アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

動画配信サービスランキング

動画配信サービスランキング

ゴールデンカムイ(アニメ2期)16話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)白石と第七師団

アバター
WRITER
 



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ゴールデンカムイ(アニメ2期)16話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

ゴールデンカムイ 第16話「旭川第七師団潜入大作戦!!」

まずは前回15話のお話の復習から。

鶴見中尉に偽物の刺青人皮が渡ってしまったため、土方たちは江渡貝の工房へ偽物の刺青人皮を見分ける手がかりを探しに行きます。

その頃、鶴見中尉から証拠隠滅を指示されていた第七師団の兵士たちも工房に来ていて、工房内にいた尾形百之助を攻撃してきます。

追い詰められた時に助けたのは、杉元佐一。
工房から逃げ出した土方陣営と杉本陣営は、利害一致しているために協力しあうことになります。

ではここから「ゴールデンカムイ(アニメ2期)16話の感想(ネタバレ注意)白石と第七師団」についてまとめます。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ(アニメ2期)16話のあらすじ

芦別に到着した杉元とアシㇼパたち。
永倉新八と合流をしますが、そこで白石が第七師団に捕まってしまったことを知ります。

その頃、一足先に白川を救いに向かっていた土方歳三とキロランケ。
土方は、豆菓子売りに扮装して「カムイコタン 吊橋」と書いたメモを白川が読むように仕向けます。

カムイコタンとは神の領域だと言われ、人間が近づいてはいけない場所だと言われています。事故が多いことで知られる渓谷であり、護送中の白石を橋を切断して白川を川に落として救出しようと思ったのです。

川に落ちた白川・・・
しかし、杉元に土方と手を組んだいたことを知られると思って逃げ出して捕まった白石は、杉元のことを考えると、手をさしのべるキロランケの手をつかめませんでした。

そして、旭川にある本部に連れて行かれてしまうのです。

その後、杉元たちと土方たちは旭川近郊で合流。
第七師団本部に侵入するために、土方は脱獄囚のひとりである変装の名人・鈴川聖弘を連れてきます。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

おすすめVOD動画配信サービス

初回無料体験可!お試しで無料視聴してみよう!
1期~3期の動画配信状況をご紹介します。
現在、3期はFOD PREMIUMでの独占配信です。

タイトル下に掲載の最新更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスランキング&詳細はこちら

ゴールデンカムイ(アニメ2期)16話の感想ネタバレ

(ここからはネタバレになる可能性があるため注意)

原作漫画の10巻第91話の終わり~97話の途中までの内容です。

ゴールデンカムイ 10

ゴールデンカムイ 10

ゴールデンカムイ 10

[著者]野田サトル

前回15話では、贋札犯の熊岸長庵に関わるお話がごそっとカットされていました。それが、今回のお話にも関わってきています。

白石を助けに土方歳三とキロランケが行くわけですが、カムイコタンで助けようとしたものの失敗しました。

第七師団本部に連れて行かれたとなると、助けるのも困難。
誰もが白石のことを思い出しては、まぁいいか・・・と考えるわけだけど、杉元は助けると言います。
そして土方もまた、白石の力はこれから必要だと言って、ある男を連れてきます。

土方が連れてきたのは、詐欺師の鈴川聖弘。
ここが原作だと全く違います。

原作の漫画では、鈴川を連れて行ったのは杉元です。

まだ土方たちと合流する前に寄ったコタンで、そこの男たちを殺してアイヌになりすましていた脱獄囚たちが熊岸長庵に贋札を作らせていました。そして、村長になりすましていたのが、鈴川聖弘だったのです。

すぐにアイヌの男ではないと気づいたアシㇼパは、外に出て様子を確認しようとするんだけど、あとを追ってきた囚人に熊岸長庵がいる部屋に連れていかれてしまいます。

その後、アシㇼパを連れて行かれたことに気づいた杉元は激怒して、囚人たちをバッタバッタと倒していくんですよ。そして、最後に生き残ったのが、鈴川聖弘ということです。

杉元は、彼が脱獄囚の情報を持っているというので一緒に連れて行き、捕まった白石を助けるために鈴河を使おうと言ったのも杉元です。

ところがアニメでは、土方が鈴川を連れてきて、牛山にも彼のことを話していませんでした。網走に行くまでに呼ぶつもりだったと言っています。

ここから、鈴川が犬童四郎助に化ける流れは原作漫画と同じです。

他にも、鶴見中尉が二階堂のために義足を作ってもらったのも、ほぼ原作どおりのストーリーでしたね。

ちょっとこのシーンは、お笑いシーンなのか?ってぐらいシュール。

二階堂ってやっぱりかなりの変人だよね。
そして、彼に対する鶴見中尉の態度も笑える・・・

いつも思うんだけど、月島軍曹が一番ストレスを感じているのでは!?

そして今回、二階堂の義足を作った人も、かなりの変人でした。
天才的銃器開発者・有坂成蔵。

彼が作った二階堂の義足は射撃もできるものだったので、変わらずに今もなお危険人物であることは間違いありません。

ゴールデンカムイ(アニメ2期)16話の感想ネタバレまとめ

今回は、犬童四郎助に扮した鈴川聖弘が、杉元と一緒に第七師団本部に乗り込んだところで終わっています。
(犬童典獄などと言われますが、典獄とは監獄の事務をしている官吏のこと)

原作の漫画でも、このシーンで笑ってしまったんだけど・・・
杉元を見て、「スケキヨ!?」と思ったのは私だけ???

次回は「腹の中」
鯉登少尉が登場します。

あらすじ・感想の各話一覧
ゴールデンカムイの動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第17話の感想はこちら

以上、「ゴールデンカムイ(アニメ2期)16話の感想(ネタバレ注意)白石と第七師団」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© オタク主婦のアニメ・ドラマ・まんが情報 , 2018 All Rights Reserved.