TOKYOエアポート

深田恭子さん主演のTOKYOエアポート(ドラマ)のあらすじ&感想をまとめました!

この作品は、フジテレビ系列「ドラマチック・サンデー」枠で放送された番組です。

スポンサーリンク

TOKYOエアポート(ドラマ)動画のあらすじ

もっとも多くの飛行機が行き交う空の交通過密地帯である東京国際空港…通称・羽田空港。

空港のグランドスタッフとして働いていた篠田香織(深田恭子)は、航空管制官になる夢を叶えるために厳しい研修を受け、羽田空港管制部に配属されることになりました。

ずっと夢にみていた仕事…

しかし、一瞬の判断ミスが大惨事につながるため、極度の緊張を強いられます。
この世界で最も困難と言われる職業のひとつである仕事なのです。

管制官としてスタートした篠田と、一緒に働くスタッフたちとの人間関係・次々と起こるトラブルを乗り越えていく様子などが描かれていきます。

また、空港職員が日々どんな仕事をしながら安全を守っているのか、お客様からは見えないところでいかに命を守るために奮闘しているのか…

実際にあったエピソードなども含め、様々な要素を織り込んだ感動のドラマです。

スポンサーリンク

TOKYOエアポート(ドラマ)動画の感想

この作品は色々な意味で面白いと思い、ドハマリした作品でした。

管理人管理人

まず、出演者の英語の発音にびっくり!!
役者さんたちは、どれだけ英語の訓練をしたんでしょうか…

長いセリフだけでも噛みそうなのに、英語をスラスラと言うシーンはとっても好きです。
特に深田恭子さんがすごかった!!

次に、管制官という一般ユーザーがなかなか知ることのできない仕事の裏側が見えるというのが、面白いですね。飛行機によく乗る人はもちろん、乗ったことのない人でも、空という広い空間を飛ぶ飛行機が、どのように他の飛行機とぶつかることなく離発着するのか?って疑問に思ったりしますよね。

映画などで、パイロットがやり取りしている様子を見ても、実際はどうなのかと思ったり…
飛行機が飛んで乗る

このドラマを観ると、そういう疑問が解決します。
時間どおりにいかない中で、管制官がいかに頭を使いながら緊張して、飛行機を誘導しているのか…
そのシーンを毎回見るわけですから、すごい仕事だな~と感動します。

あとは、新人管制官である篠田香織(深田恭子)が成長していく様子と、彼女の影響で周りの管制官が変わっていく様子が描かれていくところがいいです。それぞれ個性が強かったり悩みがあったりするわけですが、篠田の影響で変わっていくのがとてもいい!!

篠田って元々グランドスタッフだったため、考え方とかちょっと違うんですよ。
管制官以外と接することも多かったことから、パイロット目線で対応するとか、新たな空気を職場に取り込んでいきます。

ハラハラする展開と、温かい感動エピソードが盛りだくさんのドラマで、毎回ジーンと感動します!

以上、「TOKYOエアポート(ドラマ)動画情報!深田恭子の英語の発音が素晴らしい」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。