アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

動画配信サービスランキング

動画配信サービスランキング

ゴールデンカムイ(アニメ2期)19話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)重い尾形の過去

アバター
WRITER
 



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ゴールデンカムイ(アニメ2期)19話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

ゴールデンカムイ 第19話「カムイホプニレ」

まずは前回18話のお話の復習から。

谷垣源一郎は、インカㇻマッとチカパシと一緒にアシㇼパを探す旅に出ていました。その途中で受け取った電報には、アシㇼパと二度と会えない夢を見たフチが、死装束を用意しているという内容が書かれていました。

アシㇼパを必ずフチのもとに連れて帰る!
そう思った谷垣は、自分の家族のことを思い出します。

ではここから「ゴールデンカムイ(アニメ2期)19話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)重い尾形の過去」についてまとめます。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ(アニメ2期)19話のあらすじ

フチのことを知らせに来た谷垣たちと合流した杉元たちは、あるアイヌコタン(村)に立ち寄り、そこでフチの話を聞きます。
杉元は、一度フチに会うためにコタンに戻ろうかと提案しますが、覚悟が決まっているアシㇼパは、このまま進むと決意!

そして、アシㇼパの決意を聞いた杉元たちは、網走監獄へ予定通り向かうことにするのです。

その頃鯉登少尉は、旭川本部で起こった事件のことを鶴見中尉に報告するために小樽に来ていました。白石に逃げられた失態を埋め合わすために、白石の刺青人皮は写し取ってあり、詐欺師・鈴川の刺青人皮は手に入れたとアピールします。

そして、尾形百之助が杉元たちと一緒だったと聞いた鶴見中尉は、尾形と彼の父親の元第七師団団長・花沢中将の過去の話を思い出すのでした。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

おすすめVOD動画配信サービス

初回無料体験可!お試しで無料視聴してみよう!
1期~3期の動画配信状況をご紹介します。
現在、3期はFOD PREMIUMでの独占配信です。

タイトル下に掲載の最新更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスランキング&詳細はこちら

ゴールデンカムイ(アニメ2期)19話の感想ネタバレ

(ここからはネタバレになる可能性があるため注意)

原作漫画の11巻第101・103話~12巻111~114話内の一部の内容です。

ゴールデンカムイ 11

ゴールデンカムイ 11

ゴールデンカムイ 11

[著者]野田サトル

 

ゴールデンカムイ 12

ゴールデンカムイ 12

ゴールデンカムイ 12

[著者]野田サトル

だいぶ原作とかけ離れているな~というのが、ここ数回のお話の展開です。

というのも、それぞれのエピソードは基本は原作漫画どおりなのですが、カットされているキャラがいるわけです。

となると、そのキャラが登場してくるシーンは飛ばされるし、からんでいるストーリーの内容も変更になってしまうし、時系列の変更もあったりします。だから、原作を読んでいる人からすると、あれれ???と思うことがあるんですよ。

ここ数回の間ででカットされているのは、蝮のお銀&稲妻強盗こと坂本慶一郎と姉畑支遁です。

今回のストーリーでは、フチの夢の話を聞いてアシㇼパはそのまま村には帰らずに網走監獄へ向かうことを決意しますが、それは原作でも同じです。

ただ、原作では蝮のお銀と稲妻強盗が登場しているため、彼らが死んだ後に残された赤ちゃんを鶴見中尉が安心してまかせられるところに・・・とフチのいるコタンに置いていくんです。

アイヌの女は、血がつながっていようがそうでなかろうが子供は大切に育てるので、フチが育てる感じにまとまっていました。アシㇼパがいなくなって死装束まで用意し始めてしまったフチにまた生きがいができたんだから、大丈夫だねっていう流れになっています。

アニメでも、フチがどうなったのか何かあったら良かったですね。これからあるのかな・・・
今のところは、谷垣が電報を打っておくという程度だったと思います。

スポンサーリンク

あとは、姉畑支遁が登場していないのは、かなりアニメのストーリーに影響されています。

今回のアニメのストーリーでは、アシㇼパと出会えた谷垣たちは、あるアイヌにもらった情報がきっかけでアシㇼパと出会えたという設定。

そして、そのアイヌたちの村に行って、ヒグマを送る儀式に参加します。さらにその情報を提供してくれたアイヌは、二瓶鉄造のことを知っていて、二瓶の飼い犬だったリュウもそのコタンまで追いかけてきて再会できたというお話。

ところが原作では、そもそもアシㇼパたちと再会できた時に、谷垣はいません。姉畑支遁と間違えられて、今回のアニメで情報をくれたアイヌの村の男たちに追われていたんです。理由は、姉畑支遁が動物を穢した上に殺していたからです。

そして谷垣は、捕まってコタンに連れて行かれた時に杉元たちと再会。
杉元たちは、3日間で本当の犯人を探すという約束をして、ヒグマを襲おうとしていた姉畑支遁を捕まえようとするんです。まぁ、結局本人は亡くなってしまったんだけど。

その後、谷垣の濡れ衣が晴れて、ヒグマを送る儀式が行われます。そこからはアニメと同じですね。

今回のアニメでは、尾形の重い過去のお話も描かれていたのですが、見終わった後には、ほのぼのした印象の方が強く印象に残っていました。それって、鶴見中尉・鯉登少尉・月島軍曹のやりとりが笑えるからでしょうか・・・

鶴見中尉と話す時だけ早口の薩摩言葉になってしまう鯉登少尉。
それを月島軍曹に通訳してもらおうと思って、そっと耳元で離すんだけど、それをそのまま鶴見中尉に言えよってぐらい普通に通じる言葉でしゃべってます(笑)

それに、なんだか月島軍曹も笑える・・・
だって、月島軍曹って鯉登とか二階堂とか個性ありすぎの人に絡まれてばっかり(笑)
面倒見が良いと言うか、面倒ごとばっかり抱えちゃうというか・・・

鯉登少尉が語る「通訳いらないじゃん」というセリフをいちいち伝えているところが笑えました。

ゴールデンカムイ(アニメ2期)19話の感想ネタバレまとめ

尾形の過去の思い出はかなり暗いというか、重い内容でした。父にも母にも愛されなかったというか、小さい頃に身内を殺してしまおうという発想があったというのが驚きでしたね。

でも、そんな尾形がどんどんアシㇼパたちに馴染んでいっている様子がちまちま描かれているので、なんだか嬉しかったですね。それは原作の漫画でも同じです。

誰もが戦争を経験している時代の話なので、過去は辛いことばっかりなんだろうけど、アシㇼパたちと一緒に過ごすことで人間らしくなってくるとか、相手を主やる気持ちがあるというのを見ると、心が温かくなります。

あらすじ・感想の各話一覧
ゴールデンカムイの動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第20話の感想はこちら

以上、「ゴールデンカムイ(アニメ2期)19話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)重い尾形の過去」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© オタク主婦のアニメ・ドラマ・まんが情報 , 2018 All Rights Reserved.