アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

彼方のアストラ(アニメ)10話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)世界の秘密と刺客の正体

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

彼方のアストラ10話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第10話「CULPRIT」

前回の第9話では、B5班メンバーの共通点と「B5に入れて一斉殺処分」されそうになった理由がわかりました。

今回の10話では、世界の秘密の一部と刺客の正体がわかります!

では、ここから「彼方のアストラ(アニメ)10話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)世界の秘密と刺客の正体」についてまとめます。

スポンサーリンク

彼方のアストラ(アニメ)10話 あらすじ

自分の母星は地球なのに、カナタたちの母星は惑星アトラスだと知り、動揺するポリーナ。そして、B5班のメンバーたちと、お互いの母星の話をすり合わせて、様々な仮説をたてていきます。

しかし、仮説を言い合っているだけでは本当のことはハッキリわかりません。
そのために、世界の謎はひとまず置いておき、まずはアストラへ早く帰ることを目指します。

そして、最後に立ち寄る惑星ガレムへ到着する前に、カナタはアリエスの部屋を訪れます。

それはあることを確認したかったからでした。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

彼方のアストラ(アニメ)10話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、5巻の38話~42話までのお話です。

彼方のアストラ 5

彼方のアストラ 5

彼方のアストラ 5

[著者]篠原健太

前回は、自分たちがクローンだという残酷な真実を知ったB5班のメンバーたち。
そして今回は、さらに世界の秘密から刺客が誰なのかまでをも知ることになります。

クローンという事実だけでもびっくりだったので、初めて原作コミックを読んだ時にも、まさかさらに秘密があるなんて思っていなかったんですよ。

なのに、こうも次々と衝撃の事実が出てくるとは!!

まずストーリーは、前回の最後の映像で出てきたカナタたちが目指しているのは惑星アストラだというところから始まります。

同じ人間で言葉も通じるというのに、なぜこうもB5班メンバーとポリーナの認識が違うのか…
母星の違いもそうですが、それ以外にも不自然なほど違う部分が多いのです。

そして、歴史をすりあわせていくことで、アストラの人間は地球から移住してきた地球人としか考えられないという状況に…

そして、今まで謎でわかってきたことも出てきました。

まずは、あの光の球は人工ワームホールだということ。

そして、この人工ワームホールをB5班メンバー一斉殺処分に利用したということは、一般人ではなく国や政府に関わるような地位の高い人が関係していると考えられますよね。人工ワームホールを一般人が使用できるというのは考えにくいですから。

ルカの父親が人工ワームホールの存在を知らなかったことも納得です。

さらに、歴史が意図的に隠されたり伝えられていないという世界の秘密は、ウルガーの兄の「大人達はウソをついている」という言葉にもぴったりで、彼が殺された原因はこのことかも?って仮説が立ちます。

ルカの義父・マルコ上院議員が関わっていて、ウルガーの兄が恐れるほどの秘密と言えば、違法クローンや世界の秘密以外にそうそうありそうにないですし、兄の態度からすると違法クローンの件も違うと思うんですよ。

父が違法クローンに関わっていることや、弟がクローンだとは気づいていないようでしたからね。気づいていたら、あんな態度どころの話じゃないはず!

スポンサーリンク

どんどん細かいことがわかってきて、めっちゃ面白い!!
B5班一斉殺処分をしようとした犯人や、実行するにあたっての背景もわかってきました。

そして中盤近くからは、仲間の中にいるであろうと思われていた刺客もとうとうわかります!

カナタが今までのことを振り返って、あることに気づいたんですよ。
ポリーナにおかしいことを言って、ルカに脳みそシュークリームと言われていたカナタが(笑)

そうそう…
ここまでのストーリーでずっと思ってきたことなんだけど、カナタとアリエスは、天然ボケの部分とするどい部分の差がすごい!

ふたりとも、普段はおバカ丸出し発言をするのに、緊迫するここぞって時の重要な判断に長けています。
刺客が誰なのか?というのを確定できたのも、このふたりでした。
さすがです♪

そして、後半は、刺客を追い詰めてあぶり出すお話へ。

最後の惑星ガレムに到着し、カナタは刺客のことを気にしながらも、元々刺客なんていなかったんだって思おうとしています。この時に、もう刺客は誰なのかわかってましたから。

ところが、カナタを光の球が襲ってきた!!
まだ刺客は、自分たちを抹殺しようとしている!!

ショックだったでしょうね、あの球体を見た時は…
仲間を信じたかったでしょうし。

仕方なくカナタは刺客と対決することを決意するんだけど、最後に追い詰めるまではハラハラでしたね。

刺客はウルガーなのか?
シャルスなのか?

そう思わせた後の展開…
そして、刺客をはめるための作戦を知らなかったのは、刺客だけ…

それはシャルスでした。

あ~~~泣ける~~~。

少しずつシャルスから明かされる真実。

死んでまで果たさなくてはならない使命を抱えていたシャルスが、少し話を聞いただけでも訳アリで切ないと思わせてくれるような描写にウルウルですよ!

次回は、もう号泣ですね、きっと。
原作読んでも泣いちゃうので。

彼方のアストラ(アニメ)10話感想まとめ

さすがに最終回まで残り数回となって、緊迫したシーンが多くなってきました。
それでも、ちょっとしたセリフにお笑いやユーモアが含まれているので、空気は重くなったりはしません。

そしてここからが、最大に盛り上がる内容になっていきます。

ここまで命の危機から驚愕する体験や経験をたくさんしてきたメンバーたち。

でも、今回の最後の刺客がわかったことが、一番ショックな出来事だったかもしれません。親に利用されて命を狙われた今の彼らにとって、アストラ号で一緒に苦労してきた仲間こそが家族ですから。

刺客もメンバーたちも、どうなっていくのか…
ティッシュ片手に、次のお話待ってます。

次回「CONFESSION」

あらすじ・感想の各話一覧
彼方のアストラ(アニメ)のあらすじ・感想(ネタバレ注意)登場人物も紹介

↓次の第11話の感想はこちら

以上、「彼方のアストラ(アニメ)10話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)世界の秘密と刺客の正体」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら