アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

Dr.コトー診療所(ドラマ)4話の感想ネタバレ!誰のための治療?仕事?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

Dr.コトー診療所4話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第4話「病気を診るな、人を診ろ」

前回3話では、坂野ゆかりが妊娠中毒症の発作を起こし、母子共に助けることができるのか?というストーリーでした。

今回の第4話では、コトーの元同僚原沢の後輩である芦田ゆき(木村佳乃)が登場!島にやってきた代議士の秘書・安部純一親子を中心に仕事や家族愛について考えさせられるストーリーです。

では、ここから「Dr.コトー診療所(ドラマ)4話の感想(ネタバレ注意)誰のための治療?仕事?」についてまとめます。

スポンサーリンク

Dr.コトー診療所(ドラマ)4話 あらすじ

志木那島診療所、ある日突然芦田ゆき(木村佳乃)という女性が訪ねてきました。
彼女は、コトーの元同僚の原沢咲(石田ゆり子)の後輩とのこと。

東京でコトーの話を聞いた芦田は、彼に会うために志木那島まで来たのです。

一方で、島には代議士である芦田(竜雷太)も来ていました。
島にゴミ処理場を建設する計画を持ち込んできたのです。

芦田代議士の秘書・安部純一(井澤健)はこの島の出身で、母親は一人暮らし。
島で行われた歓迎会の後、純一は芦田を母の広子(白川和子)に紹介しようと実家を訪れますが、先を急ぐ芦田は挨拶もそこそこに車を出せと言い出します。

仕方なく車を出そうとした純一は、バックミラーに映った母をさけようとした際に木材を倒してしまい、母・広子は転倒してケガをしてしまいます。

何でもないという広子。
芦田にせかされることもあり、純一は母の言葉を信じてその場を立ち去ることに…

しかし、やっと手が空いて母の元へ行くと、足が丸太のように腫れ上がった広子の姿が!!

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

Dr.コトー診療所動画・見逃し配信情報(無料体験可)

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

この作品はフジテレビ放送ですから、FODプレミアムで観ましょう!

現在は、見放題作品ではなくレンタル作品ですが、最大1300ポイントを貯めれば、200ポイント追加で1期がすべて観れます。(全話パック)

Dr.コトー診療所シリーズすべてまとめて観る場合も、翌月継続利用してポイントを貯めれば、ポイントを追加することなく観ることができます!

Dr.コトー診療所(ドラマ)4話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

Dr.コトー診療所 2

Dr.コトー診療所 2

Dr.コトー診療所 2

[著]山田貴敏

今回のストーリーでは、4つの親子のお話がそれぞれ連動しつつ進んでいきます。

4つの親子とは、東京で秘書をやっている安部純一とその母・広子、代議士の芦田と咲の後輩でもある芦田ゆき、茉莉子と息子の竜一、そして原親子ですね。

純一と広子・芦田親子は、今回と次回の2話でそれぞれの関係と変化が描かれます。
茉莉子と竜一・原親子は、今後のストーリーへの伏線って感じですね。

出だしは、息子が帰ってくるからと御札をもらいにきていた安部広子(白川和子)と、バッタリ途中で会った茉莉子(大塚寧々)の様子からスタート。

次に風邪をひいているコトー先生の様子が描かれています。

ちょっとしたシーンなんだけど、かなり診療所もコトー先生も島に馴染んできたなってことがわかりますね。

風邪をひいたコトーに、イワおじが煎じ薬もらってきてあげようか?と言い出したり、先生の風邪がうつるから帰った方がいいよと茂さんに言ったり…それを聞いた茂さんのセリフも超笑える!

病気になんかなったら
ここへ来られんもんな

診療所は、病気を治す場所ではなく交流するための集会所っぽくなっています。

このあとで、原沢咲(石田ゆり子)の後輩である芦田ゆき(木村佳乃)の登場です。

見るからに都会の女…というか外国かぶれというか…
何しにこんな孤島に来たの?って感じ。
頭の上にサングラスですよ!さらに、突然コトーに抱きついてマスクごしにキスですよ(笑)

少し話が進むとわかるのですが、彼女はコロラド医科大学を卒業した新米医師。
そして、まるで台風のごとく診療所に波風たてていきます。

この後、代議士の芦田(竜雷太)と秘書で志木那島出身の純一(井澤健)が島に到着。

この芦田代議士を演じている竜雷太さんが、この役にぴったり!!
偉そうでワンマンで、タヌキおやじっぷりがすごいわ…

それに対して純一は、母親想いの優しい人。
だから、ケガをしてしまった母親のことが気になってしまって、うっかりミスをしてしまいます。

その時の芦田代議士のセリフがね…
あ~こいつダメな奴だって思わせるんですよ。

代議士にとって、一番大事なことは何だ?
選挙に勝つことだろ

代議士が選挙に落ちればただの人間だ
誰も相手にはしてくれん

じゃ菊がな
勝つために一番必要なものは何だ?
金じゃないのか?

いやいやいや…
ここまで言い切るとは…

当然ながら、母親の様子を見に行くことを許しもしません。
結局、純一がこの島の出身者だということを利用するために連れてきたんでしょうね。

そしてここからが、今回のメイン展開になっていきます。

やっと代議士に言われた資料作りを終えた純一は、心配で母の様子を見に行くんだけど、母・広子の足は腫れ上がっていて、診療所に慌てて運び込みます。

その時コトーは風邪で寝込んでいたために、芦田ゆきが診るのだけど、彼女の診断は今すぐ脚の切断をしないと命が危ないいうこと。

ところが、ここでさすがコトー!ということに…

今回のタイトルになっている「病気を診るな、人を診ろ」ってことですね。
このストーリーでは、やはりここが一番の見どころでしょう。

学校ではこう教わったとか、責任問題になるからリスクを考えてとか、マニュアルではこうだったとか言うゆきに対して、ハッキリ言うコトーのセリフにしびれる…!!

やめようよ切断なんて
(中略)
ゆきさん
ここは学校ではありません

同じ病気の患者さんが10人いたら
10通りの治療法を考えなければ
(中略)

僕は医者にマニュアルなんかないと思ってる
僕らは病気を診るんじゃない
人を診るんです

そしてこの後の手術で、口だけではないってことを証明するんだから、超かっこいい♪
彩佳と和田が、診療所では大事な戦力だってことをゆきが知るのも気分がいいですね。

そして、純一の気持ちが、なんだか考えさせられるんですよ。

彼は、芦田代議士に嫌われることを恐れて、たった3分程度の時間をもらって母親の様子を見ることもしなかった…そのせいで、命の危険な状況にまでなってしまった母。

これだけ親孝行な息子ですからね…
きっと親孝行するために立派な人になろうってすごい努力もしていたはずなんですよ。母親を喜ばそうってね。

なのに、そんな母親にケガをさせたのも悪化させたのも自分…

そのうえ、目の前で母親を助けてくれた医師は、自分のリスクよりも母親の今後の生活を考えてくれているというのに、自分が側についている代議士は、国民のことではなく選挙の勝利と金のことしか考えていないんですよ。

これでは、自分は何をやってんだ?って気持ちになりますよね。

でも、星野正一(小林薫)と母親が教えてくれるんです。
いつか自分自身が偉くなればいいのだと…
それが自分が選んだ仕事なのだと…

感動ですよね~。
仕事に対する想いや家族愛など、考えさせられることがいっぱい!

純一が仕事に戻った時、ゆきは芦田が実は自分の父親だとコトーたちに話します。そして、今の父は純一のことを許してくれるような寛大な人ではないと断言。昔の父とは別人だと…

そして、彩佳や和田に咲のことをコトーの彼女だと言ったり、自分をこの診療所に置いてくれとまで言っちゃうんですよ。
人騒がせな…

最後は、講演中の芦田代議士が倒れたところで終わりです。

親子揃って人騒がせな芦田親子。
次回のストーリーでは、この親子の問題がメインテーマになります。

Dr.コトー診療所(ドラマ)4話 感想まとめ

メインストーリーとは別に気になるのは、残りの2つの親子の話。

突然茉莉子に息子の竜一が電話をかけてきたことで、茉莉子の気持ちは色々とぐらつきます。会いたくなっちゃうんですよね。

そして原親子は、剛洋が漁師はやらない・医者になりたいって言い出しました。これは、Dr.コトー診療所2004から2期にかけて描かれていくことになるテーマですから、要チェックですね。

次回「手術で治せない病」
芦田親子がメインになるストーリーです。

あらすじ・感想の各話一覧
Dr.コトー診療所(ドラマ)の動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第5話の感想はこちら

以上、「Dr.コトー診療所(ドラマ)4話の感想(ネタバレ注意)誰のための治療?仕事?」でした。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら