アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

BOSS(ドラマ2期)11話の感想ネタバレ!最終回!本当の犯人&目的

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

BOSS(ドラマ2期)11話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第11話「ゆずれない正義」

前回10話は、連続爆死事件に片桐の恋人の父が関わっている?というお話でした。

今回はとうとう最終回!黒い月を利用していた本当の犯人・組織とその目的は!?

では、ここから「BOSS(ドラマ2期)11話の感想(ネタバレ注意)最終回!本当の犯人&目的」についてまとめます。冊z

スポンサーリンク

BOSS(ドラマ2期)11話 あらすじ

大澤絵里子(天海祐希)をはじめとする特別犯罪対策室のメンバーが、あらぬ容疑で次々と逮捕されてしまいました。

野立信次郎(竹野内豊)は、刑事部長の丹波博久(光石研)に、なにかの力が働いている!サミットの警備をさせないためにかけられた妨害だと言いますが、丹波は聞こうとはしません。

しかし丹波は、その後トップからの連絡だからと全メンバーを解放します。

特別犯罪対策室に戻ってきたメンバーたちは、自分たちが捕まった状況を考えて、警察全体を動かす大きな力が働き、警察内部の犯行だと判断。

そして、2年前の国家公安委員長・黒原健蔵(西田敏行)を狙撃したのも、黒い月ではなく警察内部の犯行だと予測。

そして、木元真実(戸田恵梨香)が解読していた情報から、日本版CIA計画が進められていたことが判明!絵里子と野立の同期森岡博(大森南朋)が、その組織のトップだとわかります。

彼らの目的は、いったい何なのか!?

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

BOSSの動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

この作品はフジテレビ放送ですから、FODプレミアムで観ましょう!

BOSS(ドラマ2期)11話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

ハラハラドキドキの始まり方ですね。

こうも白々しくみんなを逮捕するのかって思うぐらい、堂々とというか容赦なく敵も動きだしました。

バレたって気にしないって感じ。

だって、普通同じ職場の人たちが違う容疑で一斉に逮捕されるとかあり得ないでしょう。
しかも、刑事なのに…

逮捕してきた刑事たちのことを確認すれば、どこがどう動いているのかってことがわかりますからね。当然ながら、それぞれの部署を一斉に動かせるのは、相当大きな組織で警察関係者だと絵里子たちもわかっています。

宣戦布告みたい…

でも大きな力だからこそ、目的さえ邪魔されずに達成すれば、絵里子たちがどうあがこうと力で押さえつけられると思っているのでしょう。

実際、あとで森岡も「蟻」って言ってましたから。
簡単に踏み潰せるってことです。

そんな中で、やっと丹波刑事部長が対策室のために動いてくれましたね~~。
警察のメンツばかり気にしてガミガミ文句ばかり言っていた丹波が、警察上層部の圧力を無視して絵里子たちの味方になってくれたということです。

このシーンは良かった!!
もしも丹波が嘘を言って対策室のメンバーを解放してくれなかったら、事件の解決はできなかったし、犯人組織の目標は達成されてしまっただろうし。

そしてこのあと、具体的に犯人の目的とその組織のことがわかってきます。

「CIA計画」
政府にとって危険な人物を取り締まる秘密警察が、竹岡首相(若林豪)首相を危険人物として殺害しようとしているってことです。

警察・政治家・官僚などが絡んでいるこの大きな組織が、表面的な政治ではぬるいと情報を集めて密かに動いているということ。

竹岡首相を暗殺しようとしているのは、情報開示をして開かれた政治を行いたいと思っている首相だからで、情報開示されてしまっては都合が悪いことがあるわけですね。

そしてその秘密警察のCIA計画を進めてきた中心人物が、絵里子と野立の同期だった森岡博(大森南朋)であり、彼の指示で動いていた手下が田所幸子(長谷川京子)だったということです。

毎度のことながら、この組織のことがわかるのも、森岡がこの事実を認めて絵里子と野立と接するのも早い段階で放送されます。あとからなぜ?どうやって?が解明されていくパターン。

ここからが、ハラハラとびっくり盛りだくさん!!

スポンサーリンク

田所が森岡の手下だったと気づいた野立が接触したら、田所が撃たれてしまったり…
花形一平(溝端淳平)が無事に見つかったり…

田所は、とっくに絵里子に影響されていたんですね。
対策室と森岡との間で苦しんでいながら、花形を助けようと森岡を裏切るような行為もしました。

まぁ、それも森岡には最初からお見通しだったようですけど。

そして、びっくりだったのは、首相の暗殺というのも目くらましで、別の目的があったこと!!

絵里子は、ウイルスに感染させられちゃうし、やっと逮捕した森岡ですらコマであったということ!

もっと大きな敵がいたんですよ。

どこまでコロコロと展開が変わるのか…
気が抜けないような、ドキドキしすぎちゃうような感じです。

最終的に捕まった犯人がわかってしまうと面白くないので内緒ですが、その犯人の関係でとても切なくなるシーンも出てきます。

情報を精査し、政治家を育てて万全の国家体制を作っていかないと国は滅びてしまうという犯人。

それに対して、法を犯せば裁かれるという当たり前の道徳が崩れた時こと国は滅びると言い返す絵里子。

この部分が、今回のタイトル「ゆずれない正義」ってことでしょうね。

それぞれが、国のため・正義のためにと行動しているのは同じなのに、その正義の考え方が違っていたということです。

犯人と絵里子のやり取りを聞いているとわかることがあります。

それは、この組織の目的のために黒い月は利用され、計画を中心に実行してきた森岡もまたコマとして利用され、彼らを国のためだからと利用してきた犯人本人もまた、実はすべてを暴かれることを望んでいた…ということ。

切なくホロッとするシーンはギリギリまで続き、そこからはだんだん明るいシーンになってきます。

ウイルスに感染させられちゃった絵里子が倒れて危険!って空気の中、メンバーたちが今まであったことを思い出すシーン。
良かったですね~~~。あったよね、こんなことって感じで。

その後も、みんなが元気になったり、復活したりといつものメンバーたちです。

最後は、毎度のことながら絵里子が海外へ行くのか?っていうシーンで終了。
今度は、離婚弁護士の津川雅彦さんが演じたパラリーガル・井上紀三郎が、間違えて声をかけてきたという設定で、後ろを歩く間宮貴子も登場!

離婚弁護士も観たくなっちゃいますね(笑)
とても気分スッキリ笑って終了って感じでした。

BOSS(ドラマ2期)11話まとめ

以上、「BOSS(ドラマ2期)11話の感想(ネタバレ注意)最終回!本当の犯人&目的」でした。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら