アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

BOSS(ドラマ2期)3話の感想ネタバレ!犯人が守ろうとした意外なもの

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

BOSS(ドラマ2期)3話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第3話「悲しき暴力の連鎖」

前回2話は、犯人に撃たれてしまった木元真実(戸田恵梨香)の命の危機!必ず助けると対策室の刑事たちは必死で彼女の居場所を探すお話でした。

今回の3話は、出版社の社長が殺されてしまった事件で、犯人の動機が最後までわからずハラハラするお話です。

では、ここから「BOSS(ドラマ2期)3話の感想(ネタバレ注意)犯人が守ろうとした意外なもの」についてまとめます。

スポンサーリンク

BOSS(ドラマ2期)3話 あらすじ

参事官の野立信次郎(竹野内豊)は、雑誌に掲載されることになり、その取材のために現在話題となっている編集者・佐神公一(山本耕史)が特別犯罪対策室にやってきます。

取材が終わって、今度は特別犯罪対策室を取材させてほしいなどと話をしていると、大澤絵里子(天海祐希)に連続殺人事件が起きたという連絡が入ります。
そしてその隣にいた佐神にも、社長が殺されたという連絡が…

連続殺人事件の4人目の犠牲者は、佐神の出版社文英館の社長・蒼井(圷真樹)だったのです。

その後絵里子は、片桐琢磨(玉山鉄二)と一緒に、犠牲者・蒼井雄介(圷真樹)が社長をしていた出版社を訪ねます。

社長が殺されたことで騒然としている中、編集者の佐神と山地智子(戸田菜穂)だけが平然と仕事をしています。

佐神は、次期社長では?と言われるほどこの出版社を変えていった人材で、社長の蒼井とは対立関係でした。一方の山地は、社長の愛人だと噂されており、やはりあまり良い関係ではなかったようです。

そしてさらにもうひとり気になる人物が…
ヘンリールーカスの本の担当編集だった小堀(野間口徹)という人物でした。

犯人は、アメリカの連続殺人犯ヘンリールーカスが属していた「死の腕」という名前を犯行声明に書いていたからです。

特別犯罪対策室に戻り、捜査を続けていく刑事たち。

ところが、事件を整理しても、犯人像を絞り込むことができないという状況の時に、ある男が殺人未遂容疑で逮捕されたと連絡が入ります。

その人物は本当に真犯人なのか!?

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

BOSSの動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

この作品はフジテレビ放送ですから、FODプレミアムで観ましょう!

BOSS(ドラマ2期)3話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

今回のストーリーは、タイトルの「悲しき暴力の連鎖」の意味が後半になるまでまったく見えなくて、それが最高に面白かったストーリーでした。

キャストや流れを観ていても、山本耕史さんが演じている佐神と、戸田菜穂さん演じる山地がめっちゃ怪しいと思うんだけど…

というか、出だしからもう佐神が犯人でしょ!?とか思うんだけど、その理由と暴力がつながって見えずに話が進みます。

そして途中で連続殺人犯の野口(ムロツヨシ)という男が逮捕されます。
おかしいと思った絵里子によって、4人目の殺人だけはやっていないと野口も自供し…

さらに捜査をどんどん進めていくと、小堀が怪しい情報が集まり、任意同行することに。そして小堀が広告費を横領していたことも発覚!

しかし、小堀は自殺してしまった!
ここら辺から、やっと絞り込めてきたって感じですね。

この時点で、まだ中盤にさしかかるってところですからね…
かなり内容が濃いって感じだし、佐神が犯人でしょっていう思いはもう確実になっているわけですよ。

だけど、まったく理由が想像できない…
タイトルの暴力の連鎖って何?って思うんですよね。

スポンサーリンク

そして中盤に差し掛かる頃、野立が黒原理香(成海璃子)とオセロをやっていて、ヒントになるようなセリフを言います。

白のものが黒になる
黒のものが白になる
こっからだよ、ストーリーは

野立の言ったように、ここからがさらに面白くなってきますね。

絵里子が小堀は自殺ではなく他殺だったと思い、佐神にターゲットを絞り込むんですよ。

そして、ここでやっとタイトルの暴力の意味がわかってきます。
悲しき暴力とは虐待のことでした。

佐神が幼い頃に父親から虐待されていたことや、あの連続殺人犯で捕まった野口もまた親からの虐待が原因で犯行に及んだことがわかります。

虐待が犯行の理由というのは、1期でも生瀬勝久さんがゲストだった9話で扱われていましたよね。

あのお話は、最初から虐待がテーマだとわかる流れで、自分たちを虐待した父親への恨みから始まった殺人でした。

ところが今回のストーリーは、ここまで虐待が事件に絡んでいることがわからないうえに、犯行の動機がまったく違うんです。

それがまた面白い!

1期9話も、今回の野口も、虐待した親を恨んで、似た人を殺していました。
でも、今回のストーリーでは、虐待していた父親を憎んでの犯行ではなく、優しかった頃の父親の思い出を大切にしたかったからこその犯行だったわけです。

犯人が守りたかったものがわかった時は、えっ?マジ?ってなりますよ。

終わり10分前後から始まる絵里子の謎解きのような犯人を追い詰めるシーンは、スッキリしましたね。最初から絵里子は犯人を疑っていたことがわかり、すごっ!!って思いましたし。

そして、犯行の理由を聞くと、なんだか切ない…
そこで、タイトルの「悲しき暴力の連鎖」の意味が完璧にわかり、1期9話の時とはまた違った意味で、虐待について考えさせられました。

BOSS(ドラマ2期)3話まとめ

最後はとっても切なかった…
2度目に観ると、どこから絵里子が犯人を疑って、どこで動機に気づくのかがわかるから、別の楽しみ方ができるんだけど、最後は最初に見た時よりもずっと寂しい気持ちになりました。

ちょっとした時間のズレやタイミングのせいで、運命変わっちゃったわけですから、そうでなければまた違った未来もあったかもしれないのに…とか思っちゃいます。

そして、終わる時に花形一平(溝端淳平)か…って連行されていく様子を見てつぶやくんだけど、その言葉に田所幸子(長谷川京子)が反応していたのも気になります。

次回「羊たちの反撃!」

あらすじ・感想の各話一覧
BOSS(ドラマ)のあらすじ・感想ネタバレまとめ!動画配信・各話一覧

↓次の第4話の感想はこちら

以上、「BOSS(ドラマ2期)3話の感想(ネタバレ注意)犯人が守ろうとした意外なもの」でした。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら