アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

不機嫌なモノノケ庵(アニメ2期)10話の感想ネタバレ!榮に化けたヤヒコ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

不機嫌なモノノケ庵 第10話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

不機嫌なモノノケ庵 續 第10話「黒遣(こっけん)」

前回9話では、芦屋の母が病院に運ばれました。妖怪・アラナキが憑いていたのが原因で、母親から離すとすっかり元気に!

そしてその時に、母の口から父親に似ていると聞かされ、芦屋の父・榮も妖怪が見えたのではないかと芦屋は思います。

そして、家に帰ると姉も帰省していて…
芦屋の父・榮が、どんな人物だったのか?という謎が少しわかってくるお話でした。

今回の10話では、安倍が色々と調べているお話がメインです。

では、ここから「不機嫌なモノノケ庵(アニメ2期)10話の感想ネタバレ!榮に化けたヤヒコ」についてまとめます。

スポンサーリンク

不機嫌なモノノケ庵(2期)10話 あらすじ

安倍は、立法の元で芦屋の父・榮のことを調べていました。
しかし、特にこれといった情報を得ることはできません。

その頃学校では、文化祭が開催されています。安倍と芦屋のクラス1年2組はハロウィン喫茶。学校に戻った安倍は、死神の衣装を着せられ、芦屋は魔女の格好で学校中を宣伝してあるきまわります。

そして、ふたりの元に来た禅子から、ヤヒコと一緒に文化祭に来て見失ってしまったと聞かされます。

いたずらをしていたヤヒコを捕まえた安倍は、しかたなく学校のことは芦屋にまかせてヤヒコと遊んであげることに…

そして、たまたま聞いてみたところ、ヤヒコから情報を得ることに!

不機嫌なモノノケ庵(2期)10話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、10巻の第50話と11巻52話の途中までのお話で、51話はごっそり飛ばされています。

不機嫌なモノノケ庵 10巻

不機嫌なモノノケ庵 10巻

不機嫌なモノノケ庵 10巻

[著者]ワザワキリ

 

不機嫌なモノノケ庵 11巻

不機嫌なモノノケ庵 11巻

不機嫌なモノノケ庵 11巻

[著者]ワザワキリ

今回のお話は、描かれている内容そのものは原作とほぼ同じなんですけど、描かれる順番が違ったり、ごっそり抜けている部分があります。

順番が違うというのは、ヤヒコを連れてきちゃった理由を禅子が話すシーンですが、まったく違和感は感じませんでした。かえってアニメならこの方がわかりやすいって思いましたね。

でも、ごっそり抜けていた部分はどうなるのか気になるんですよ。
いつ出てくるのかなって。

まず、話の流れに沿ってまとめていくと、まず安倍が立法のところで芦屋榮のことを調べています。

その後、学校に戻って文化祭にしぶしぶ参加していたところで、ヤヒコが来ていることを知り、学校から連れ出すことに…

ヤヒコと遊んであげた安倍は、ヤヒコが芦屋榮に化けたのを見たり物怪庵の奉公人だったとも聞きます。

ここまでは、原作コミックとアニメはほぼ同じです。
ところが、原作でのこの続きが、アニメでは飛ばされています。

スポンサーリンク

内容的には、安倍がヤヒコが榮に化けたことを芦屋に話した結果、芦屋は見たいと大騒ぎしたりします。そして、安倍はヤヒコから聞いた話のあとに、榮と直接関係していたのはアオイだけだったろうと推測して、調べた結果を芦屋に話しています。

業務報告書に、アオイが他の人にはわからないように記していた猫の絵で、おおよその死亡時期がわかったと…

そのことに関する具体的なことを芦屋に話す安倍は、芦屋が子ども時代に1度だけ会ったという榮に関しても、たぶん…という具体的な話をしています。

この部分は、きっと何らかの形で後日放送されると思うので、その時に詳しく書きますね。
きっと、今回の2期の重要ポイントだと思いますから。

このざっくり飛ばされている部分が、11巻の51話なんだけど、52話の出だしもちょこっとカットされています。

芦屋が、なんとかヤヒコに榮の姿に化けてもらいたくて、連日シュークリームやらお団子やら差し入れしているのに、食べるだけ食べて化けてくれないというシーン。これも最終回までに見れるかな?

アニメでは、その続きが描かれ、安倍と芦屋は妖怪・コモンのところへ行きます。
今回のアニメでは、そこでコモンと会ったところで終了となっています。

でも、ここでも原作とは時系列が違う描写が今回描かれています。

このコモンからの依頼は安倍が奉公人時代のものなので、アニメではアオイ(猫)が登場しているんです。
原作コミックでは、確かに過去の依頼っていうのは同じなんだけど、安倍の子ども時代やアオイはこの時点では描かれておらず、あとかた出てきます。

少し順番が違うだけなんで、わかりやすくていいかもですね。

アニメのアオイの声は岡村明美さんが担当されているので、なんだか馴染んで聴き心地がいい…
ONE PIECEのナミの声で聞き慣れているから。

それに、猫好きなので、好印象です。

不機嫌なモノノケ庵 續 10話 感想ネタバレまとめ

コモンの最初の依頼の時の、小さな安倍が可愛かった~~~。
アオイがいざ登場してくると、気になることはさらに増えてしまいますね。

アオイと安倍の関係とか、なんで安倍があんなに小さい頃から奉公人をやっていたのかとか…

芦屋榮のことも気になるし、知りたいことが増えてしまったようなストーリーでした。

次回「帰居(きい)」

コモンと、一緒に暮らしてきた五つ子の小鳥兄弟のお話です。

あらすじ・感想の各話一覧
不機嫌なモノノケ庵(1期・2期・漫画)のあらすじ・感想ネタバレまとめ!

↓次の2期第11話の感想はこちら

動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「不機嫌なモノノケ庵(アニメ2期)10話の感想ネタバレ!榮に化けたヤヒコ」でした。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら