アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ちはやふるアニメ1期15話のあらすじ感想ネタバレ!太一の決勝戦

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ちはやふるアニメ第15首「つらぬきとめぬたまそちりける」

前回の14話では、全国大会2日目の個人戦で、初めて史上最年少クイーンの若宮詩暢(わかみやしのぶ)が登場。

1回戦では甘糟那由太(あまかすなゆた)、そして2回戦で綾瀬千早と当たります。音が出ない強いかるたに圧倒的な力の差を感じる千早。

今回の15話では、その対戦の続きから描かれています。そして、真島太一も決勝戦に進出!

では、「ちはやふるアニメ1期15話のあらすじ感想ネタバレ!太一の決勝戦」についてまとめます。

スポンサーリンク

ちはやふるアニメ1期15話のあらすじ

クイーンとの対戦は続きます。

圧倒的な差があるとはいうものの、千早もだんだん体がほぐれてのびのびとかるたができるようになっていきます。

しかし、結局5枚しかとれず大敗。
改めてクイーンの本当の強さを知る千早でした。

クイーンの詩暢は、次は1枚も取らせないと千早の名前をしっかり覚えます。

クイーンとの戦いが終わり、泣きながら素振りをする千早を見て、今日やっと千早の夢が本物の夢になったと思う太一。

そして、太一はB級の決勝戦に進みますが、厳しい戦いとなります。

瑞沢高校かるた部メンバー全員が太一の試合を応援します。がんばれ!太一!

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

ちはやふるアニメ1期15話の感想ネタバレ

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

原作コミック5巻に掲載中

ちはやふる 5巻

ちはやふる 5巻

ちはやふる 5巻

[著]末次由紀

それにしても、詩暢ちゃんはやっぱりめっちゃ強い~~~
甘粕も須藤もかなりの差で負けてたし。

でも、そんな強い詩暢ちゃんを初めて目の前にして、しかたないとは思わず、悔しい・もっと強くなりたいと思える千早はすごいわ~。
何か縁があるんですよね、やっぱりこのふたり。ここから千早の本当の夢が始まります。

ライバルになるだろう二人のその後は、原作コミックでもまたワクワクするようになっていきますよ。お互いに影響しあうようになるし。
ちなみに、詩暢ちゃんが千早に数枚取られてゴゴゴーッとなる所が好きでした(笑)

太一の試合はドキドキしてみました。
A級がかかってますからね。

いつもかるた部や千早のことばかり心配している太一なので、是非ともがんばってほしい!

そんな気持ちで見るわけですが、負けてしまって新たな始まりを感じます。

クイーンとの対戦で千早の夢がここから始まったというだけではなく、太一自身もまた進んでいこうと決意するからですね。

千早のように泣きながらも前向きになったり、新に向かっていきたいと思ったり・・・

そして決意したものの苦悩もここから始まり、ずっとA級になれなくて悩むことになる始まりでもあります。

コミックで内容を知っていてもハラハラしたりして涙涙でした。
肉まんくんもとってもいいやつだな~などと思ったり・・・

太一が負けてしまった時、本人よりもチームメンバーたちの方が号泣していたのにホロッとするわけですよ。どれだけお互いを思い合って心が通いっているのか・・・

ここまでの肉まんくんもいい楽しくていい人だったりしますけどね、ここから彼はちょくちょくいい人ぶりを発揮するんですよ。

そして、女帝こと宮内先生もまた、なぐさめあわない皆を見て、感心していました。彼女もまた、生徒をよく見ているのが素敵!

スポンサーリンク

ちはやふるアニメ1期15話の感想ネタバレ まとめ

個人戦が終わった後のかるた部メンバーと、動き出した新の行動が今後を期待させてくれます。

こういうキャラそれぞれが魅力的というのも、ちはやふるという作品の面白さでもあります。

以上、「ちはやふるアニメ1期15話のあらすじ感想ネタバレ!太一の決勝戦」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら