アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ラジエーションハウス(実写ドラマ)の感想ネタバレ!原作漫画との違い

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」は、横幕智裕さん(原作)・モリタイシさん(作画)の漫画を実写ドラマ化した作品です。

主演は窪田正孝さんで、月9ドラマ初主演だそうですよ。

この記事では、「ラジエーションハウス(実写ドラマ)の感想ネタバレ!原作漫画との違い」についてご紹介します。

スポンサーリンク

ラジエーションハウスの基本情報

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~
2019年4月8日(月)夜9:00~放送スタート

原作は、グランドジャンプで連載中の漫画「ラジエーションハウス」

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

Dr.コトー診療所動画・見逃し配信情報(無料体験可)

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

この作品はフジテレビ放送ですから、FODプレミアムで観ましょう!

キャスト

五十嵐唯織:窪田正孝
幼い頃に大好きだった幼馴染・杏と放射線技師になって一緒にいるという約束を果たすために、医師免許があるにも関わらず、放射線技師にこだわりつづける28歳。
杏に思い出してもらおうと頑張るが失敗ばかり。
コミュ障で周りがよく視えていないのに、隠された病気はよく視えるという天才的な技術と知識を持っている。

甘春杏:本田翼
天春総合病院の一人娘で、放射線医。28歳。
弟を事故で亡くし父親も倒れてしまったことで、病院を守るのは自分しかいないと思い込みすぎており、放射線技師はただマニュアル通りに写真を撮っているだけだと仕事そのものからバカにしていた。
五十嵐唯織によって、自分の甘さや未熟な部分を見せつけられますが、徐々に素直に信頼していくようになる。
幼馴染の五十嵐唯織のことを覚えていない。


 
広瀬裕乃:広瀬アリス
短大を卒業したての21歳。
あまり要領の良い方ではなく、自分に自信を持てないことも…
覚えるのは早いけれど、忘れてしまうのも早いのが玉にキズ。

 
小野寺俊夫:遠藤憲一
ラジエーションハウスの技師長でもある診療放射線技師。
年齢は51歳。喫煙不可の場所でもタバコを吸うなど適当な部分もあり。
AI(死亡時画像診断)に強い思い入れがある。

黒羽たまき:山口紗弥加
診療放射線技師。
年齢は39歳。

鏑木安富:浅野和之
診療部長でもある放射線医。
年齢は55歳。大森渚が委員長であることが不満

大森渚:和久井映見
天春総合病院の委員長。
年齢は53歳。
五十嵐唯織が、厳しいことで有名な世界的に著名な教授に褒められた様子をその場で見ていたため、彼の力を高く評価している。院内で唯織のことを最も理解している人。

軒下五郎:浜野謙太
診療放射線技師。
年齢は34歳。

威能圭:丸山智己
無口な診療放射線技師。
年齢は37歳。
小野寺からAI(死亡時画像診断)をやらないかと誘われて天春総合病院に来た。

悠木倫:矢野聖人
パーツオタクの診療放射線技師。
年齢は22歳。
お酒を普段は飲まないが、飲まされてしまうと可愛くなってしまう


 
辻村駿太郎:鈴木伸之(劇団EXILE)

ラジエーションハウス原作コミックのあらすじ

ラジエーションハウス 1

ラジエーションハウス 1

ラジエーションハウス 1

[原作]横幕智裕 [漫画]モリタイシ

診療放射線技師の五十嵐唯織は、勤めていた病院で誤解されてクビになってしまいます。コミュ障の五十嵐は悪気はないものの、周りの空気がよく読めずに余計なことを言ってしまうからです。

そして、彼は天春総合病院で診療放射線技師の募集が行われていることを知り、慌てて応募し、中途採用されることになります。

実はこの病院は、五十嵐がどうしても勤めたかった病院。
この病院の娘である天春杏は、五十嵐の幼馴染であり、将来放射線医となる彼女と、放射線技師になって一緒に働くという約束を果たすためにずっと働いてきたのです。

しかし、実際に働きだしてみると、昔の杏とはだいぶ違う感じで、五十嵐のことにもまったく気づきません。

なんとか気付いてもらおうとがんばっても、裏目に出るばかり…

しかし、実は医師免許も持っている五十嵐は、診療放射線技師として天才的な才能を持っていました。そのため、最初は自分の診断が甘かったことなどでいた天春杏も、徐々に彼のことを信頼して意見を聞くようになっていきます。

コミュ障の天才診療放射線技師が、患者の気持ちを汲み取って、他の人には視えない病を発見して救っていくお話です。

ラジエーションハウス原作コミックの感想

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

ラジエーションハウス 2

ラジエーションハウス 2

ラジエーションハウス 2

[原作]横幕智裕 [漫画]モリタイシ

この原作コミックは、実写ドラマ化されると聞いてから読んでみたんですけど、何で今まで読んでいなかったのか!?と後悔するほど面白かったです。

もともとドラマは医療系がもっとも好きなジャンルですから、マジで実写ドラマ化は嬉しい!基本実写化されるのが嫌な私が嬉しいと言うなんて珍しいんですけど。

医療と音楽がテーマの作品は、絵と文字だけの漫画にはない音や空気感などをドラマで観ることができるから、実写化は大歓迎です。医療ものは、病気の説明などの専門用語が難しいので、わかりやすく視覚と音声で説明してもらえるドラマはより理解できますからね。

ラブコメなどの恋愛系や学園ものの実写化には辛口になるけど…(笑)

この作品の面白いところは、まずシンプルにラジエーションハウスでのお話に絞られているってことでしょうかね。医局とか他の科のことなどは入ってきません。

だから、放射線医と放射線技師の仕事に特化して集中して観れるところがいいです。

次に、毎回どんでん返しがあるところでしょう。
一度はこうだって診断が出たものの、五十嵐が気になって調べたら実はこうだった…っていう展開になったり、そんなのわかるわけないよねってことを、五十嵐がわかっちゃったり。

ヘタレでコミュ障の彼が、実は天才的な才能を持っているというのも面白さのひとつ。そして、杏との約束を果たすことにこだわっているため、偉ぶることもせず、彼の毎回の実績が嫌味に思えないこともいいです。

この原作コミックを読んだ時に思い浮かんだのが、「能ある鷹は爪を隠す」だったんですよ。
普段はまったく凄さを見せないのに、いざという時には、力を発揮してヒーローみたい!

さらに、患者さんと何気にばったり交流することも多いんだけど、一緒に泣いちゃったり、とっても人情派の面もありますね。

書いたらもっと出てくるぐらい、主人公の五十嵐唯織は魅力的なキャラです。

そして、他のキャラも個性的で、私のもっとも好きなパターンです。
チームって感じになっていくから。

そして、そこにちょい悪も入ってくるという王道パターンがいいですよ。
ちょい悪は、診療部長の鏑木安富ですね。彼は病院長を狙っているから、自分の立場を優位にしようとか思っているんだけど、すごい意地悪をするってわけではないので、お笑いモードになっている程度のちょい悪ぶりです。

ためになる病気の情報もわかるので、原作コミックも実写ドラマもチェックしていくといいですよ。絶対面白いから!

実写化情報

キャストについて

この作品の実写化に関しては、不思議と違和感はまったくわきませんでした。

たぶん、とても好きだとか、この方の出演作品はよく観るというような俳優さんが多く出ていることもあって、自分の中のキャラのイメージと俳優さんの私が持っているイメージが合ったのだと思います。

特にメインの五十嵐唯織役の窪田正孝さんと、天春杏役の本田翼さんは、このふたりが演じてくれて嬉しいって感じ。

原作コミックの五十嵐唯織は、杏のことになると変態か?と周りから思われてしまうような態度をとったりするんだけど、それ以外ではいたってコミュ障だから大人しくて暗めなんです。

窪田正孝さんは、今までの作品の中でも、口数が少ないって役をやっていましたから、そのインパクトから私の中ではどちらかというと大人しくて無口なイメージがあったんですよね。だけど、ここぞって時には素晴らしい働きをするような…

そういうところは、唯織にぴったりではないでしょうかね。

杏に関しては、真面目で一生懸命だからこそ空回りしていたのが、唯織の登場で徐々に素直になっていくキャラです。だから、がんばりすぎて頑なな部分と、ふと気を抜いた時の素直な部分とのギャップが結構あると思っています。そういうところが、私の中の本田翼さんのイメージにも合う感じ。

それ以外にも、遠藤憲一さん・山口紗弥加さん・浅野和之さん・和久井映見さんは、キャラの雰囲気にバッチリですよね。ドラマを観る前からなんとなく雰囲気が伝わってくるような感じがするほど、個人的にぴったりという感じです。

原作コミックとドラマの違い

いざ放送が始まって観たところ、かなり原作とは違っています。

まず大きく違うのは、原作は本当主人公・五十嵐唯織と甘春杏を中心に話が進むのに、ドラマでは広瀬アリスさん演じる広瀬裕乃がかなり目立つ存在になっています。

どういうことかと言うと、漫画の場合心配しておせっかいをやいたり、気になって様子を見たりするのもすべて唯織です。でもドラマでは、広瀬裕乃がその役割を持っていて、毎回山口紗弥加さん演じる黒羽たまきに、余計なことはしないようにつっこまれています。

漫画の広瀬裕乃は、本当に普通の新卒の新人で、一緒に配属された唯織を見ているうちに自分に自信がもてなくなっていきます。

彼女がメインになるお話があって、そこからは自信を持ってがんばろうって思えるようになりますが、ドラマのような熱血キャラではまったくないです。

このキャラがドラマではかなり色々おせっかいをやいたり、あれこれ考えるからなのか、ドラマの本田翼さん演じる甘春杏の心のうちはあまり出てきませんね。ここも大きな違いでしょう。

漫画では、出だしから唯織と杏のお互いの気持を順番に描いているかのように、彼女が戸惑ったり迷ったり…ってシーンがめっちゃ多いです。そのせいか、強気でがんばっている部分から、子供っぽい素も出てきたりして、ギャップが楽しめるのですが…

ドラマの杏はちょっと硬いですね。

キャラと言えば、丸山智己さん演じる威能圭は、もう全くの別人です。
笑っちゃうほど真逆!!

漫画の威能圭は、しゃべると驚くほどのイケメンボイスなんだけど、ほぼしゃべりませんってぐらい無口。だけど、ドラマの威能圭はお偉いさんの奥さんを黙らせちゃうほど女心をうまくころがすモテ男です。

トラブルがあって困るぞって時に、うまく手なづけて問題解決してました(笑)

そして!!
キャラの扱いの違い以外に、ストーリーそのものにも大きな違いがあります。

ストーリーがかなり違いますね。
例えば、ドラマ第1話と2話を例にしてみると…

1話の場合は、病気に関することは同じです。
有名な写真家が頭を痛がって倒れてしまい、その原因がわからず大変な状態に!ってお話。

娘の結婚式で写真を撮りたいのに…っていうのは同じですが、漫画では撮ってほしいと娘から頼まれています。病院に行けと厳しく言っていたのも娘で、離婚したあと苦労をかけてしまったという設定。

つまり、漫画のこの親子は仲がいい!
でも、ドラマは逆でめっちゃ仲が悪くて、ひどく娘は父を恨んでいます。そして、関係を修復する内容が大きく取り上げられていますね。

2話は足を痛がる息子と母親のストーリーですが、母親の病気が同じガンでも部位が違います。漫画では乳がんですが、乳がんは次回3話で別の患者のテーマになっています。

それに、離婚したシングルマザーという設定は同じものの、ガンで全摘したことで女らしくない体に自信をなくしてしまった主人公が、耐えられなくて離婚しています。だから、最後は本人が自分の病気を受け止め、素直に元夫に甘えることにした結果、復縁して幸せな家庭を築き直します。

ドラマでは、浮気男と離婚してますから、母子家庭のままで病気を抱えた母親の大変さは変わらず。

さらに、ガン発症率の高い家系だとわかって、母親は息子も将来ずっと苦しむのかとショックを受けます。しかし、病院が力になる!早期発見するよう一緒にがんばろうって形で終わっています。

かなり違うお話でしょう?

でも、不思議と原作ファンの私でも、さほど違和感は感じません。
ドラマという媒体で、違う作品に展開されたような感覚というか…

これがアニメだったら、なんでこんなに原作と変えるのか意味がわからん!とか文句を言っているんでしょうけど、人が演じる以上、漫画のような印象に見せることが難しい点も多々あるので、実写ならではの個性で見せてくれるのも楽しくていい感じです。

以上、「ラジエーションハウス(実写ドラマ)の感想ネタバレ!原作漫画との違い」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら