アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

彼方のアストラ(アニメ)1話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)惑星キャンプでの危機

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

彼方のアストラ1話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

彼方のアストラは、「マンガ大賞」大賞や「このマンガがすごい!2019」オトコ編3位を受賞している大人気コミックが原作です。

原作コミックを読んだ方ならおわかりでしょうが、とにかく面白い!!
アニメは音や色がある分、より迫力がましていますから、必見です。

第1話「PLANET CAMP」

では、ここから「彼方のアストラ(アニメ)1話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)惑星キャンプでの危機」についてまとめます。

スポンサーリンク

彼方のアストラ(アニメ)1話 あらすじ

宇宙旅行が当たり前になった時代のお話。
ケアード高校では、自然公園・惑星マクパへ惑星キャンプへ行く行事があります。

そして、西暦2063年。

ケアード高校B5班のメンバーは、カナタ・アリエス・ザック・キトリー・ルカ・ウルガー・ユンファ・シャルス。加えて、B5班の特別課題のためにキトリーの妹・フニシアも同行し、9名が惑星キャンプでマクパに向けて出発します。

無事に惑星マクパに辿り着いた生徒たち。
しかし、突然謎の大きな光の球が現れ、彼らは吸い込まれてしまいます。

吸い込まれてしまった先は宇宙。
宇宙に放り出されてしまった9名は、無事に帰ることができるのか!?

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

彼方のアストラ(アニメ)1話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、1巻の1話~2話までのお話です。

彼方のアストラ 1

彼方のアストラ 1

彼方のアストラ 1

[著者]篠原健太

最初は、アリエスが宇宙にひとりで取り残されているシーンから始まりました。
ハラハラさせたあとで、キャンプ前日に準備をしているアリエスのシーンが続きます。

緊張感のあるシーンからほのぼの母娘の会話シーンになるので、ここから何が起こるのか?という期待感が増しますね。

その後、しばらくはお笑いシーンが続きますが、原作と同じです。
個人的に、アリエスが「ひったくり」のことを「知ったかぶり~~」って叫ぶところがツボにハマってしまいました(笑)

ワッショイワッショイも笑えた…というか、アリエスとカナタのボケに突っ込む先生が笑える…

ここからは本格的に、この作品のテーマ内容に入っていくわけですが、セリフはもちろん細かい部分が原作とちょっと違ったり追加されていたりするので、よりリアルさが増しているような気がします。

例えば、アリエスがカナタに冷凍みかんをあげてお礼をしたり話していたシーンで、ウルガーがうるさいと言いたそうにため息をついているとか…マクパに到着した時に、ルカが写真を撮りまくっているとか…

あと、カナタのシューズが壊れるシーンもありますね。
これはあとで何度か重要なことに絡んでくる部分でもあるので要チェックです。

このあと、大きな光の球が突如出てきて、吸い込まれてしまった生徒たちは宇宙に放り出されたあと、船を見つけてそこへ避難。
この発見した船に乗り込むまでのシーンだけでも伏線が2つ、3つは張られています。

その後、アリエスだけが装置が壊れて船にいないことがわかり、彼女を助けにカナタが向かうんだけど…
その時のアリエスの状態が、今回の最初に流れたシーンですね。

ここまで観た時に、あ~~~感動シーンだよね~~~漫画と同じだ~~とか思っていたんだけど、アニメは違った!!

さらに感動しちゃえるような追加シーンがありましたよ!!

原作コミックだと、アリエスの元に行ったカナタは、とりあえずワイヤーの元まで戻り、それを仲間に回収してもらってアリエスとともに船に無事戻ります。

ところがアニメではさらにトラブルが発生しているんですよ。
カナタは残っていた推進剤を使い切って、あとは慣性で戻ろうとするんだけど、ウルガーが微妙に方向がずれていることに気づきます。

このままだと船とすれ違ってしまう!!

ここからが感動ですね。キトリーやフニシアがアリエスに友達になりたいと言われたことを思い出したりして、なんとか助けたいと涙をこぼし…

ザックのアイデアによって、全員力を合わせてカナタとアリエスを回収するんです。

これは良かった!!
最高!!

スポンサーリンク

しかし、全員が揃ってからはシビアな現実がわかってきます。

捜査が絶望的な5012光年に放り出されてしまったことや、この宇宙船ではまっすぐ帰ることができないことなど…

ここでまた原作とアニメで違っている部分がありました。

それは、カナタが「暗闇なら手を繋ぐしかねえ」とバラバラにならないよう仲間たちに話した後に、みんなが実際に手をつないで自己紹介をするシーン。
これは原作コミックにはありませんね。

さらに、水と食料のある惑星に立ち寄りながら帰ることは可能なのでは?というアイデアを出したのが、原作ではアリエスなのにアニメだとカナタになっています。

個人的に、ここぞって時にいい事を言うアリエスが好きなので、カナタの意見から惑星を寄る話になっていったのは残念でした。

でも、ここで自己紹介のシーンがあったのは、とても良かったです。
チームワークがいいってことですからね。

この先、揉めながらもなんだかんだうまくやれるというのも違和感なくなるでしょう。

最後は、最初の目的地であるヴィラヴァースを目指すところで終わりでした。

彼方のアストラ(アニメ)1話感想まとめ

基本的には原作に忠実。
だけど、部分的にアニメならではの追加や修正が入っているって感じでした。

原作の漫画から入った私でも違和感なく、より面白くなっていると思いましたね。

ここからはサバイバル!!
色々な謎も飛び出してくるはずなので楽しみ♪

次回「WILDERNESS」

あらすじ・感想の各話一覧
彼方のアストラ(アニメ)のあらすじ・感想(ネタバレ注意)登場人物も紹介

↓次の第2話の感想はこちら

以上、「彼方のアストラ(アニメ)1話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)惑星キャンプでの危機」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら