アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

BOSS(ドラマ2期)10話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)片桐の恋の行方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

BOSS(ドラマ2期)10話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第10話「動き出す陰謀…」

前回9話は、プロによる連続刺殺事件のお話でした。

今回の10話は、連続爆死事件に片桐の恋人の父が関わっている?というお話です。

では、ここから「BOSS(ドラマ2期)10話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)片桐の恋の行方」についてまとめます。

スポンサーリンク

BOSS(ドラマ2期)10話 あらすじ

特別犯罪対策室のメンバーは、世界各国の首脳が集まる環境サミットの警備をすることになりました。

そんな中、片桐琢磨(玉山鉄二)は、交際中の藤森楓(木南晴夏)に父親の前でプロポーズしてしまったことで落ち込んでいました。
あきれてしまった対策室の男たちでしたが、山村啓輔(温水洋一)は今度は自分の番だと盛り上がります。

すると、事件だと言って現れたのは…大澤絵里子(天海祐希)と木元真実(戸田恵梨香)!!木元は絵里子の指示を受けて新島署に派遣され、2年前に起きた国家公安委員長・黒原健蔵(西田敏行)狙撃事件に関わることをずっと調べていました。

そして今回、正式に特別犯罪対策室メンバーとして復帰することになったのです。

事件は、有名商社勤務の男性がルームランナーに仕掛けられた爆弾で死んだというもの。さらにその1周間前にも有名商社勤務の男性が公園で爆死していました。

殺された男性が勤めていた商社は、過去に黒い月の連続企業爆破事件のターゲットにされた会社だったため、今回の爆破事件にも黒い月が関わっているかもしれないと絵里子は思ったのですが…

意外なところで驚くべき人物が浮かび上がってきます。
それは、片桐の交際相手・楓の父・俊夫(西岡徳馬)でした。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

BOSSの動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

この作品はフジテレビ放送ですから、FODプレミアムで観ましょう!

BOSS(ドラマ2期)10話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

今回は、メインのストーリーとしては片桐の恋の行方が気になる!というお話でした。

彼女にプロポーズまでしてしまった片桐なのに、彼女の父親が罪を犯してしまったために、別れるか刑事を辞めるかの選択で悩むことに…

BOSS1期では、過去の事件のトラウマがあって、組織に馴染もうともしなかった片桐ですが、絵里子の部下としてトラウマを乗り越えてからの2期では、キャラもグッと変わってましたよね。

甘いもの好きを隠すこともせず、積極的に合コンにも参加するようになっていった片桐。野立会に対抗して山村が立ち上げた会で女性との付き合い方を伝授してもらっている時に、その様子を微笑ましく見ていたのが木南晴夏さんが演じる藤森楓でした。

これまで全く恋愛の経験はないのね…と思えるほどのド純情な片桐。
キスしたら結婚だろうって真顔言い切れるほどですから、どれほどの純粋培養なのか!?

そんな彼の恋が、終わりを告げてしまうシーンが、今回の一番の見どころだったと言えるでしょう。
真面目に結婚まで考えていたんですからね。

その気持を一番理解してあげられるのは絵里子で、だからこそ刑事を選ぶのか恋を選ぶのかのどちらかだとハッキリ話をしてくれます。

絵里子も、1期の時にずっとつきあっていた彼は、弟が刑務所に入ってからも何年も自分の身分を隠して交際してましたから、相当好きだったはず。

彼女もまた、自分が警察だと彼にバレたあたりから覚悟してたんでしょうね。
1期の最後に、もう待っていなくていいと自分から別れを切り出していました。
弟が罪を着せられて冤罪だったことがわかったというのに…

そんな絵里子の言葉だからこそ、片桐も重く受け止めて刑事の道を進む決意ができたのかもしれません。

スポンサーリンク

う~~~ん…
楓の父は、仲間の殺人を知っていて助けてしまったということだし、殺す側よりも殺された側の方がひどい人間だったというのもあって、同情してしまいます。

結局は、殺された人たちのやったことから、犯人も手伝った楓の父も、その周りの数多くの人物が辛くて不幸な想いをすることになったわけですから。

楓もつらかったでしょうね。
まさか自分の彼氏が刑事だったとは…

なんだかとっても切なくなるお話でした。

そして後半が、最終回に向けてかなりやばい展開になっていきます。

次々と特別犯罪対策室のメンバーは勝手な言いがかりで罪を着せられ、花形一平(溝端淳平)は撃たれてしまいます。

田所幸子(長谷川京子)は裏切り者だった!!
しかも、森岡博(大森南朋)の手先だったとは!!

え~~~っって感じで終わりでした。

BOSS(ドラマ2期)10話まとめ

最後は、結局2期で新たに配属されてきた女性2人は、揃って裏切り者だったという結末か!!って驚きましたよね。

田所がどういうつもりなのかは次回でわかるでしょうが、絵里子が無理やり引っ張ってきた黒原理香(成海璃子)だけが、純粋に対策室に慣れていったということです。

こんな身近に裏切り者が!っていう点で、バックに大きい悪の存在がいるってことがわかります。

そして次はとうとう最終回。
どんな展開になるのかめちゃくちゃ楽しみです。

次回最終回「ゆずれない正義」

あらすじ・感想の各話一覧
BOSS(ドラマ)のあらすじ・感想ネタバレまとめ!動画配信・各話一覧

↓次の最終回・第11話の感想はこちら

以上、「BOSS(ドラマ2期)10話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)片桐の恋の行方」でした。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら