アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

Dr.STONE(アニメ)12話のあらすじ・感想ネタバレ!命がけの素材集め

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

Dr.STONE12話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第12話「背中合わせの仲間たち」

前回11話は、御前試合に向けてバトルチームは稽古を、千空たち科学チームはガラス作りを始めるお話しでした。

今回の12話は、マジで命が危険!という最難関の素材集めのお話になります。

では、ここから「Dr.STONE(アニメ)12話のあらすじ・感想ネタバレ!命がけの素材集め」についてまとめます。

スポンサーリンク

Dr.STONE(アニメ)12話 あらすじ

職人のカセキが仲間に入って、とうとう科学王国にラボを作ることができた千空。
そして今度は、サルファ剤作りで必要となる最難関素材を手に入れるために、銀狼たちと一緒に森の奥地へ視察のために向かいます。

そして、最難関素材である「硫酸」の源泉を発見!!

その後、ガスマスクを作るために戻った千空たち。
そして千空は、クロムの分のガスマスクは必要ないと言い、人類200万年の科学のすべてを継ぐからここに残るようにと言い出します。

しかしそれに対してクロムは猛反撃!
結局、科学使いふたりでタッグで行くことにするのですが…

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

Dr.STONE(アニメ)12話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、4巻の30話~32話までのお話です。

Dr.STONE 4

Dr.STONE 4

Dr.STONE 4

[原作]稲垣理一郎 [作画]Boichi

今回のストーリーは、命がかかっているのでかなり緊迫した空気感がありましたね。

銀狼がビビりながらも銀の槍を持って先頭を進むことになったんだけど、最初は、死ぬって言葉にビビって後方にいたりして役立たず…

それでも、銀の槍は誰にも持たせたくないっていうんだから、どれだけ作ってもらったのが嬉しかったのか?とほのぼのしてました。

しかし、実際に泉に到着すると、そこは本当に危険な地域で、最初からわかっていた千空でさえ、その地形を見て想像以上に危険だと感じます。

ここからが、みんなカッコよかったですね!!

今回のストーリーには、千空・クロム・コハク・銀狼・カセキが登場していますが、それぞれが全員カッコよかった!!

まず千空は、ガスマスクを作ったにしても、今回はテストをすることもできずぶっつけ本番でいくしかないことから、万が一に備えてクロムにすべてを託して自分が命を張ろうとします。

彼本人のセリフにあった通り、たしかに硫酸のことを知っている千空が行くのが一番効率的ではあるでしょう。でも、それ以上に仲間を大切にする彼からすると、クロムたちを危険な目に合わせたくはないんでしょうね。

それを見逃すことはなかったクロムは、千空が死んでも大丈夫という状況にするぐらいなら、科学の知識は受け継がないと断固拒否!!
効率を考えるなら、科学の知識を持つふたりで行くのが、お互いに助け合うこともできて一番だと言い切ります。

このふたりのやり取りは、本当にカッコよかった!!

そして、そんなクロムの言葉を聞いていたコハクは、自分にも似たような過去があって思い出していました。姉のルリが巫女が代々継いでいくお話しをコハクに教えると言ったことですね。

まるで千空がクロムに科学の知識を伝えると言ったのと同じようなことをルリに言われて、クロムが反論したのと同じようにそれを受け入れずに自ら父親たちから嫌われることを選んだコハク…

ホロッとしますよね~~。
今でも、村で父親やその周りの人からひどい言われようをしていることがあったけど、それはそう思わせて巫女の仕事を受け継がないためだったとは…(泣)

ちなみに、このコハクが過去を思い出すシーンが、アニメと原作コミックでは描かれる順番が違います。

原作では、クロムが千空に継がないと断言したシーンで、コハクが過去のことを思い出しており、その後に千空とクロムがタッグを組む話に進んでいきます。

アニメでは、ふたりの話がすべて終わってから過去の話になりますね。そしてそのままクロムに自分と似ていると話しかけるシーンに続きます。

どちらが良いってことでもないとは思うんだけど、それぞれの描写がまとめられている分、アニメの方がわかりやすいですね。

スポンサーリンク

そして、硫酸の泉近くに溜まった毒ガスの恐ろしさを知った銀狼は、恐怖で怯えてました。ところがそんな彼もまた、千空とクロムたちが出かけたあとにある決断をします。

今後もそうなんだけど、彼ってすごい臆病なんですよ。
だけど、結局は逃げることを選ばずにビビりながらもがんばる良い子です。
ぐずぐず後悔はしますけどね(笑)

今回は、そんな彼の後押しをしたのがカセキ。
たぶんカセキは銀狼の本質を理解しているんでしょう。
うっかり作ってしまったとガスマスクを置いておきます。

結果的に、そのおかげで銀狼がふたりを追いかけ、それが千空とクロムを助けることにもなって、硫酸を無事に確保できるようになりました。

千空のガスマスクの根元が溶けてはずれそうになり、それを教えたクロムがうっかりつまづいて泉に落ちそうになった時に、銀の槍で助けた銀狼!

しかし銀狼はパニックして呼吸が荒くなって、ガスマスクがもたなくなりそうになり…それを落ち着かせたのが千空とクロム。

見事な協力体制でした!!

そしてついに硫酸GET!というシーンで終了でした。

Dr.STONE(アニメ)12話感想まとめ

今回みたいなストーリーを観ると、いかにこの作品のキャラが優れているかっていうのがわかりますね。

途中で、クロムが千空の手が震えているのを見て気合を入れて泉に向かうシーンがあるんだけど、誰もが大切なもののために自分の弱さを乗り越えてがんばっている様子がよくわかります。

カセキが銀狼に話した通りですね。

自分の怖さを乗り越えて、人のためにがんばる!
そんなみんなに感動したお話しでした。

次回「仮面の戦士」

あらすじ・感想の各話一覧
Dr.STONEの動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第13話の感想はこちら

以上、「Dr.STONE(アニメ)12話のあらすじ・感想ネタバレ!命がけの素材集め」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら