アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

進撃の巨人3期(アニメ)51話の感想ネタバレ!新兵器「雷槍」がすごっ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

進撃の巨人3期51話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第51話「雷槍」

前回50話では、ウォール・マリア奪還作戦がスタートし、エレンがシガンシナ区の外門を封鎖しました。そして、アルミンの指示で壁を探したところ鎧の巨人が出現!

今回の51話では、鎧の巨人との戦いで新兵器「雷槍」が新登場します。

では、ここから今回の「進撃の巨人3期(アニメ)51話の感想ネタバレ!新兵器「雷槍」がすごっ!」についてまとめます。

スポンサーリンク

進撃の巨人3期(アニメ)51話 あらすじ

壁の中にいた鎧の巨人を発見したあと、獣の巨人を中心とした巨人の大群も出現します。それによって、調査兵団は完全に包囲されてしまい、獣の巨人の投石によって馬による脱出もできなくなってしまいます。

そして、さらに巨人たちは馬を殺して完全に逃げられないようにしようと襲ってくる!!

エルヴィン団長は、考えたあげく、兵士を分けて足となる馬を死守すると同時に、鎧の巨人の打倒に全力を注ぐことにします。

そして、鎧の巨人を倒すために調査兵団が用意したものは…

動画・見逃し配信情報

進撃の巨人3期動画見逃し配信状況

配信終了する可能性もあります。
最新の配信状況の他レンタル・見放題の状況など各サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

進撃の巨人3期(アニメ)51話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、19巻の75話~76話までのお話です。

今回のストーリーは、ほぼ原作どおりで見応えのあるものでした。

巨人たちに包囲されたうえに、獣の巨人の投石によって、馬を使っての外部への脱出が簡単にできなくなった調査兵団。

エルヴィンは、すごく考えていたんですよね。
そして、馬を死守することと、鎧の巨人を打倒することを班ごとに分けて指示するのですが、リヴァイだけは別行動で獣の巨人の討伐を指示します。

今この時!!
この一戦に!!
人類存続のすべてが懸かっている

今一度人類に…
心臓を捧げよ!!

エルヴィンのこのセリフと同時に兵士たちは飛び出していくのだけど、アニメのこのシーンはすっごく好き♪とくにこのアニメは、動きがとにかくすばらしい描写になっているので、スピード感がめっちゃかっこいいです。

そしてエルヴィンは、鎧の巨人についての現場指揮をハンジとアルミンにまかせることに…

みんなが動いた後、鎧の巨人であるライナーは壁の上に登りきり、馬の位置を確認。
そして、あの馬を殺してしまいさえすれば、あとはただ待っているだけで補給線を絶ってあとは待つだけ…そうすれば、消耗したエレンを奪い去るだけなどと考えているわけです。

しかし、黙ってそんなことをさせる調査兵団ではありません。
馬を守るために、エレンを囮にする作戦に出ます。

ライナーも、それがどういう意味なのかはわかってはいますが、エレンをそのままにしておくことはできず、エレンを追うしかありません。もうここらへんは頭脳戦でもありますね。

このあとに、馬を引いて移動させているマルロたちのシーンが出てきます。
ここで、馬に向かって走ってくる巨人たちを見て、初めて巨人を見たという反応を示すマルロ。

わかってはいたのだけど、やっぱりびっくりというか…
ここまで巨人と長い間様々な戦いをしてきたというのに、今頃初めてみるの?っていう人たちが調査兵団として数多くいるわけですからね…

戦力が落ちているわけだ…
妙に納得。

そして、馬に向かってくる巨人をあっさり倒したのはリヴァイ。
ただ、なんだかすごく息を切らしているんですよ。それがすごく気になりました。

それだけ、体力を消耗するほど他の兵士たちの分まで動かなくてはいけないってことでしょう。

クソ…
うんざりだ
弱ぇ奴はすぐ死ぬ

雑魚はそこにいろ

このセリフは、エルヴィンに出てくるなってことですね。
どんどん戦力的に厳しい状況になっていく中、リヴァイがエルヴィンの存在を非常に重要視していて、彼がいなくなればもう先はないと思っていることを表していると思います。

そんなエルヴィンは、過去から今まで、自分は自分の夢のために戦っているのだと考えていました。今までも彼が自分の夢のために戦っているとわかるシーンはありましたが、今回のこのシーンはなんだか重みを感じます。

目の前で戦力が弱くなっている調査兵団を見ながら、そうでもしてこなければここまで来れなかったと思いつつも、それだけ多くの仲間たちが人類のために心臓を捧げて死んでいったというのに、個人の目的のために戦っている自分…

しかも今回は、リヴァイが強く反対したにも関わらずこの場にいますから、エルヴィンが調査兵団の団長という思い責務を全うしながらも、自分の意志を優先したということは、後々大きなポイントになっていきます。

スポンサーリンク

一方、鎧の巨人とエレンの戦いは、激しい状況になっています。お互いに譲らない戦い!
ところが、エレンが絶好の機会を作ります。

そして新兵器「雷槍」の投入!!

いや~~~。
この雷槍のシーンは、やっぱりアニメが最高です。
迫力ありますよね。

それにすごい破壊力!
こういう新しい試みは、新たなものを作り出していきますよね。

もともと立体機動装置もそうだけど、巨人と戦いながら編み出されたもので、この国独自のもの。今まで数多くの仲間たちが死んでいったのも無駄にはなっていないと思えてなんだか嬉しいです。

そして、最初にみんなが一斉に攻撃をしたあと、鎧がはがれてきて効果を確認した時、みんな顔色が変わりましたよね。

サシャが鎧の巨人とは言わずに「ライナー」って言った時には、なんだか切なくなりました。
覚悟してわかってはいても、やっぱり仲間を殺すっていうのは、割り切れないのでしょう。

そういえば、3期が始まった最初の頃にも対人戦闘することになって、人を殺すことに耐えられずに苦労してたっけ。それが元仲間のライナーなわけですから、さらなる覚悟が必要なんだけど…

次回は、どうなるのか…
ライナーがやられたのか?というところで、今回は終了でした。

進撃の巨人3期(アニメ)51話感想ネタバレ まとめ

あらたな雷槍が戦いに投入されて、今回のストーリーの中ではいい感じの戦いをしています。

無駄な交戦をしないためにと馬を狙ってくる獣巨人の考えに対し、それを阻止して鎧の巨人を倒すというエルヴィンの作戦。

力の強さはもちろん、頭脳戦もお互い張り合ってくるので、さらに面白い展開になっていきますよ。

次回は、「光臨」
ベルトルトが登場して、彼もまたすごい覚悟をしつつ戦いに臨んできます。
マルコの死の真相がわかるのでは?

あらすじ・感想の各話一覧
進撃の巨人3期あらすじ感想ネタバレ総集編!各話・各巻一覧他

↓次回第52話の感想はこちら

以上、「進撃の巨人3期(アニメ)51話の感想ネタバレ!新兵器「雷槍」がすごっ!」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら