アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

BOSS(ドラマ)1話のあらすじ感想ネタバレ!爆弾事件犯は芝居に負けた!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

BOSS(ドラマ)1話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第1話「最強アラフォー女刑事、ボスになる!」

今回の1話は、アメリカから帰国したばかりの主人公・大澤絵里子(天海祐希)が新たな部下となった個性的な面々と、爆弾事件犯を追い詰めるお話です。

では、ここから「BOSS(ドラマ)1話のあらすじ感想ネタバレ!爆弾事件犯は芝居に負けた!?」についてまとめます。

スポンサーリンク

BOSS(ドラマ)1話 あらすじ

世の中は大不況の真っ只中で、犯罪も増えていました。
警視庁は、検挙率の低下による市民からの批判を受けたくないこともあり、警視庁捜査一課に「特別犯罪対策室」が新設します。

その室長に抜擢されたのは、キャリアとして将来を嘱望されていたのに、ある事件によって左遷されたかのようにアメリカ留学することになってしまった大澤絵里子(天海祐希)でした。

5年間アメリカのFBIなどで様々なことを学んできた絵里子は、帰国したばかり…

そんな絵里子の同期で参事官補佐の野立信次郎(竹野内豊)は、記者たちに専門的捜査で凶悪犯罪に対応していくと発表しました。

しかし、いざ特別犯罪対策室が稼働すると…
そこにやってきた絵里子の部下たちは、他の部署から厄介払いされた人しかおらず…

呆然としてしまったところに、身元不明の焼死体が発見されたと連絡が入ります。

絵里子は、木元真実(戸田恵梨香)・片桐琢磨(玉山鉄二)・花形一平(溝端淳平)を連れて現場へ。

しかし、捜査一課の係長の小野田忠(塩見三省)は、自分達の現場で女の来るところではないと絵里子に対して厳しい態度で追い返されてしまいます。

そして、部下の川野昭夫(長谷川博己)・森政夫(HILUMA)もまた、異動前に同じ部署だった片桐を見下していました。

そんな迫害にも負けず、絵里子は的確な指示を出しながら地道に真犯人に近づいていくのですが…

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

BOSSの動画・見逃し配信情報(無料体験可)

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

この作品はフジテレビ放送ですから、FODプレミアムで観ましょう!

BOSS(ドラマ)1話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

今回は第1話ということで、特別犯罪対策室の人たちの状況や個性がまずよくわかるようになっています。

女だからと、絵里子を認めようともしない上司や他部署の刑事…
特別犯罪対策室に配属されたからと見下してくる元同僚…

見下していたチームが手柄を立てて悔しがるという王道パターンですね。
でも、そのスキッと感が、かなり気持ちいい作品なんですよ。特に女性だとそう感じるかと思います。

そして、キャストも最高にいいですね。

かなりの個性派揃いです。
ケンドーコバヤシさんは、連続ドラマ初出演だったそうですが、そうは見えない…
男好きの男を見事に演じています。

片桐琢磨(玉山鉄二)だけが、退職届を出していて異動には不服だったようですが、野立が引き止めてましたね。彼の事情を知っているからこそ、絵里子の下で働かせたいと思ったようでした。

あとの人たちは、絵里子に対して不満という顔をさほど見せず、比較的スムーズに出だしから動いていました。とはいえ、信用しているわけでもないので、事件を通して彼女の凄さを徐々に知っていくって感じになっています。

そして、途中からは本格的に事件の謎も面白い!

最初に発見された焼死体は、闇金業者の前田悟という男。
上半身だけが丸こげになっていたうえに、科捜研の奈良橋玲子(吉瀬美智子)によると、爆発する際に発生する化学合成物質が付着していたとのこと。

その後、同じように上半身だけ丸焦げになっていたホームレスの焼死体も発見されます。

ここまでの情報や状況で、絵里子は爆弾により連続殺人事件だとし、犯人像とちかいうちに3度目の犯行が行われることを予測します。

そしてその3度目の犯行は、絵里子と野立の目の前で行われてしまいました。

ベストに爆弾を装着されている銀行員・小島文彦(中村靖日)が、犯人から自分の銀行に押し入るように命令されて、そのとおりにしたものの結局爆弾が爆発して死んでしまったのです。

ここからだんだん、後半に向けて盛り上がりを見せていきます。

スポンサーリンク

まず、やる気のなさそうな特別犯罪対策室の刑事たちが、意外とするどい(笑)

クセはあるけど仕事はできるのね~と思われるシーンが続きます。
絵里子がズバズバ指示を出していくのもカッコいい!

その結果、闇金業者・ホームレス・銀行員という一見共通してなさそうな被害者たちがひとつの人物と繋がっていきます。

それが、化学薬品を扱う工場を経営していた野垣泰造(武田鉄矢)。

絵里子は、任意同行しようと野垣の元へ向かったものの、一足先に小野田たちが任意同行してしまったので、しかたなく独自調査を進めたのですが…

4番目のターゲットに爆弾ベストをすでに着せているってことがわかります。
誰がターゲットなのか、爆弾ベストはどうやったら解除できるのか…

取り調べを受けている野垣は、決して口を割ろうとはせず、捜査一課の刑事では到底彼から何も聞き出せそうにもありません。

そこで、絵里子が取り調べをすることになるんだけど、ここが最大の盛り上がりですね!

野垣が質屋に出していた時計を手に入れた絵里子は、それを使ってプライドが高く技術力を誇示する野垣とうまく渡り合っていきます。

しかし、途中でうっかりミスをしてしまった…
と、思わせてのどんでん返し!!

野垣役の武田鉄矢さんの演技も、すっごく良かったんですよね。
だからこそのどんでん返しの威力はすごい(笑)

野垣も、同じ取調室で様子を見ていた刑事たちも、別室で取り調べの様子を見ていた刑事たちも、誰もが絵里子がミスをしたと思っていたけれど、それはすべて真実を話させるための罠だったということです。

木元真実は、取り調べのセオリーなどの知識も高かったことから、まさかの展開に絵里子を見直したのは間違いありません。

他の男どもたちは、みんなギャフン!って感じだから、あ~~~気持ちがいい~~~。

最後は、無事に爆弾を解除して、4人目のターゲットを助けることができました。

BOSS(ドラマ)1話まとめ

取調室から出ていく時に、野垣は絵里子に向かって「貧乳!」って言うんだけど、それには笑った!!

他の嫌味は言えなかったのか!?
あんなにプライドが高くて頭が良さそうだったのに…
子供かよ!って思いました。

でも、そんな言葉でも何か言ってやらないと気がすまないほど悔しかったんでしょうね。

次回「知りたい…好奇心という名の罪」

あらすじ・感想の各話一覧
BOSS(ドラマ)のあらすじ・感想ネタバレまとめ!動画配信・各話一覧

↓次の第2話の感想はこちら

以上、「BOSS(ドラマ)1話のあらすじ感想ネタバレ!爆弾事件犯は芝居に負けた!?」でした。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら