Dr.コトー診療所

Dr.コトー診療所2006(2期)11話最終回のあらすじや感想をまとめました!

2期・第11話「逃れられぬ、医師の宿命」
前回10話では、とうとう彩佳が、父・星野正一(小林薫)に病気のことを明かしました。そして、コトーが自ら手術をするために、彩佳の元へ行きましたね。

とうとう最終回!!
彩佳の手術が始まります!

スポンサーリンク

Dr.コトー診療所2006(2期)11話のあらすじ

コトー(吉岡秀隆)が、病室に来ていたために手術を本気でする気なのか確認した主治医・鳴海(堺雅人)。そしてコトーが本気であることを知ると、「会わせたい人がいる」と言い出します。

コトーが連れて行かれたのは…
鳴海の自宅でした。
そして、コトーは鳴海の過去の話を聞きますますが、言葉が出ません。

その後、とうとう手術当日。
彩佳は、コトーに胸の再建手術をしないでほしいと頼みます。
その理由は!?

彩佳の想いを胸に、手術を執刀するコトー。
しかし、何やらいつもとは様子が違って焦っています。

冷静さを失い、手を震わせ、看護師にまで大きな声を出してしまうコトーを冷静にしようと鳴海は声をかけますが…

Dr.コトー診療所2006(第2期)11話の感想

とうとう最終回です。

この2期になってから毎回どうなるのか?と心配していた彩佳の病気の結果がわかるお話ですね。
そして、担当医師だった鳴海が本当はどういう医師だったのかというのもわかります。

私は、この鳴海の真の姿を知って感動しちゃいましたよ!!
最後の最後で、あの冷たいクールな人がこうきたか!って感じ。
そのあとの鳴海との会話シーンも最高でした!!

管理人管理人

グッジョブ!∑d(≧▽≦*) 鳴海!!

ドラマは、前回を振り返った後に、鳴海がコトーに本気で手術をする気なのかと質問するシーンから始まります。

そして、コトーに会わせたい人がいると言って、鳴海は自分の自宅につれて行きます。

自宅には、寝たきりの妻がいて、5年前に心臓発作で倒れて以降話すこともコミュニケーションを取ることもできない状態です。

鳴海は、自分は医者であり一番大切な人を救わずに誰を救うんだと思って、教授の忠告を振り切って手術をしたそうです。その結果、妻は寝たきりで生きていると言えるのか…それとも死んでいるのと同じなのか…という状況になってしまいました。

だから、彩佳のオペをするというコトーには、この現実を見せておきたかったんですね。
自分と同じ後悔はしないようにって。

だから、鳴海の言葉には、すごい説得力がありました。

コトーは何も言えませんでしたね。
今まで見たこともないような厳しい顔をしていました。

スポンサーリンク

そして手術当日。
剛洋が会いに来てくれて、すごく元気そうな彩佳。

そして、コトーに話したいことがあると言って、胸の再建手術をしないでほしいと頼んでいました。

女性にとって…しかも結婚前の女性にとって、胸がないというのは精神的にもつらいことだと思うんだけど、それでも時とともにガンを甘く見てしまうかもしれないからという理由で再建してほしくないと言う彩佳。

これは、コトーだから絶対に看護師を続けられるように治してくれるという思うからこその、看護師としてずっと働く覚悟でしょうね。

そして、いざ手術が始まるという時、コトーはあきおじにもらった草履を履いて手術に臨みます。
鳴海はそれを見た時も何も言わなかったけれど、頭がいい人だから何か意味があることだとは理解したのでしょう。

手術が始まってからは、意外な展開でした。
あのコトーが今までにない様子を見せて、すごく焦ってしまいます。

最初に焦りだした時に、すぐ鳴海が冷静になるよう声をかけてました。
その時はそれで冷静になれました。

そしてその後、途中までは順調だったんですよね。
だけど、途中で出血してしまった時に、自分を見失ってしまうんですよ!

コトーは、彩佳の傷を少しでも小さくしたいがために、切開する箇所を狭くしていたんだけど、もっと広げた方がいいと言う鳴海の言葉を聞こうとはせずに慌ててしまいます。

初めて見ましたね…こんなコトーは…
鳴海が大声を出して、やっとコトーは我に帰りましたけど。

医者ならオペのことだけを考えろと言われて、数歩下がってしまったコトーは、今までのことを色々考えてしまいます。
あれだけ島の人の手術をやってきたというのに、やっぱり彩佳は特別だったということでしょうか。

鳴海は、執刀を変わろうとしたものの、コトーは大丈夫だと意思表示。
その表情を見て、「わかった」と素直にフォローにまわる鳴海。

すごいチームワークだったと思いますよ。
コトーはやっぱり複雑で後悔があるような顔はしてましたけどね。

そのあとの鳴海との会話シーンも最高でした!!

管理人管理人

グッジョブ!∑d(≧▽≦*) 鳴海!!

鳴海は、ただ自分と同じようにならないようにっていうだけではなく、自分自身がずっと後悔していたんですね。そして、家族や愛する人に対する気持ちを強く持っているからこそ、コトーが家族のように島民を思って治療していることに違和感を覚えていたというのもわかります。

コトーのやっていることを偽善だと言っていましたけど、嫌な感じではなかった…
すべてにおいて最終回の鳴海の行動は、最高だったと思います。

手術中は、ずっと結果を待っている島民の様子も映っています。
その中で、三上医師に対して話している和田のセリフが心をほんわか温かくしてくれて好き!!
和田って人は…
この人は、本当にコトーのことをよく理解している!!
そう思えるセリフですから、ぜひ動画で聞いてみてください。

後半は、島の様子など新たな生活が観れますね。
今まであったことや、気になるその後がわかるシーンです。

邦夫も、剛利の船にのって修行することになりましたよ!!
本人はもちろん嬉しいでしょうが、息子が漁師にならなかった剛利も嬉しいでしょうね。

まとめ

個人的に、鳴海がここまでやってくれるとは!!と感動でした。
今までクールだったからこそ、こんなに熱い人だったのかと感動しましたね。

彩佳の手術後には両親と再会し、その後無事に退院しています。

1期とはまた違ったトラブルが盛りだくさんだった2期2006…
作品を通して取り上げられた大きな問題は、すべて解決し、ハッピーエンドですね。

唯一気になるのは…
大晦日に初日の出をミナと一緒に見に行けることになった和田…
1期・2期合わせてとても重要だったと思うので、彼にも幸せになってほしい!!

まとめページもご覧ください。
↓↓↓

以上、「Dr.コトー診療所2006(2期動画)11話最終回のあらすじ・感想ネタバレ!彩佳の手術」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。