アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

進撃の巨人3期(アニメ)40話の感想ネタバレ!レイス家の秘密

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

進撃の巨人3期3話目:40話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

進撃の巨人3期第40話「昔話」

まずは、前回39話の復習から。

トロスト区へ行ったリヴァイ班は、変装した偽物のエレンやヒストリアを囮にしてさらったリーブス商会をつかまえましたが、ケニー・アッカーマンの現れて、危機的な状況に陥ります。

隠れて移動していたエレンとヒストリアをさらい、攻撃してくる中央第一憲兵団。
殺せるなら殺せというリヴァイからの指示に、対人との戦いの経験がない104期兵は混乱します。

しかし、ジャンが狙われて危ないという瞬間、敵兵士をアルミンが・・・

では、ここから「進撃の巨人3期(アニメ)40話の感想ネタバレ!レイス家の秘密」についてまとめます。

スポンサーリンク

進撃の巨人3期(アニメ)40話 あらすじ

中央第一憲兵団にさらわれたエレンとヒストリア。
ふたりは、ヒストリアの父だと言うロッド・レイスの元にいました。

ロッドは、レイス家にまつわる重大な秘密をヒストリアに話します。

一方で、ハンジも中央第一憲兵団のジェル・サネスからレイス家の秘密を知ったため、エルヴィン団長にその情報を伝えに向かいます。
その頃、エルヴィンはピクシス司令と面会中。

ハンジからの報告で、エルヴィンが賭けようとしていたことは当たりだと判明。
そして、人類の歴史を変えるほどの決意を表明するのでした。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

進撃の巨人3期(アニメ)40話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、13巻の52話、14巻55話~57話・58話の最後の内容です。

進撃の巨人(漫画)13巻のあらすじ感想ネタバレ!新リヴァイ班始動
進撃の巨人(漫画)14巻のあらすじ感想ネタバレ!切り裂きケニー登場

今までのストーリーの流れが原作漫画とは違っていたので、当然ながら今回のお話も違っています。

しかし、うまい具合につじつまを合わせているというか、原作を読んでいなかったら全くわからないほどスムーズに話は進んでいます。

すごく面白くなってきました!!
魅せ方がうまいんですよ。

現在は、3つの場所でお話が同時進行で進んでいます。

  • ロッド・レイスの元に行ったエレン・ヒストリア
  • 彼らの元に隠れて向かっているリヴァイ班
  • ピクシス司令と商談をしたり指示を出しているエルヴィン

そうでなくてもこの3ヶ所の話を、時系列に従って面白く構成するのは大変だと思うのだけど、原作とは基本の時系列がずれている部分が多いため、相当難しそうって感じ。

例えば、ちょっとしたシーンでも、この人って原作だと生きてるけど、アニメだともう死んでるよね?だからハンジが来たのか・・・みたいなことが出てきます。そして、もともとあったハンジが出てくるシーンに自然とつなげているんですね。

特に、今回のお話の中でもっともうまいなと思ったのは、エルヴィンの子供時代の話が出てくるタイミングです。
内容はほぼ同じなんですけどね・・・

原作では、ピクシス司令と話をしている間に普通に出てくるんだけど、アニメでは商談のシーンではすべて出さず、あとから回想シーンで出てきます。

出てくるのは、リーブス商会の会長を殺したのはケニーなのに、調査兵団のせいだと罪を着せて、エルヴィンが連れて行かれる時です。

ケニーたち中央第一憲兵団は、王政の裏の顔ってことですから、このタイミングで出てくることで、エルヴィンのセリフがより重いものになっているような気がしますね。

しかし彼らについてわかったことは一つ。
彼らが守りたいものは人類ではなく彼らの庭つきの家と地位だけ。
むしろ自分達の権利が脅かされるのならばその相手が誰だろうと排除する

いや~~~面白い!!

スポンサーリンク

原作とはココが違った

細かいところは、とにかくたくさん違っているのですが、大きく変わっているな~と思ったのは下記の通り。

  • ヒストリアがリヴァイ班に過去の話をしていることを思い出している →原作では、エレンの硬質化の実験をしていた頃にヒストリアは自分の過去の話をしている。(13巻の52話)
     
  • ロッド・レイスがレイス家が本当の王家だとヒストリアに話している →原作では、まだエレンもヒストリアもまだ捕まっていないため、ヒストリアが女王に即位させる革命の計画が伝えられる。ヒストリアはリヴァイに首元を締め付けられて、ハッキリやると言わされる(14巻56話)
     
  • エレンが食われるという話をハンジがリヴァイ班に伝えている →原作では、エルヴィンに計画をすぐに辞めるよう慌てて報告しに行っている(14巻57話)
     
  • エルヴィンとピクシス司令の商談で、ヒストリアを女王として即位させるという革命に関し、ピクシス司令が計画に乗ると言っている →原作では、商談は決裂したから司令には頼るなとエルヴィンがハンジに言っている(14巻57話)

違和感はまったくないので、ワタシ的には、問題なしです。
次回も楽しみ!!

進撃の巨人3期(アニメ)40話感想ネタバレ まとめ

次回は「信頼」

アニと一緒だったストヘス区憲兵団所属のマルロ・フロイデンベルクとヒッチ・ドリスが登場して仲間になりそうですね。

そして、エルヴィンが捕まる原因となっているリーブス商会会長の殺人事件についても、解決できるかも!?

原作漫画だと15巻に突入です!

あらすじ・感想の各話一覧
進撃の巨人3期あらすじ感想ネタバレ総集編!各話・各巻一覧他

↓次回第41話の感想はこちら

以上、「進撃の巨人3期(アニメ)40話の感想ネタバレ!レイス家の秘密」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら