アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

魔入りました!入間くん(アニメ)8話のあらすじ・感想ネタバレ!クララの誘惑

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

魔入りました!入間くん(アニメ)8話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第8話「クララにメロメロ」

前回7話は、アメリが入間くんに人間界の漫画を朗読させちゃうお話でした。

今回の8話は、アメリに入間くんを取られたくないクララが、サキュバス族であるライム先生の誘惑授業を受けるお話です。

では、ここから「魔入りました!入間くん(アニメ)8話のあらすじ・感想ネタバレ!クララの誘惑」についてまとめます。

スポンサーリンク
 

魔入りました!入間くん(アニメ)8話 あらすじ

アメリに頻繁に呼び出され、少女漫画を朗読させられている入間くん。
クララは、アメリに入間くんを取られたようで、寂しいやら悔しいやら…
とにかく面白くありません。

そして、入間くんの気持ちを自分の方に向かせるため、サキュバス族であるライム先生の誘惑授業を受けることにします。

しかしクララの魅力(イロケ)度は、ライム先生がかつて見たこともないほどの壊滅的な数値…

それでもめげずに、真面目に努力をして入間くんを虜にしようとチャレンジするクララ。果たして、入間くんはメロメロになるのか!?

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスはこちら!

魔入りました!入間くん(アニメ)8話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、2巻13話の出だしと3巻17話のお話です。

今回のアニメのストーリーは、原作コミックと時系列が違っています。

まず、アメリに呼び出されて少女漫画の朗読をしている入間くんのことを、アスモデウスとクララが嫉妬して覗いているシーンからスタート。

娯楽室の中では、アメリが入間くんの夢を聞いていて、結構真面目な話をしています。

入間くんは、自分以外の人に頼まれたり振り回される生き方をしてきたので、自分が何をやりたいのかなんて考えたこともなく、夢なんて何も考えられません。

そこでアメリに、まずは位階(ランク)を上げてみることを目標にしたらどうかとアドバイスをもらうんですよ。さすがに頭のいい生徒会長♪

位階が上げておくことは必ず役に立つことだし、自信も持てそうです。
それに、この世界ではすべてが位階で差別化されているため、ランクアップすることでやれることの幅も広がって、何か夢が思いつくかもしれませんよね。

そんな真面目な会話をしている談話室の外では…
クララは、入間くんが生徒会長のところに通うのが気に入らないため、邪魔しようとしています。

それに対するアスモデウスも、本当は入間くんと生徒会長が何を話しているのかを知りたい!!だけど、盗み聞きなんてしてはいけないって我慢しつつクララを止めている状態。
結局、まばたきをした一瞬にクララに押し切られちゃいましたけど。

そしてアメリが、位階をあげるなら自分に並ぶのを待っていると入間くんに言って、その場は解散となります。

ここまでは、原作コミックと時系列は同じで、前回の続きでした。
内容も基本的には同じですね。

ただし、原作コミックには、クララとアスモデウスが部屋の外で戦っている描写は描かれていません。

漫画では、窓の外から覗いていて、クララが「突撃していい!?」と言ったのに対し、「言い訳あるか!!」と引き止めている1コマがあるだけです。

その後、入間ち返して!とクララが乗り込んできたところからは漫画と同じです。

スポンサーリンク

そして、このあとがごっそり時系列が変わる部分!!

原作コミックでは、アメリに位階のことを提案されたので、入間くんはそのあとアスモデウスに位階の上げ方を教わります。それから、次回の「位階(ランク)昇給対象授業」の内容「処刑玉砲」の練習をスタートという流れ。

これがアニメでは次回放送の内容になっており、今回はそれをすっ飛ばしてクララが誘惑授業を受けるお話になっています。

つまり、原作コミックでは位階昇級後のストーリーなのに、アニメでは昇級前のストーリーになっているということです。

最初に予告を見た時はなんで?って思ったんですよ。
だけど実際に放送を観たら、これはうまくまとめてあるな~~と思いましたね。

このあとのストーリーって、ずっと位階がらみの内容が続くんです。

今回のクララのお話は、アメリと入間くんが一緒にいる時間が増えたことに対して嫉妬した結果、自分に振り向かせるために誘惑授業を選択するってお話ですから、先にここで放送されていた方が、位階上げの練習シーンを挟まない分、嫉妬している状態がわかりやすい!

それに、今後の位階がらみのストーリーが途切れることなく連続で観れてわかりやすいかもしれません。

原作コミックの流れは、漫画で読んだ場合にはとても効果的です。
クララのストーリーから3巻が変わるからです。

ところがアニメは、自分の意志で読みすすめることができず時間が1話ごとに区切れて細切れ化するので、今回のようにクララのお話が先にくるのは効果的ということですね。

この作品って、本当に追加シーンとかまとめ方がうまいと感心しちゃいます。

そして、そのクララのお話ですが…

クララが誘惑授業を選択することにしたのは、サブノックから色仕掛けだろうと言われたからです。
彼って面白い…クララが肩車しても怒らないのね(笑)

サブノックに言われて、誘惑して虜にしてつなぎとめようとするクララは誘惑授業を受けることにしたのですが…

しかし、サキュバス族であるライム先生も見たこともないぐらいクララには魅力(イロケ)度がありません。
赤ちゃんでさえ3%はエロいというのに、クララは2%…(笑)

そこから先は、ひたすら笑えますね~~~。
先生が特別テキストをくれたので、クララは真面目に努力をするんだけど、どれもピンとはずれ。

ここでアニメオリジナルのシーンが入ります。
すっかり元気をなくしたクララが、帰宅して兄弟姉妹にチューしてもらって元気になります。このシーンは、まるでミュージカルみたい♪

そして、これまで学んできたこととキスを入間くんに見せて誘惑しようとしますが、入間くんには避けられてカルエゴ先生に衝突してしまいます。

罰として黒板に言われた文字を書いてましたが、ここまでがアニメオリジナル。

その後、さすがのライム先生もお手上げで、入間くんをおとしたいのなら秘密兵器として催淫香水を使えばって話をしますが、それはきっぱり拒否したクララ。

自分で何とかしたかったんでしょうね。

その後、入間くんがクララのことを心配してやってきます。
女の子ひとりじゃ危ないって。

その言葉が一番クララには効果的でした。
メロメロにしてやるぜって言った時のクララは可愛かったですね。

最後の流れも良かった!

クララがこんなにがんばっているんだから自分も…って感じで、入間くんが位階をあげようって決める流れにまとめていました。
まとめ方うまいな~~。

これで時系列が変わった点も違和感なく自然だと思えましたね。

魔入りました!入間くん(アニメ)8話 感想まとめ

ライム先生の誘惑授業には、エイコも参加していました。
原作コミックだとエイコが描かれていなかったので、参加しているかどうかわからないのですが…

なかなか入間くんと接触できず、クラスも違ってしまったので、がんばってほしいと思ったのでした。

次回「入間の決意、高鳴る努力」

あらすじ・感想の各話一覧
魔入りました!入間くん(アニメ)のネタバレ感想~動画・見逃し配信情報

↓次の第9話の感想はこちら

以上、「魔入りました!入間くん(アニメ)8話のあらすじ・感想ネタバレ!クララの誘惑」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら