アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

文豪ストレイドッグス(アニメ3期)36話の感想ネタバレ!迫力の夏目漱石登場

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

文豪ストレイドッグス3期36話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第36話「共喰い(其の三)」

前回35話は、武装探偵社の面々は、社長の命令をやぶってポートマフィアと戦う者たちと別の方法を探す者にわかれて、社長を助ける方法を模索していました。

そして今回の36話では、それぞれのボスである福沢諭吉と森鴎外がふたりきりで勝負を決めようとします!

では、ここから「文豪ストレイドッグス(アニメ3期)36話の感想ネタバレ!迫力の夏目漱石登場」についてまとめます。

スポンサーリンク

文豪ストレイドッグス3期(アニメ)36話 あらすじ

武装探偵社とポートマフィアは、それぞれのボスを助けるために戦いを続けていました。

そんな中、福沢諭吉と森鴎外は、部下たちには何も言わずに姿を消し、同じ思いをもっていたふたりは懐かしい因縁の地で再会。
そしてお互いに、愛するヨコハマの街と組織や部下たちのことを思って刃を交えるのでした。

そんな二人を止めた人物は…?

一方その頃、太宰治の指示で芥川龍之介と中島敦は、敵のアジトのある古い炭鉱跡に潜入することになりました。

一緒に協力して戦うように言われたものの、敦には芥川が素直に聞いてくれるとは思えません。しかし、意外にも拍子抜けするほど芥川は素直で…

動画・見逃し配信情報

文豪ストレイドッグス動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

文豪ストレイドッグス3期(アニメ)36話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、12巻49話の途中~13巻51話までのお話です。

文豪ストレイドッグス(12)

文豪ストレイドッグス(12)

文豪ストレイドッグス(12)

[著者]春河35 [原作]朝霧カフカ

 

文豪ストレイドッグス(13)

文豪ストレイドッグス(13)

文豪ストレイドッグス(13)

今回のストーリーは、カッコいい~~可愛い~~と大騒ぎしながら観てました(笑)

まず、前半の見どころは福沢諭吉と森鴎外の戦いになるわけですけど、大人の魅力っていうのか、ボスの迫力というのか、カッコいい!!って思いましたね。

今までの森鴎外は、本音はキレる男だってことはわかっていましたが、普段はチャラチャラしていたりするじゃないですか。福沢はいつも同じ感じですけど。

なのに今回は、ふたりとも本当なら戦いたくはないけれど、もうそれしかないと思って戦うわけです。

真っ向勝負で戦って勝ちかと思われた福沢諭吉。
力勝負では勝てないと思ったからこそ、巧みな話術で油断させて襲いかかる森鴎外。

そしてこれで勝負が決まってしまうのか?というところで登場したのが夏目漱石ですよ!!なんとも言えない迫力を感じます。
漫画よりもカッコよかったですね。

この3人がカッコいいと思ってしまうのも、三刻構想を実現した3人だから。

三刻構想というのは、夏目が立案した構想です。

それはヨコハマの街の均衡を保つための構想であり、昼は軍警と特務課・夜をポートマフィア・その間となる夕方を武装探偵社が取り仕切るという案でした。

この構想を実現して福沢諭吉と森鴎外に街を任せたあと、夏目漱石は引退しています。

そして今、この構想が終わりを告げるという時に、夏目の登場です!
原作よりアニメの方が若々しく思えましたね。
大塚芳忠さんの声が最高~~。

ヨコハマの街を守るため・部下たちに余計な争いをさせたくないために、お互い旧知の仲でありながら直接戦ったふたりと、引退してなおも見守り続けながらフォローしてきた夏目。

武装探偵社の春野綺羅子の飼い猫(三毛猫)として見守っていたとは…
まさに「吾輩は猫である」ですね(笑)

カッコいいじゃないですか!!
住みたいヨコハマ!!

今までのストーリーでも、お互いの組織がヨコハマの街を愛していて守ろうとしているのはわかっていました。

でも、ただヨコハマを守りたいってそれぞれがあらゆる敵と戦っていたわけではないんですね。ちゃんと、守るためにはどうすべきかという考えがあって、それぞれが役割を守りながら街を守っていたわけです。

そして、福沢と森のことをすっごく信頼しているのがまた嬉しいですね。

儂が見込んだ御前等の組織じゃ
鼠如きが食い荒らせるモノではない

二人共
それを証明してみせよ

原作コミックに忠実に描かれているのだけど、アニメはさらに良かったな~~~!!

3人のおじさま、カッコ良すぎです。
花袋も生きていて良かった♪

スポンサーリンク

中盤からは、ずっと病院に入院していた太宰治が、夏目から情報をもらって動き出します。ここからは原作コミックの13巻に突入です。

太宰はポートマフィアと戦う以外の方法を探していた国木田独歩と敦と合流し、そこに芥川龍之介も呼んでいます。そして、敦と芥川に敵のアジトに潜入させようとするわけです。

この時の芥川のギャップが最高に可愛い!!
敦はいつも可愛いけどね!!

そして、こういう時の太宰もまた、何を考えているかわからない謎の部分があって、めっちゃカッコいいんですよ。

芥川って、本当に太宰のことを好きっていうか、彼に認めてもらいたいんですね。

いざ作戦実行となったら、4年越しで認めてもらえるチャンスだと気合を入れており、いつもの強い芥川になっていますから、このギャップにやられますね。

あと芥川と敦って、なんだかんだ言いながら、共闘するには相性がいいんですよ、このふたり。

そして、途中で巡回警備の男ふたりに見つかりそうになったので、芥川が捕まえて彼らに寝返るように言ったんだけど…
そのうちの一人こそが目標のウイルス異能力者・プシュキン・Aでした!!

ふいうちで芥川は銃で小さなキズを付けられてしまいます。
すぐにプシュキンを追うつもりだった芥川が倒れてしまって、その傷からウイルスを感染させられたことがわかったところで終了でした。

早く続きが観たい~~。
気になる~~。

文豪ストレイドッグス3期(アニメ)36話感想ネタバレ まとめ

途中で、フョードルにお茶の用意をしていた長髪の男も出てきましたね。
彼はイワン・ゴンチャロフ。

彼はこれから、プシュキン・Aを追う芥川と敦の前に立ちふさがることになります。

そしてとうとう最終回!
フョードル・ドストエフスキーは捕まえることができるのか!?

次回「回向(ECHO)」

あらすじ・感想一覧などまとめ記事はこちら
文豪ストレイドッグス(アニメ3期)登場人物~あらすじ・感想ネタバレ各話一覧

↓次の第37話の感想はこちら

以上、「文豪ストレイドッグス(アニメ3期)36話の感想ネタバレ!迫力の夏目漱石登場」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら