペーパーなんてなくて、四角い入れ物に紙が置いてあったりしたと思うけど、あれはまさに昔のトイレだわ。

だから、そんな時代に有田焼のキレイなトイレっていうのがすごいことなんです。
つまり、あの豪邸なニシン御殿は普通ではなく今もなお観光地になるほどすごい豪邸だったということです。

ゴールデンカムイは、舞台が古き良き昔の日本の話なので、ちょっと歴史を知ることでより面白いかもしれませんね。

そうそう・・・
シャチにさらわれた辺見の刺青人皮を手に入れるために、全裸になって冷たい海に飛び込む杉元を見ているアシㇼパもめっちゃ可愛い!

杉元の「アシㇼパさん、見ないでッ!!」っていうセリフがなかったのが残念だけど、こっそりというか堂々と見ている彼女の真剣な顔が超笑える!!

尾形百之助と谷垣源次郎と土方歳三

辺見のお話だけで終わるかと思いましたが、その先まで話は進みましたね。

尾形百之助・二階堂浩平は鶴見中尉を裏切っていて、そのことを谷垣源次郎が気づいて鶴見に報告するのではないかと確認・口封じをしにコタン(村)に行ったというお話。

原作漫画と同じなんだけど、アニメの方が谷垣がコタン(村)になじんでいるように見えました。子どものオソマやアシㇼパのおばあさんを大切にしていて、ジーンとしちゃいましたね。

このあと、本格的に尾形・二階堂と戦うのは次回のお話です。

そして、杉元たちの前に土方歳三も現れました。杉元は全然気づかないけど、白石は冷や汗ものでした。

土方はアシㇼパのことを確認に来た様子で、今後彼女が大きくこの埋蔵金に関係していることがわかっていきます。

尾形・谷垣・土方の三人は、今後杉元陣営に何かと関わってくるので、その様子をよく観ておくといいですよ。

尾形は、個人的にどうしても「テニプリの乾先輩がしゃべってる」って思えてしまって、なんだかまだ馴染めてません。もう少し聞いていれば慣れるかな~~。

ゴールデンカムイ(アニメ)9話の感想ネタバレまとめ

次回は、「道連れ」
鶴見中尉を裏切った第七師団の尾形百之助・二階堂浩平と谷垣源次郎の戦いのお話。

そして、その先はアシㇼパにとって重大な事実が発覚する流れで、キロランケが登場します。どこまで放送されるか楽しみですね。

あらすじ・感想の各話一覧
ゴールデンカムイの感想ネタバレ総集編!各話・各巻あらすじ一覧他

↓次の第10話の感想はこちら

以上、「ゴールデンカムイ(アニメ)9話の感想ネタバレ!殺人鬼の最後」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら