アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

Dr.STONE(アニメ)4話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)千空絶体絶命!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

Dr.STONE4話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第4話「狼煙をあげろ」

前回3話は、最強の力を持つ司と戦うために、千空たちが科学の武器作るために素材を求めに行くお話でした。

今回の4話では、とうとう司に追いつかれてしまい、千空の命が危険な状態に!

では、ここから「Dr.STONE(アニメ)4話のあらすじ&感想(ネタバレ注意)千空絶体絶命!」についてまとめます。

スポンサーリンク

Dr.STONE(アニメ)4話 あらすじ

司から逃げて、箱根までやってきた千空たちは、火薬を手に入れるために必要な素材を集めて、火薬づくりを始めます。

火薬を固めようとしたものの、ここが温泉地だということを忘れうっかりしていたために、爆発させてしまった3人。

そんな時に、遠くの方で狼煙が上がっているのを発見!
爆発させてしまった煙に反応した!?
この石の世界には、自分たち以外の人間もいる!?

相手は、火山が爆発したと思っているかもしれないので、立ち去られる前にもっと燃やして合図しないと…

ここで千空たちは迷いました。
合図するために狼煙をあげたいものの、司が追ってきていたら居場所を教えることになってしまうから。

迷った結果、司に見つかるリスクを負いながらも、狼煙で合図を送ることにしましたが…

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

Dr.STONE(アニメ)4話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、2巻の8話~10話までのお話です。

Dr.STONE 2

Dr.STONE 2

Dr.STONE 2

[原作]稲垣理一郎 [作画]Boichi

今回のストーリーは、すごくシリアスな流れなんだけど、途中で追い詰められている危機的状況だったということを忘れてしまうようなほのぼのした思い出シーンも入ってきます。

基本的に、原作コミックに忠実なので、漫画でも同じはずなんだけど…アニメの方が過去の思い出シーンが楽しい感じに思えてしまうのは、やはり漫画とは違って音や色があるからでしょうかね。

出だしは、前回なかった温泉に入るシーンから。
でも、千空は素材集めをしていて、やはり温泉には入っていません。

そして、大樹と杠だけが温泉につかっていて、柵越しに大樹は自分の今思っている気持ちを杠に伝えます。

真面目なんですよ。
別に今好きだと告白してもいいのに、人類を救ってからとか…

でも、気持ちはわかるな~~。
自分達の知っている大切な人も含めた全世界の人たちが石化されたままだというのに、自分達だけが復活したうえに幸せになっていいのか?って思いますからね。

そして、まずは全人類を間引きして不要な人間を破壊しようとしている司を止めるためには、火薬が必要。3人は素材を集めて火薬作りを行います。

その過程で、失敗して爆発させちゃうんですよ。
しかしこの失敗が新たな重大事実を発見するきっかけとなります。

その爆発に反応した狼煙を見つけることができたから!

これが、この作品の大きな最初の転機になるシーンですね。
司のいる方向ではないことを考えると、他にも人類がいるってことですから。

千空は非常に貴重なこのチャンスは、今後に大きな成果をもたらすと思ったに違いありません。科学を極めていくためには、この世界の知識ももっと必要だし、人手も数多く必要ですから…

だからこそ、火山の爆発だと思って立ち去られないように、司に居場所を特定されるかもしれないリスクを背負いながら、自分達も狼煙をあげて存在を相手に伝えようとしたわけです。

スポンサーリンク

ここからは、本格的にシビアな流れになっていきます。

司は、狼煙に気づいて居場所に気づいてしまうし、杠を人質にとって復活液の作り方を千空に教えるようにと脅迫してきます。

ここにシーンでは、千空と司が、見事なほどに真逆な考えと環境で生きているということがわかりました。
考え方も、目的も、生きてきた環境もすべてが真逆。
同じなのは、リーダーシップを振るうにふさわしい頭脳を持ち合わせていることと、強い意志と精神力を持ち合わせていることです。

科学の復活に反対して自然のまま生きることを目的にしている司は、人を誰も信用しようとはしません。石化する前も、彼の周りには多くの人が集まってきたけれど、心を許せる仲間はひとりもいませんでした。

それに対して、合理的に物事を考えそうな科学オタクの千空は、実は人情に厚くて仲間想い。そして彼自身も仲間から信頼されて心の底から信じられています。

それは、自らの命をも犠牲にしてもいいという行動を起こした杠の様子からもわかりますね。

だからこそ、千空は杠を危険な目に合わせることができず、自分がこれから司に殺されるということをわかっていながら、復活レシピを教えてしまうというわけです。

その後は、千空の子供時代からの過去の思い出話が入ってきます。

これは最高に良かった!!
父親も登場しましたしね。

小学生だった千空は、宇宙へ速攻で行くと宣言。
その千空の夢を手伝うことはできないと言いながら、車を売ってお金を作り、科学に必要な道具をすべて揃えてあげた父親。

この父親の存在も、後々この世界で大きな意味をもたらしますから、要チェックですよ。

その後千空は、必要な道具を手にして次々とあらゆる実験を行い、大樹もだんだん手伝うようになっていきます。

そして、中学生になり、宇宙船に乗せる人形を作ることで、手芸部の杠も手伝うようになりました。

千空は、合理的な科学の力を学んでいきながら、人と協力することの意味や相手を信じる大切さも学んでいったということでしょう。

あまりにもほんわか楽しいシーンなので、現実に戻った時には、「あっ!やばい状況だったんだ!」って思うほどでしたね。

最後は、司に首を攻められて一瞬で意識を失って死んでいく千空の様子で終わりでした。

Dr.STONE(アニメ)4話感想(ネタバレ注意)まとめ

終わり方はシビアすぎる…(泣)

さすがに原作を読んでいなくとも、ここで主人公が死ぬわけないじゃん!と思うでしょうから、これからどうなるの?っていうのが気になるところ。

また、狼煙をあげていたあの娘って誰?というのも気になりますよね。

そう考えると、次回もめっちゃ面白そうです。

次回「STONE WORLD THE BEGINNING」

あらすじ・感想の各話一覧
Dr.STONE(アニメ)のあらすじ&感想まとめ!動画配信~登場人物情報他

↓次の第5話の感想はこちら

以上、「Dr.STONE(アニメ)4話のあらすじ&感想(ネタバレ注意)千空絶体絶命!」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら