アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ちはやふるアニメ1期4話のあらすじ感想ネタバレ!千早はA級に?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ちはやふるアニメ第4首「しつこころなくはなのちるらむ」

前回の3話では、小学生の千早・新・太一たちが、白波会に入ってチームを組んで頑張ろうって思ったのに、卒業後に一緒にかるたができずお別れになってしまうというお話でした。

泣きましたよ・・・
子どもが別れを泣くシーンは、おばちゃんには可哀想すぎる・・・

そして、今回はとうとう高校生になってからのストーリーになります。

では、「ちはやふるアニメ1期4話のあらすじ感想ネタバレ!千早はA級に?」についてまとめます。

スポンサーリンク

ちはやふるアニメ1期4話のあらすじ

新は、福井に帰っていきました。

高校生のシーンに戻り、千早は相変わらずかるたのことで頭がいっぱいです。
全国大会で新と戦いたいと思う千早に対して、太一は他の部に入ったらどうかと言うほど、諦めている部分がありました。

「優勝してA級になったら一緒にかるた部を作ってよ!」と太一に宣言をし、大会に出場。
気になって大会を見に来た太一は、久しぶりに原田先生に再会します。

原田先生からの話・千早の対戦を見て、徐々に心が動かされていく太一。

そして、A級をかけた千早の対戦結果はどうなる?

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

ちはやふるアニメ1期4話の感想ネタバレ

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

原作コミック2巻に掲載中

ちはやふる 2巻

ちはやふる 2巻

ちはやふる 2巻

[著]末次由紀

今回のストーリーは、高校生になって本気でかるたをやる気になれない太一に対して、A級になったら一緒にかるた部を作ってもらおうと優勝しようと千早が頑張るお話。

対戦の様子をアニメで見れるのはいいです!!
漫画は漫画で迫力があっていいけれど、アニメは動きや音があって違う良さがあります。

札を詠む声が、かるたという世界の雰囲気をよく出していて見ている自分もドキドキしてきました。こんな感じでこの先かるた部の対戦になったら、どれぐらいドキドキするんだろう!?

ふと気づくと、序歌を口ずさんでいる自分がいる・・・(笑)

ただ、漫画と違って時間枠があるから、あっという間に終わってしまうのが残念・・・(T_T)

優勝を目指しての決勝戦、相手が強い!とて下を向いていた千早が、顔をあげた時に嬉しそうな顔をしたシーンが印象的でした。
可愛い!

相手が強くてかるたが好きなんだという事に喜ぶ千早が好きだよ~~♪

そして、この回でポイントとなるのは、原田先生の言葉でしょう。
「青春全部かけたって新より強くなれない」という太一に対して、「青春を全部かけたって強くなれない?まつげくん、かけてからいいなさい」という原田先生

これはまさに名言!

太一は、頭がいいから悩んでしまうんでしょうね。
千早みたいに、好きだからってだけで本気にはなれないんですよ。

それは、小さい頃から親に厳しく1番を求められてきたからというのもあるでしょう。新という大きな存在は、会えなくなってからも太一にとっては壁のように大きい存在で、もう諦めてしまっているわけです。

そこで、さりげなく原田先生のセリフですよ!!
これは、原田先生が言うからこそ心に響くんですよね!!

今後、この言葉を噛みしめるように、太一はがんばりますけど、原作コミックのず~~っと先でも、原田先生の存在に感謝しているシーンが出てきますから、師弟愛というのも見逃せません。千早だけじゃなくて、太一もまた原田先生の秘蔵っ子ってことです。

スポンサーリンク

ちはやふるアニメ1期4話の感想ネタバレ まとめ

千早は優勝してA級になるのですが、ここから何かが始まるって感じがしますよね。

太一に対して一緒にかるたやろうって意味でもあり、新に連絡してもいいかなって思うことでもあり、千早にとっては色々なことを始めるためのきっかけであり、それを自らの手で掴んだってことでしょう。

これからの展開が楽しみです。

以上、「ちはやふるアニメ1期4話のあらすじ感想ネタバレ!千早はA級に?」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら