アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

バナナフィッシュ(アニメ)6話の感想ネタバレ!アッシュの故郷と父

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

バナナフィッシュ(アニメ)6話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

バナナフィッシュ(アニメ)第6話「マイ・ロスト・シティー」

まずは、前回5話の復習から。

刑務所から保釈されたアッシュ・リンクスは、兄・グリフィンが死んだことを知らなかったフリをしてチャーリーたちから逃亡しようとします。
それを手助けしたのは奥村英二。彼はアッシュについていくことを決意したのです。

チャイナタウンに向かったふたりは、ショーター・ウォンと再開。
彼も加わって、ディノ・F・ゴルツィネに復讐をするために暗殺を実行しようとします。

では、ここから「バナナフィッシュ(アニメ)6話の感想ネタバレ!アッシュの故郷と父」についてまとめます。

スポンサーリンク

バナナフィッシュ(アニメ)6話 あらすじ

ディノの暗殺に失敗したアッシュ・英二・ショーターは、伊部とマックスとともにアッシュの故郷のケープ・コッドへ向かいます。

そこに残されているグリフィンの持ち物から何かがわかるかもしれないからです。

故郷に近づくに連れてイライラするアッシュ。

実家には、アッシュたちの父ジェームズと、彼と暮らしているジェニファがいました。

自分の息子にむかってあばずれ呼ばわりする父。
マックスは彼の態度に怒りをあらわにしますが、冷めた態度のアッシュを見てここに来ようと言い出したことを申し訳ないと思います。

グリフィンの手紙や写真から、ヒントを探る面々。
そして、彼を殺したエイブラハムが写っている写真を発見して彼の名前を住所を知ることに・・・

その住所は、あのアッシュに薬物を渡した男が言っていた住所と同じでした。

様々な問題を抱え、旅立つ準備をするアッシュ達ですが・・・

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

バナナフィッシュ(アニメ)6話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、3巻の後半から4巻始め頃までのお話です。

BANANA FISH 3

BANANA FISH 3

BANANA FISH 3

[著]吉田秋生

 

BANANA FISH 4

BANANA FISH 4

BANANA FISH 4

[著]吉田秋生

アッシュの子どもの頃の話を父ジェームズがする前までかな?と予測していたんだけど、もっと先まで話は進みましたね。アッシュの故郷の話はこの1話で完結でした。

このお話はとても切ないお話なんだけど、サクッと進んだせいで、切なさはさほど感じなかったかも・・・でも、逆に父親の本当の気持ちはわかりやすかったですね。

アッシュたちが故郷ケープ・コッドへ向かいますが、そこで父との関係が非常に悪いということがまずわかります。

そして、グリフィンが残していた持ち物から彼を撃ち殺したエイブラハムの存在がわかるわけですが、今回のテーマはあくまでもアッシュと英二の人間関係をテーマにしているお話だと思いました。

アッシュの父ジェームズと伊部の気持ち

このストーリーでは、父・ジェームズとアッシュ、伊部と英二の関係が描かれています。

ジェームズは出だしからとにかくアッシュに対する態度が冷たい・・・
それに対して伊部は英二に甘いというか、アッシュやマックスからすると過保護すぎる態度をとっています。

それをアッシュにもマックスにも指摘されるのだけど、まぁ日本人からしたら、拳銃の撃ち合いがある中に大切な人を置いておきたくはないとう思うのは自然な話。

つまり、日本人とアメリカ人との考え方の違いも描かれています。

伊部はカメラマンとして成功をしたきっかけが英二を撮影した写真でした。だから英二に恩返しをしたいと考えていて、ケガをしたことがきっかけで飛べなくなった英二がまた飛べるようにと違う世界を見せようとアメリカに来たんですよ。

だから、「安全な場所で守りたい」というのが伊部の英二に対する気持ちなんですよね。
これって、日本人なら一般的な考え方だけど、アメリカ人のアッシュやマックスからすれば過保護に見えるのでしょう。

とはいえ、アメリカにいて危ない事件に関わってしまった以上、ここはアメリカだと言うアッシュの意見は正論。拳銃のひとつでも撃てるようになっておいて、自分の身を守れるようにしておくべきだということです。

その現実は、より伊部に早く帰国しなければという気持ちを強くさせるのだと思います。

それと対照的なのがアッシュの父・ジェームズ。
彼は、自分の身は自分で守るように・・・というような愛し方。

このお話の最後でわかるけど、本当はアッシュのことを大切に思っている父。
まぁ、不器用な親子ですよね。

スポンサーリンク

アッシュの壮絶な過去

アッシュは、グリフィンと母親が違います。
アッシュの母はグリフィンの母を追い出したものの、アッシュを生んだら他の男と逃げ出してしまいます。

そして、ジェームズがまた違う女性と暮らすようになってからは、アッシュはグリフィンと二人きりで父とは違う家で過ごすようになるんですね。

その後アッシュはひどい事件に巻き込まれることになり後々家出することになります。

その話は、アッシュがいない間に、父・ジェームズの口から話されるのですが・・・
その内容はとてもヘビーで悲しくて切ない。

地元の名士だった男が実は小さいこどもに乱暴をしているひどい奴で、7歳の頃にアッシュもレイプされていたという話。

警察に言っても信用してもらえず、たった7歳だったアッシュが誘ったのではと言われるほどだったので、父親はまた乱暴されたら金をもらえと教えるわけです。

結局アッシュは、最後に父の拳銃を黙って持ち出して殺してしまい、その後は家出してしまいました。

この父親の行動は、同じ親として見ると「他に方法はあっただろう?なんで?」と思うのだけど、田舎町で細々と商売をしてい生きている立場で地元名士にさからえなかったのかも?などと考えると、何が正しい答えなのかはわかりませんね。

実際、お金をもらっていたアッシュだけは殺されずに生き残っているわけで・・・

それに、アッシュが超絶美少年であるということは、母親もすごい美人で母親似だと考えられるので、ジェームズが男と逃げ出してしまったそんな母親のことを思い出して、冷たい態度をとってしまったのかな・・・

グリフィンがいれば状況は違ったはずだけど、彼はあの出だしの事件があったサイゴンにいたはずなので、この事件がアッシュの運命を大きく変えたことになりますね。

家出したあとに、ディノに売られて商売道具にされたと思うけど、この事件の経験と彼の飛び抜けた美貌と頭の良さがあったから、今まで生きてこられたのでしょう。

このお話は、アニメでも原作の漫画でも泣きたくなっちゃう!!
あまりにも切なすぎる!!

でも、アニメの方がジェームズが手を震わせていたりするなど、原作の漫画よりアッシュに対する気持ちが冷たいものではないということがわかりやすいですから、冷静に見れますね。

そして、ディノの部下に襲われてジェニファが殺されたにも関わらず、冷静にすぐにアッシュを逃がそうとした行動は、とにかく息子を守ろうという気持ちだったのだとジーンときますよ。

原作漫画は、ほんとにひどい親父だとしか最初は思えないので、あとから彼への愛がわかった時は号泣しました(笑)

バナナフィッシュ(アニメ)6話感想ネタバレ まとめ

バナナフィッシュの謎にまた一歩近づいたって内容でもありますが、アッシュと英二の人間関係と、アッシュがどういうきっかけで今の環境にいるのかってこともわかってくるお話でもありました。

そして、ディノと中国マフィアのボス李が一緒に手を組むシーンが最後。
次回から月龍が登場・・・

ここからはかなりヤバイ展開になってきますから、目が離せません!!

あらすじ・感想の各話一覧
BANANA FISH(バナナフィッシュ)の感想ネタバレまとめ!

↓次回第7話の感想はこちら

以上、「バナナフィッシュ(アニメ)6話の感想ネタバレ!アッシュの故郷と父」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら