アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ちはやふるアニメ1期22話のあらすじ感想ネタバレ!敗戦のショック

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ちはやふるアニメ1期第22話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)をご紹介します。

ちはやふるアニメ 1期22首「うつりにけりないたづらに」

まずは、前回の21話のおさらいから。

無事にテストが終わり、綾瀬千早と西田優征(肉まんくん)は、名人・クイーン位東日本予選に臨みます。

須藤暁人の挑発に乗ってしまって、負けたらボーズという約束をしてしまった千早。

1回戦は、天才小学生の立川梨理華ちゃんとの対戦でした。

では、ここから「ちはやふるアニメ1期22話のあらすじ感想ネタバレ!敗戦のショック」についてまとめます。

スポンサーリンク

ちはやふるアニメ1期22話のあらすじ

千早の次の対戦相手は、翠北会で前クイーンの山本由美さん。

西田優征(肉まんくん)は、須藤暁人に負けてしまいました。
そして、同じ翠北会の山本由美ことゆーみんを応援することになります。

部屋を締め切って暑すぎる室内でのA級の対戦。

山本由美は、10年かけてやっとクイーンになったものの、たった1年で若宮詩暢にあっさり奪われてしまって以降、期待に答えられずに疲れ切っていました。

この暑さの中で、心が冷え切っている前クイーンをまえに、「あきらめてしまった人に1枚も取られたくない」と思う綾瀬千早。

しかしその後、結露で中が見えなくなったことに苛ついた翠北会の北野先生が勝手に窓を開けてしまいます。

空気が変わり、対戦中の誰もが気分をリフレッシュして以降、千早はやる気を出し始めた山本さんにペースを崩されていきます。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

ちはやふるアニメ1期22話の感想ネタバレ

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

原作コミック7・8巻に掲載中

ちはやふる 7巻

ちはやふる 7巻

ちはやふる 7巻

[著]末次由紀

 

ちはやふる 8巻

ちはやふる 8巻

ちはやふる 8巻

[著]末次由紀

今回は、千早の実力はまだまだだということがわかる回であり、太一にとっては気づきの回でもありました。

正直言って、私は山本由美というキャラは好きではないんですよ。
あのもめる態度や様子がどうも好きになれなくて・・・

でも、やはり前クイーン。
勝つために必要な技術と精神力を持っていて、それに千早は負けてしまいます。

まぁ、傲慢な部分もあったということですね。
前クイーン相手に、取らせたくないとか思ったことを、あとで自分で反省していたように、負けん気の強い長所が裏目に出ることもあります。

ちょっと勝ち続けるとついつい天狗になっちゃうって人もいるけど、千早は性格的にあまり偉ぶることもないタイプだから、そういうのではないと思います。ただ、まだまだA級には強い人がわんさかいて、自分の立ち位置がわかっていないのかと・・・

これから、多くの負けを経験しながら、強くなっていくんですね。

それに対して対戦を見ていた太一は、「気持ちの強さがこんなに大事なんて」と、目の前の千早を見て思うわけです。

それって、これから太一が勝っていくために最も重要なことになるはず。A級になるのはもちろん、現時点で千早も新も技術的には太一を上回っているわけなので。

千早は、山本由美に負けた時に、挨拶すらできずに呆然としてしまいます。今まで何度も負けてきましたが、そんなのは初めて。

それだけ、色々なことで頭がいっぱいでショックだったのでしょう。

そうそう・・・
かなちゃんにも、第一歩になった対戦でした。

A級で対戦中の人たちは、読手さんの声を歌として聞いてはいませんが、響くその声はまさに「読む」ではなく「詠む」。

この様子を見て、専任読手について興味を持つのです。

スポンサーリンク

ちはやふるアニメ1期22話の感想ネタバレ まとめ

名人・クイーン位東日本予選に出場した千早と肉まんくんはともに負けてしまいました。

気になるのは、須藤さんと約束した坊主の話。
次回どうなるのか楽しみにしていましょう。

以上、「ちはやふるアニメ1期22話のあらすじ感想ネタバレ!敗戦のショック」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら