アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

バナナフィッシュ(アニメ)19話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)閉ざすアッシュの心

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

バナナフィッシュ(アニメ)19話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

バナナフィッシュ(アニメ)第19話「氷の宮殿」

まずは、前回18話の復習から。

キッパード上院議員やホルストック陸軍大佐などバナナフィッシュに関わっていた人たちが殺され、それはディノに雇われた一流のプロ・ブランカの仕業でした。

ブランカの次の狙いは英二だと気づいたアッシュ。
ディノ・月龍・ブランカに呼び出されたアッシュは、英二を助けるために条件を持ちかけられて従うことにし、バナナフィッシュのすべての情報とドースン博士を渡し、自らもディノの元へ連れて行かれます。

では、ここから今回の「バナナフィッシュ(アニメ)19話の感想(ネタバレ注意)閉ざすアッシュの心」についてまとめます。

スポンサーリンク

バナナフィッシュ(アニメ)19話 あらすじ

アッシュがディノの元に連れて行かれ、その場に残ったブランカと月龍。
月龍は、無事に契約の終わったブランカに、今度は自分と契約をするよう持ちかけますが、ブランカは即座に断ります。

月龍の目的は、英二を殺すこと。
断られてしまったものの、アッシュが世界中で唯一恐れるブランカのことを、月龍はあきらめることができません。

その頃英二は、アッシュを探すためにシンを探していました。
アッシュがいなくなったことには月龍が関係していると思ったため、彼に会いたかったからです。

そして、シンの手引きによって月龍と再会した英二。
英二が嫌いな月龍は、アッシュがいなくなった真実を英二に聞かせ挑発します。

しかし英二も黙ってはいません。

ぼくは必ずアッシュを助ける!
そのためには人を殺してもかまわない!

そう言って、月龍の元から飛び出していきます。

ディノに連れて行かれたアッシュは、財団の財務部門の主席アナリストとして仕事をさせられていました。

ディノはアッシュを男娼として働かせるのではなく、自分の右腕として働かせ、肉体ではなく魂を切り売りさせようとしているのです。

私ひとりだけのもの・・・
逃げられると思うな・・・

その後アッシュは、体に異変を感じるようになります。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

バナナフィッシュ(アニメ)19話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、13巻の途中~14巻の最初までのお話です。

BANANA FISH 13

BANANA FISH 13

BANANA FISH 13

[著]吉田秋生

 

BANANA FISH 14

BANANA FISH 14

BANANA FISH 14

[著]吉田秋生

原作に忠実ですが、長いセリフや説明になる部分などはバッサリカットされています。そのせいなのか、すごく早すぎる展開に思えるんですよね。

今回のお話は、今までなかったほどアッシュがダメージを受けて拒食症になってしまいます。でも、あまりに早いという印象があるので、食事を食べることができなくなるほど追い詰められた理由がわかりづらいです。

う~~ん・・・わかりづらいというより、そこまで重みを感じないということでしょうか。

出だしは、アッシュがディノに連れて行かれたあとのブランカと月龍のシーンから。
英二を殺したい月龍は、ブランカに依頼しようとしますが即座に断られます。

その後、月龍のもとにアッシュの行方を知りたい英二がシンとともにやって来て、月龍はアッシュがいなくなったのはおまえのせいだとぶちまけるわけです。でも、英二はそんな言葉にめげることもなく、自分が助けると行って飛び出していきました。

ここでもちょっと思ったんだけど、このお話では月龍がいつもと違うみたい・・・
アニメはちょっとおちゃめというか、月龍がすねているような感じに思えますね。後半でブランカがお風呂に入っている時に会いに行ったシーンも同じです。

月龍ってこんなにおちゃめだったっけ?
原作漫画を再度見直してみると、確かに漫画でも同じように描かれているんだけど、カラーになって声も入るとこうも印象が変わるのか~って思いました。

その頃アッシュはというと、自分が色々と追い詰めていた財団でディノと一緒に働かされることになってピリピリ・・・

ここは結構カットされていて、ちょっと不満。
別に、バカなお偉いさんたちの話を見たいわけではないんだけど、どれだけ嫌なことをディノにアッシュがやらされているのかっていうのがわかるシーンなんですよ。

原作だと、全員が揃っているのにアッシュだけが新しいスタッフだと紹介されて遅れてきます。

メンバーの中には、精神衛生センターでバナナフィッシュの実験をしようとしたマナーハイムや、病院からアッシュを精神衛生センターに連れて行ったCIAなど、今まで彼に関わっていた人がいるわけです。

アニメだと将軍が文句を言っているシーンぐらいしか入っていませんが、原作ではその前にマナーハイムがアッシュの顔を見てビビったり、CIAがアッシュに厳しく追求されるようなシーンがあったりします。

その時にすでにかなりアッシュは言いすぎていて、内容的にも自分がひどい目にあったことなので、それを冷静に文句のつけようのないよう言い含めるのはかなりのストレスになったはずです。

アッシュは後半で食事が食べられずに衰弱していきますが、そこまで追い詰められている理由が、カットされた分アニメだと弱い気がして残念。

それにしても、やっぱりディノは、アッシュが大切でしかたないんですね。

ディノのところに来る時に、男娼として働かせると言っていたディノは、まったくその気はなく、アッシュを自分ひとりだけのものとして側で働かせるつもりだったということです。

復讐だとか剥製にしてやるとかいいながら、アッシュのことが好きだから側においておきたいじゃん!!ってアニメ見ながら再度思いました。

もうね・・・
なんだかストーカーが好きな相手を監禁しているみたいですよ。
彼はアッシュの力をよく知っているから、外出する時は万が一を考えて薬を飲ませて視力をうばっているし。

だったら、外出なんかさせなければいいのにね・・・
でもディノは、多くの人に見せつけたいんですよね、きっと。

あの美しいアッシュを自慢したいっていうのもあるでしょうし、アッシュは自分の手の内に落ちたのだと牽制する意味合いもあるでしょう。

スポンサーリンク

そんなアッシュは、ディノに何かあったらブランカと再契約をすると言われているため、もう何もできないしあきらめています。再契約などされてしまったら、確実に英二を殺されてしまうので。

ブランカがいて再契約の可能性がある以上は、アッシュはもう何もできないということです。

そして、何も食べられなくなっていくんですよ。
彼にとって、それほどこのディノの家での生活は苦痛ってことです。

今回のタイトルは「氷の宮殿」ですが、まさにそのとおり彼にとっては心をどんどん凍らせていくような場所なのだと思います。

そんな彼を見たブランカは、どう思ったんでしょうか。
彼のこの思いが、次回からの大きな展開に関わってきます。

そして、まるで見計らったようなタイミングで月龍がブランカの元を訪れたのも運命!?
その後、ブランカが訪れた時に月龍が撃たれていたのは!?

結局、ブランカは月龍を守るという条件で契約を約束します。
これは、次回に続く重大なキーポイントとなりますね。

今回のお話は、嵐の前の静けさのような感じだと思っています。

バナナフィッシュ(アニメ)19話 感想まとめ

前回のお話で、アッシュの師匠でありながら、なぜアッシュを追い詰めるのか?と思うような行動をとっていたブランカ。

仕事のためならかわいがっていた教え子はどうでもいいのか?なんて思ったりもしましたよね。でも、引退していた彼がしゃしゃりでてきたのには、何か理由があるのか?なんて思ったりもして・・・

彼がこの回では、月龍と契約した時におや!?っと思いました。ここからは、アッシュのことを本当は大切に思っているという空気が強くなっていくのでは?

あらすじ・感想の各話一覧
BANANA FISH(バナナフィッシュ)の動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ中

↓次回第20話の感想はこちら

以上、「バナナフィッシュ(アニメ)19話の感想(ネタバレ注意)閉ざすアッシュの心」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら