アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ちはやふるアニメ1期24話のあらすじ感想ネタバレ!太ったクイーン

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ちはやふるアニメ1期第24話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)をご紹介します。

ちはやふるアニメ 1期24首「おのへのさくらさきにけり」

まずは、前回の23話のおさらいから。

名人位・クイーン位東日本予選で山本由美に敗れた綾瀬千早はクローゼットに閉じこもってしまいます。ずっとひとり付き添っていた真島太一は、自分の声では届かないような気がします。綿谷新の声じゃないとダメなような気がして・・・

しかし、原田先生と須藤暁人が戦うことになった時、千早は太一を思って早く見に行かなければとクローゼットから飛び出します。

その時、太一はハッキリと千早を好きだと自覚したのです。

では、ここから「ちはやふるアニメ1期24話のあらすじ感想ネタバレ!太ったクイーン」についてまとめます。

スポンサーリンク

ちはやふるアニメ1期24話のあらすじ

年が明け、1月の第2週の土曜日、近江神宮にて名人・クイーン戦が行われます。

BS放送観戦のため、瑞沢高校かるた部メンバーは太一の家に集合します。

テレビに映し出されるクイーン若宮詩暢は、まるまる太ってまるで別人のよう・・・

今までしたこともない素振りをしたり、ボディコントロールが狂ったりしています。

体が重くていつものようなするどさが出ない詩暢は、かるたを始めた子供のころを思い出し、かるたに嫌われないようにと力を出し始めます。

テレビでの放送のためスロー再生などもあり、詩暢の札の取り方を見た千早は原田先生に言われたことを思い出します。

百人友達ができたと思って仲良くなりなさい

詩暢のかるたは、大切な友達と仲良くするようなかるただったのです。

そんな詩暢より速く札を払い、彼女の意識に入ってくるのが名人周防久志でした。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

ちはやふるアニメ1期24話の感想ネタバレ

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

原作コミック8・9巻に掲載中

ちはやふる 8巻

ちはやふる 8巻

ちはやふる 8巻

[著]末次由紀

 

ちはやふる 9巻

ちはやふる 9巻

ちはやふる 9巻

[著]末次由紀

今回のお話は、今までただひたすら強そう!と思われてきたクイーン若宮詩暢がメインのお話。

強さの元となるのは、他の人とは違うかるたへの想いですね。彼女にとってかるたは本当の友達なので。

対戦の途中で、彼女がかるたを始めたきっかけと、小学生時代のクイーンの様子が描かれています。

かなり個性的で不器用。
このクイーン戦でも、アイスクリームを食べすぎて太っているわけですが、太って体が重くなったことになかなか気づけず、着物が重いせいだと思っているような天然体質。

詩暢はかるたが大好きで、かるたも自分を好きなのだと本気で思っています。

かるたバカというのは大きな千早との共通点。さらに巷で趣味が悪いと思われているのも同じなので、ふたりは絶対気が合いますよね(笑)

体調管理もできず、10kg以上は太ったと思われる詩暢でしたが、見事に2連覇達成。圧倒的な強さを見せつけます。

あのモメることでペースを見出そうとする山本由美が、あまりの速さにモメることさえできない・・・

差が歴然でどうひっくり返っても勝てないと思う山本由美がふすまを開けると、翠北会の人たちが心配して揃っていたシーンは良かったですね。ホロッとします。

やっぱり、こういう競技とか対戦っていうのは、一人だけでは勝てないというのが基本ですよね。

現名人とクイーンを除けば・・・って話ですが・・・
そこがまた面白いんですよ。いつかそれが覆るかもしれませんからね。

スポンサーリンク

ちはやふるアニメ1期24話の感想ネタバレ まとめ

とうとう次回は、1期の最終回です。
名人の対戦を見て、みんなはどう思うのか・・・

以上、「ちはやふるアニメ1期24話のあらすじ感想ネタバレ!太ったクイーン」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら