アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ちはやふるアニメ1期11話のあらすじ感想ネタバレ!北央学園と決勝

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ちはやふるアニメ第11首「あまつかぜ」

前回の10話では、全国大会に向けて初めての公式戦(東京都予選)に出場しました。

初めての対戦でうまくいかずにやる気を失ってしまった駒野勉(机くん)や、彼が出ない対戦でプレッシャーがかかって思うどおりに動けなくなった綾瀬千早。しかし、そんなトラブルがあったことで、かえってチームのまとまりはよくなりましたね。

そして今回は、競技かるたの名門校である強敵北央学園との決勝戦です。

では、「ちはやふるアニメ1期11話のあらすじ感想ネタバレ!北央学園と決勝」についてまとめます。

スポンサーリンク

ちはやふるアニメ1期11話のあらすじ

順調に勝ち進んだ瑞沢高校かるた部は、決勝戦に進みます。
対戦相手は、全国大会常連の北央学園!ヒョロくんこと木梨浩(きなしひろ)のいる高校です。

千早に対して挑発してくる北央学園の須藤暁人。苦戦する千早ですが、自分の1枚はチームの1枚になるとはっきり感じます。
また、他のメンバーも仲間のために勝ちたい!という強い意志をもって戦うのですが・・・

優勝するのは、瑞沢高校なのか北央学園なのか?

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

ちはやふるアニメ1期11話の感想ネタバレ

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

原作コミック3、4巻に掲載中

ちはやふる 3巻

ちはやふる 3巻

ちはやふる 3巻

[著]末次由紀

 

ちはやふる 4巻

ちはやふる 4巻

ちはやふる 4巻

[著]末次由紀

いいです!とっても・・・最高にいいです。

ライバルとなる北央学園との対戦ということもあって、一人一人のドラマがありますね。
みんながみんなのために・・・という瑞沢高校と、先生のためにという北央学園それぞれのチームのがんばりが感動を呼びます。

須藤のちょっと意地悪な所とか、甘糟那由太(あまかすなゆた)も、まだこの時点では北央の強さやに甘えたりしてますから、その軽い感じもよく出ていてよかったです。

なんだか、北央学園と対戦するというだけで、空気が変わるような気がします(笑)
今後、本当のライバルとしてずっと関わっていくチームであり、メンバーなので、目が離せませんね。

特に、ヒョロくんと須藤は大注目ですよね~~~。
この先、ずっと関わっていくこのふたりは、ライバルでありながら、時には仲間のようだったりしますから、とても好きです。

もっともハラハラするのは、やっぱり須藤と千早の対戦。
千早は、これまでかと驚くほどの集中力を発揮して、須藤はそのすごさに圧倒されるんだけど、そのすごさを冷静に見ている須藤もまた強いってことがわかります。

そして、部活動として活動してからまだ日が浅い瑞沢高校かるた部が、勝利しました。

あとは、新が千早からのメールに気づいて、PCで結果報告を待っているところも好きでした。
バイト先のPCでメールチェックをしていて、届いたのはメッセージとともんじ勝利して大喜びの千早たちの笑顔!

最高!

正直言って、原作を読んだ時にも「こんなに簡単に名門校に勝てるもの?」とか「ちょっと嘘っぽくない?」ってなるかと思ったんだけど、意外とそうは思わなかったんですよね。

まだ未熟な瑞沢高校ではあるものの、北央学園も相手を甘くみていたでしょうし、太一たち部員もあきらめずに戦った!そして、なにより千早が最も最高なかるたをしましたから。

アニメでも違和感はなかったです。
何度も見直したい内容になっています。

スポンサーリンク

ちはやふるアニメ1期11話の感想ネタバレ まとめ

ただ、今回残念だったのがひとつ。
千早と須藤の勝敗が決まるシーンがあっさりしていたかなって所です。
コミックだと、「勝ちたい」「勝ちたい」という言葉が重みがあって時間の長さを結構感じたんだけど、アニメだとあっという間に感じました。

どうしても時間制限があるからしかたないのかな・・・

以上、「ちはやふるアニメ1期11話のあらすじ感想ネタバレ!北央学園と決勝」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら