アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

文豪ストレイドッグス(アニメ3期)32話の感想ネタバレ!新生組合誕生!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

文豪ストレイドッグス3期32話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第32話「フィッツジェラルド・ライジング」

前回31話は、泉鏡花と中島敦にそれぞれ仕事が依頼され、鏡花は両親の死の真相、敦は孤児院の院長に関する真実を知るお話でした。

鏡花も敦も、過去の事件で心に傷を持っていましたから、ホロッとするとともに癒やされましたね。

今回の第32話は、組合(ギルド)のボス・フランシスの復活ストーリーです。

では、ここから「文豪ストレイドッグス(アニメ3期)32話の感想(ネタバレ注意)新生組合誕生!」についてまとめます。

スポンサーリンク

文豪ストレイドッグス3期(アニメ)32話 あらすじ

ヨコハマの貧民街に来た組合(ギルド)のルイーザ。
知らない人と目を合わせることもできない彼女が危険な場所に来た理由は、組合(ギルド)のボス・フランシスを探すためでした。

怖くて人を避けながら階段を登って行くと、ある男から50セントでいいから恵んでくれと声をかけられます。

それに対してルイーザの答えは…
「差し上げれば、願いを聞いて下さいますか?」

その男はフランシスだったのです。
彼は、ルイーザと話をしたものの、彼女を拒絶します。

これ以上…
俺を惨めにしないでくれ…

しかし、フランシスと別れた後にルイーザが狙われてしまって…!!

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

文豪ストレイドッグス3期(アニメ)32話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、11巻44話・45話のお話です。

文豪ストレイドッグス(11)

文豪ストレイドッグス(11)

文豪ストレイドッグス(11)

[著者]春河35 [原作]朝霧カフカ

今回のタイトルは「フィッツジェラルド・ライジング」
ライジングとは、昇る・起きる・成長するなど色々な意味がありますね。

タイトル通り、組合(ギルド)のボス・フランシス・スコット・キー・フィッツジェラルドが復活して新生組合(ギルド)が誕生させるというお話です。

大人しいというイメージのあったルイーザが、世捨て人のようになってしまったフランシスを探すところからお話が始まります。

フランシスと言えば、消費した金額に比例して自分の身体能力が強化されるという異能力を持っていることから、とにかくお金持ちでしたよね。そしてプライドも高かった!

そんな彼が落ちぶれている様子というのは、驚くのと同時にどれだけ彼自身が敗北に耐えられなかったのかというのを表していると思います。

そもそも彼の目的は、ヨコハマにあるという願いをかなえる本を手に入れて、本国の妻を救うことでした。娘が亡くなったというのに、現実を受け入れられずに留学していると妄想している妻のために、本を手に入れて娘を生き返らせようとしているんですよね。

そして、敦に懸賞をかけてを狙っていたのも、その本を探す時に敦は必要な存在(道標)になるからです。

そんなフランシスは、あの三者抗争で破れた際に、白鯨から異能が切れた状態で落下。海に投げ出されたというのに、50万ドルの結婚指輪が消費された身体強化によって命が助かりました。

全財産を支払った時でさえ残っていた指輪が、なぜか勝手に消費されて自分の命を救ってくれた…

これって、奥さんの愛でしょうって喜ぶ人もいるでしょうが、フランシスはそう思えなかったようですね。自分は妻のために何もしてあげられなかったし…

全財産と地位を失い、妻を救う方策さえ潰えてしまった自分。
注ぎ込んだ額に比例して身体強化する能力も、お金がなければ役にも立たず…
まるで死人のようになった薄汚れた男になっています。

でも、ルイーザを拒否したあとに、事件が起こります。

スポンサーリンク

犯罪者組織「ザアパルク」のボス・サムネイルがまた登場!
バカだ…この男…

30話で、武装探偵社の1階の喫茶店マスターを襲って指の爪を剥がした男でしたよね。
あの時も、他の組織にヘルプを出したら、ヨコハマを知らないにもほどがある!と拒否されるほど、武装探偵社のことをよく知らずに甘く見ていました。

当然ながら、武装探偵社にあっさり捕まってボコボコやられたでしょう。

今回は、包帯を巻いていましたけど、あれって武装探偵社にやられた時のですね。探偵社に叩かれてスラムに逃げ延びてきたようですから。

そして、彼らはやっぱりぬけていて、フランシスとすれ違ってぶつかったにも関わらず気づきませんでしたよ。自分が追っている相手のことはよく調べておこうよ~~。

組合(ギルド)の作戦参謀がひとりで歩いているって聞いたために、ボスの居所をはかせようって思ってここまで来たのなら、外国人って時点で普通疑わない?

だって、ルイーザがここに来たってことは、ボスがここにいたって可能性が高いわけで、目立つ噂がなかったということは、スラムに溶け込むように隠れている可能性だってあるわけじゃないですか。

結局、ルイーザを襲おうとしたことで、フランシスの心に火を灯してしまい、ザアパルクはまたもややられてしまったわけです。

そして、ルイーザを助けてやる気を出したフランシスは、新生組合(ギルド)を誕生させて活動開始します。

ここまでもこの後も原作通りではあるのだけど、この新生組合(ギルド)を誕生だと言った時にひとつだけアニメと漫画で違う部分があります。

実は、ジョン・スタインベックがこっそりその様子を見ていたんです。
彼は現在、組合(ギルド)残党の暫定リーダーをしており、元に戻ったフランシスを見てがっかりしていました。

ジョンは、故郷の大家族を養うために組合に入っていましたから、お金と支配のことしか考えないフランシスがもともと嫌いだったんですよ。

でも、フランシスが家族のことを大切に思っていたことを知ったり、最後にすべてを亡くしてしまった状況から、彼自身が変わってくれるかもしれないって期待したんですよね。

でも、復活した彼は以前となんら変わっていなくて、フランシスとは敵対し、彼の野望を潰そうと決意します。

このジョンの登場シーンがすべてカットされていました。

この後からのストーリーは、原作と同じで痛快でしたね!!

ボロボロの木造オンボロアパートが拠点であったり、お金持ちでなんでも店ごと組織ごと買っていたフランシスが、今はお金がないために、初めて普通の買い物をして妙にハマっちゃうんですよ。

使いもしない鍋を買ったり、◯個買えば◯個おまけでお得感を味わったり(笑)
お得な買い物をしていそうで、結局は使わないものをいくつも買っているから、お金持ちの感覚はまったく抜けていないんですね。

しかしその後、ルイーザの異能力を使って、すごい勢いでお金や地位を得ていきます。
それがとっても爽快!!

無実の罪を着せられそうになっている博士の元へ出向き、無実を晴らして助ける約束をします。そして、本当の犯人を探すのにエドガー・アラン・ポオと江戸川乱歩を利用し、真犯人を見事に追い詰める!!

結果的に、貴重なシステムと人材、そして会社ごと手に入れてしまいます。
こういう行動力がかっこいいわ~~~~。

文豪ストレイドッグス3期(アニメ)32話 感想まとめ

フランシス・スコット・キー・フィッツジェラルドは、やっぱり偉そうにしているのが似合いますね(笑)

あとは、ポオが可愛いかった!
彼は足を洗ったので、しょっちゅう武装探偵社の江戸川乱歩のところへ通っています。

今回の真犯人探しは、ルイーザが同じ小心者仲間だったため、断れなかったという理由も可愛い!

次回「仮面ノ暗殺者」
武装探偵社の社長・福沢諭吉とポートマフィアのボス・森鴎外が襲われます!

あらすじ・感想一覧などまとめ記事はこちら
文豪ストレイドッグス(アニメ3期)の動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第33話の感想はこちら

以上、「文豪ストレイドッグス(アニメ3期)32話の感想(ネタバレ注意)新生組合誕生!」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら