アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

Dr.STONE(アニメ)11話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)カセキ登場!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

Dr.STONE11話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第11話「CLEAR WORLD」

前回10話は、あさぎりゲンが襲われた!?果たして彼は司帝国と科学王国のどちらを選ぶのか?というお話でした。

今回の11話では、御前試合に向けてバトルチームは稽古を、千空たち科学チームはガラス作りを始めます!

では、ここから「Dr.STONE(アニメ)11話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)カセキ登場!」についてまとめます。

スポンサーリンク

Dr.STONE(アニメ)11話 あらすじ

千空と同盟を結んで科学王国の一員になり、司に嘘の報告をしに戻ったゲン。

一方千空たちは、誰かが村の長になってルリにサルファ剤を飲ませるために、御前試合に優勝する計画を立てます。

そして、コハク・金狼・銀狼は、バトルチームで戦うための訓練を…
千空・クロム・スイカは、サルファ剤を作るためのロードマップを進めてガラス作りに挑戦!!

ところが、ド近眼のスイカのためにメガネを作ったのは成功したものの、容器を細工するところで行き詰まってしまします。

そこでクロムは、職人であるカセキを無理やり連れてきたのですが…

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

Dr.STONE(アニメ)11話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、4巻の28話~29話までのお話です。

Dr.STONE 4

Dr.STONE 4

Dr.STONE 4

[原作]稲垣理一郎 [作画]Boichi

今回は、ハラハラするような展開はありません。
新たなキャラが新登場して、ここからのドキドキ展開の準備っていう感じのストーリーになっています。

前半は、まずガラス作りから始まります。

万能薬サルファ剤を作るには、土器ではもう耐えられないためガラスが必須。
そして、千空はスイカが近眼だってことにも気づいてました。

被り物をはずしたスイカは可愛かった!
だからくしゃくしゃになった顔が余計に笑える…

こういう時に、サラッと言う千空の言葉がいいんですよ。
スイカはずっとぼやぼや病(近眼)がコンプレックスでしたけど、千空はそんなのは現代社会なら誰もが気にすることでもないって言うわけです。

良く聞けスイカ
テメーはなド近眼だ!

それは病気じゃねえ
欠陥でもねえ

スイカの様子を見ていただけで近眼に気づいちゃうのもかっこいいけど、さりげなく本人が求めている言葉をかけてあげられるのが千空の良さなんですよね。

そして、ガラスがあれば眼鏡が作れるので、スイカのためにまずはガラスからメガネ(レンズ)を作ります。

そして、レンズをつけた被り物をつけてひまわりを見たシーンは良かった!!
原作でも、ひまわり畑でハッキリと美しいひまわりと千空&クロムの顔を見たシーンは感動ではあるものの、アニメにはやっぱりかないません。

鮮やかなひまわりの色から、輝くような空の色…
アニメならではの特徴がすごく生かされているシーンでした。漫画の方があっさり終わってしまったような印象がありますし。

近眼の人なら、余計にスイカの気持ちはわかるでしょうね。
ぼやぼや~~っとしか見えていなかった風景が、鮮やかにパーッと広がって見える感じ。

スポンサーリンク

このあと中盤あたりからはカセキが登場!

スイカのメガネを作った後に、本格的なガラス作りを始めた千空たち。
ところが、職人ではないからガラスを細工するところでうまくいきません。

よくテレビや旅行先などで見かける、空気を口で吹き込みながらクルクル回して形を作り出す細工です。

そこで、クロムが無理やり連れてきたのがカセキですね。
根っからの職人気質のおじいさんです。

カセキはめっちゃすごいんですよ!!
ガラスなんて初めてみたのに、次々と容器を作っちゃいます。

職人魂があるから?っていうのは確かにあるとは思うんだけど、彼は普通の同年代とはちょっと違う子供っぽさとか少年らしい面があるからなのでは?

初めて見たものへの興味とかワクワク感とか、まるで少年みたい。
決して、今まで生きてきた自分の常識を強要することもなく、素直に反応できるのもまた、彼のすごさです。

このカセキの登場は、科学王国にとってすっごく重要で、今後彼は大活躍しますよ。そして、千空・クロムとともに、科学王国にとっていなくてはならない存在になっていきます。

しかも、この3人の関係がいいんですよね~~~。
孫とおじいさんか?ってぐらい年齢が離れているのに、強い絆で結ばれている「友」って感じになっていきます。だから、これからが楽しみ♪

カセキのガラス細工のおかげで、ラボ(科学研究室)が完成!
ラボを見た時の千空は、自分が初めて研究室のようになっていた自室を見た時のことを思い出しています。

この時、彼は何を思ったんでしょうか。

あれって、父親が自分の車を売ったお金で用意してくれた部屋だったから、当時のワクワク感はもちろん、父親のことも考えていたのではないでしょうか?

そして終わりに向けて、サルファ剤作りに必要な最難関素材を採りに行く話へと進みます。

命の危険まである仕事を手伝わされることになるのは、銀狼。

ガラス作りに成功した千空に、御前試合に勝つためには金の槍と銀の槍が必要だとおねだりをしちゃったから…

千空が、そのおねだりを利用して銀狼に手伝わせようとするシーンで終了でした。

Dr.STONE(アニメ)11話感想まとめ

他にも、金狼が実はスイカと同じぼやぼや病だというのもわかりました。
これは後々また出てきて、御前試合のキーポイントになりますから要チェックです。

次回「背中合わせの仲間たち」
マジで命が危険!という最難関の素材集めのお話になります。

以上、「Dr.STONE(アニメ)11話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)カセキ登場!」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら