アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

進撃の巨人3期(アニメ)50話の感想ネタバレ!ウォール・マリア奪還作戦開始

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

進撃の巨人3期50話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

とうとう3期の後半(Season3 Part.2)がスタートです!!
進撃の巨人3期第50話「はじまりの街」

Part1の最後49話で、リヴァイはウォール・マリア奪還作戦へエルヴィンが参加することに反対しますが、本人の意思が強く参加することになりました。

そしてストーリーは、前夜祭のあと調査兵団の面々が初めて住民たちに応援・期待されて出陣するシーンで終わりました。

今回の第50話では、早速巨人たちとの戦いが始まります。

では、ここから今回の「進撃の巨人3期(アニメ)50話の感想ネタバレ!ウォール・マリア奪還作戦開始」についてまとめます。

スポンサーリンク

進撃の巨人3期(アニメ)50話 あらすじ

新月を選び、真夜中にウォール・マリアを目指して森の中を進む調査兵団。

ウォール・マリアに行く途中のエレンは、震えが止まらなくなります。
もしも奪還作戦に失敗したら?
自分は人類を救えるのか?

そんなエレンに声をかけるアルミンもまた手の震えが止まらず…

アルミンは、初めて巨人に遭遇した時のことをエレンに話します。エレンもまたその話を聞いて過去の自分の想いを思い出すのでした。

そしてとうとうウォール・マリアに到着します!

動画・見逃し配信情報

進撃の巨人3期動画見逃し配信状況

配信終了する可能性もあります。
最新の配信状況の他レンタル・見放題の状況など各サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

進撃の巨人3期(アニメ)50話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、18巻73~74話のお話です。

今回のストーリーは、若干違う部分があるものの、ほぼ原作コミックどおりでした。
出だしからなんだかワクワクするようなジーンと感動するような気持ちでしたね。

ウォール・マリア南側のシガンシナ区は、エレンたちの故郷であり、幸せに暮らしていた生活が巨人たちに一瞬で壊され、人類は巨人には勝てないと誰もに思わせた場所でもあります。

そして、ここまでずっとがんばってきた結果、奪われたその場所を巨人から人類が取り戻そうとしています。つまり、この奪還作戦に成功すれば、初めて人類が巨人に勝利したことになるんですよ。

そして、取り戻すことで、エレンの父の地下室に入ることもできることから、新たな世界の知識も得られることに…

だから、このウォール・マリア奪還作戦って、めちゃくちゃすごい作戦ってことです!!

ウォール・マリアに行く途中のエレンは震えが止まりませんでしたが、その気持わかりますよね。なんと言ったって、エレンがいなければ成功できない作戦ですから。
どれだけ彼にプレッシャーがかかっているんでしょうか…

そしてこのあと、このプレッシャーはアルミンもずっと背負うことになっていきます。

スポンサーリンク

アルミンがプレッシャーを背負うことになるのは、巨人が全然周りにいないというのに、焚き火の跡を見つけて野営していた事実に気付いたことから始まります。

ライナーやベルトルトが近くにいる!?
しかも野営していたのは3人!?

アルミンはその時内門にいて、エレンたちは外門を巨人化したエレンの硬化能力で塞いでいました。引き続きエレンが内門を塞ぎに来るまでに、隠れている巨人を見つけなければならない!なのにまったく巨人も敵も見当たらない…

そんな時に、エルヴィン団長が今までのアルミンの実績から判断して、敵の位置を特定するための指揮をまかせるんですよ。

この作戦が成功するか失敗するかがかかってくる敵の位置の特定…
しかも時間がもうないという状況の中で、団長を差し置いて自分が先輩たちに指示をすると買って・・・

胃がキリキリする~~~なんてもんじゃすまないプレッシャーとストレスですよね。
でもさすがはアルミン。壁の中にいるのでは?と考えつきます。

すごいのはエルヴィンもそうですね。
アルミンのただの勘でしかないというのに、エレンたちに作戦中止の合図をして動きを止めさせます。

人類存亡という大きな荷物を背負っている状況で、「勘」でしかないと言っている若手の言葉を信用するのは、普通のリーダーにはなかなかできることではないでしょう。できるのって、エルヴィンとリヴァイぐらいでしょうね。

かっこよすぎる!!

そしてとうとうライナーが隠れていた場所が見つかり、リヴァイがライナーを殺そうとしたものの命を断つところまではできずに、鎧の巨人になってしまいます。

アルミンの「勘」が正しかったことが証明されたわけですが、彼はこの先のストーリーでもどんどんプレッシャーのかかる重責を追っていくように話は進んでいきますから、要チェックですね。

そして、このあと本格的に巨人との戦いに突入することになります。

ライナーこと鎧の巨人の登場と同時に、獣の巨人を含む数多くの巨人が登場!

頭のキレる獣の巨人は、投石して馬が通れないようにしました。
この時点で、調査兵団も馬で脱出することは不可能となり、人類と巨人がここで決着をつけることに!

あ~~期間があいての1話目にこの盛り上がりってすごくないですか?まぁ、原作がとにかくハラハラなんですけど、アニメは別の意味ですごいって感じですよ。

やっぱりこの作品は、アニメと相性がいいです。
そして、素晴らしい映像でこのアニメ作品は作られているので、久々に見た調査兵団の動きはあっぱれって感じでした。

進撃の巨人3期(アニメ)50話感想ネタバレ まとめ

ウォール・マリア奪還作戦というのは、人類が巨人と勝とうという大きな第一歩で、調査兵団それぞれの人たちがその重みを感じていることがわかるストーリーでした。

このストーリーでちょうど原作コミックの18巻が終わりましたね。

次回「雷槍」

あらすじ・感想の各話一覧
進撃の巨人3期あらすじ感想ネタバレ総集編!各話・各巻一覧他

↓次回第51話の感想はこちら

以上、「進撃の巨人3期(アニメ)50話の感想ネタバレ!ウォール・マリア奪還作戦開始」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら