アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ちはやふるアニメ2期2話のあらすじ感想ネタバレ!筑波秋博登場

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ちはやふるアニメ2期第2話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)をご紹介します。

ちはやふるアニメ 2期2首「こひすてふ」

まずは、前回の1話のおさらいから。

春になってたくさんの女生徒が仮入部してくれた瑞沢高校かるた部。しかし、そのほとんどが真島太一目当てでした。

中でも特に積極的なのが花野菫。

千早は、ハリキって1年生を育てようとしますが、他のメンバーはそうは思っておらず・・・

メンバーそれぞれが、かるた部に対して思っていること・大事に思っていることがバラバラなのだとわかるのでした。

そして、皆で話し合った結果は・・・

では、ここから「ちはやふるアニメ2期2話のあらすじ感想ネタバレ!筑波秋博登場」についてまとめます。

スポンサーリンク

ちはやふるアニメ2期2話のあらすじ

たくさんの新入部員が仮入部してくれた瑞沢高校かるた部でしたが、ほとんどが辞めてしまいます。

結局残ったのは、筑波秋博ただひとり。
ひとりきりで別室で練習する意味もないため、部室に合流することに・・・

そこに現れたのが花野菫。彼女もまたかるた部に残ることにしたのでした。
とは言え、彼女はスジの通った恋愛バカで、目的は太一だけ。かるたに興味があるわけではありません。

爪を切るのを嫌がり、堂々とぶつかるほど必死でやらないと言いきるほど。かるたよりも、メイクが崩れる方が気になってしかたありません。

そして、もうひとりの筑波もまたかなり個性がある男子で、ペロリと舌を出す不気味な顔・・・そして、すぐ強くなると妙に自信満々です。

「今年の1年、めんどくせーーー」

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

ちはやふるアニメ2期2話の感想ネタバレ

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

原作コミック9巻に掲載

ちはやふる 9巻

ちはやふる 9巻

ちはやふる 9巻

[著]末次由紀

ちはやふる(漫画)9巻のあらすじ・感想ネタバレ!問題児が入部?

筑波が登場!不気味~~~(笑)

だけど、これで瑞沢高校かるた部のメンバーが揃いましたね。

今回のお話では、千早がなんでそんなに新入生にこだわるのかという理由がわかります。当然、目標にしていた強豪校にするっていうのもあるでしょうが、実はそれとは違う理由もあったんですね。

それは、昨年の全国大会で倒れて棄権してから(1期13話)、もう一人部員がいてくれたらって毎日思ってたという理由。

やっと来てくれた・・・
ふたりも残ってくれた・・・
絶対放っておかない

スポンサーリンク

千早のその話を聞いて、他のメンバーがその気持ちを理解して1年生を育てようと変わってくるところがすごくいいです。コミックでもこの部分は感動しますよね~~

早速、肉まんくんが筑波を教えて、強くしてやると宣言。

一方菫ちゃんは、太一本人がいる前で、太一目当てだと言ってしまったために、恥ずかしくて部室を飛び出してしまうのだけど、かなちゃんが追いかけてじっくり話をします。

かなちゃんが説得した内容は、妙に納得できるものでした。
百人一首は恋の歌が多いけれど、短歌のルールを守ってきたから千年残ったという話。

伝える・伝わるはルールの向こうにある

いいセリフですよね~~。
菫ちゃんは恋愛バカだけど、恋に対しては真面目に真剣なので、自分もちゃんとしなくてはと思ったのかも。

菫ちゃんも素直になって戻ってきて、爪を切って・・・いいシーンんだ・・・

これで、やっと1年と2年がまとまってきました!!

ちはやふるアニメ2期2話の感想ネタバレ まとめ

次回からコミック10巻の内容に突入!
6月、全国高等学校かるた選手権東京都予選が始まります。

1年生にとっては初めての大会。
どういう展開になるのか楽しみですね。

以上、「ちはやふるアニメ2期2話のあらすじ感想ネタバレ!筑波秋博登場」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら