アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

Dr.STONE(アニメ)21話のあらすじ・感想ネタバレ!団結する村人たち

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

Dr.STONE21話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第21話「スパルタ工作クラブ」

前回20話は、携帯電話作りをスタートさせた千空たちがまず最初に着手したのは甘いスイーツだったというお話でした。

今回の21話は、次々と科学の力で快適になっていく様子とそれを喜び団結する村人たちのお話です。

では、ここから「Dr.STONE(アニメ)21話のあらすじ・感想ネタバレ!団結する村人たち」についてまとめます。

スポンサーリンク

Dr.STONE(アニメ)21話 あらすじ

冬どけ直後に司帝国と戦いになるのは必至。
そのため、ケータイ作りをスタートさせた千空たちは、ギヤを作った後、クロムがひらめきで作った水車から水力発電所を手に入れました。

その後、電気を溜めておくバッテリーを作るなど、次々と必要なものを作っていく科学王国。そしてついにケータイの心臓部である真空管を作り始めたのですが…

必要な耐熱素材がこの時代にはなく、千空でさえも詰んでしまうと焦ります。
もう打つ手がないとケータイ作り以外のことを考えなければと思ったのですが…

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

Dr.STONE(アニメ)21話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、7巻の53話~54話の途中までのお話です。

Dr.STONE 7

Dr.STONE 7

Dr.STONE 7

[原作]稲垣理一郎 [作画]Boichi

今回は、個人的にとても好きなお話でした。

最初は、水力発電所ができたために、作った電気を溜めておくバッテリーを作ります。

次に、今までらーめん代としてすごく大変な作業をさせられていた製鉄作業もついに機械化!

ここまでで、かなりのマンパワーを他のことに回せることになりますから、戦闘員は戦いに向けて訓練に集中し、他の人たちは冬備えに集中できることになりました。

この、まさに村のみんなで頑張っている!という内容がいいんですよ~~。
村人がそれだけ頑張っているのも、千空に感謝しているからですね。

ビン詰めがあるおかげで保存食の種類も増えましたし、ワインを作ったりもしています。

原作コミックでは、前回作った金の極細線をこよりにする作業も1コマ描かれていますが、アニメではその作業をしていた子どもたちが、途中で休憩をしてラーメンを食べていたりします。

このように、千空が来てから取り入れたものが数多く利用されていて、生活のレベルはかなりアップしているということです。

村人たちが、毎年行っていた冬備えと同様に、科学王国としての仕事も手伝って、冬どけ直後の戦いにも備えようとしているところがとてもいいです。

しかも、それを楽しんでいるというのがいいですね。

カセキがこんなことを言っています。

千空
主が来てからっちゅうもの
桁違いに大変になっちゃって
そして桁違いに楽しいわい

村の連中も一部除いて
みんなそう思っとるんじゃないかの~

一部って言っても、たったの2人ですけど(笑)

スポンサーリンク

このあとは、千空たち工作組が電球作りを始めます。
これがまた千空の気の利くところで…

木に電球を複数つけてイルミネーション…
クリスマスツリーを飾るんです。しかも、この日はクリスマス。

偶然だとか言いながら、点灯前に「今日がいい」とか言ってましたからね。

クリスマスのことを知っているのは、千空とゲン、そして見張っているほむらぐらいですが、やはりこの日に点灯させるってことは意味があるんでしょう。
新たに点灯した日がクリスマスだったって後々語られるわけですし。

こういうこだわりとか気配りのようなものが、千空のかっこよさですよね。

後半は、さすがの千空が息詰まる展開になってきます。
それを救ったのは、クロムとスイカ。

クロムは、電球とバッテリーがあれば洞窟の奥まで探検できると、様々な素材を探しに行きました。

その間に千空とカセキは作業を進めていたんだけど…

ケータイの心臓部になる真空管がどうしてもうまく作れない!!
竹の熱戦が燃え尽きてしまい、他にもっと強い材料がない!!

現代で使われてきた材料は、この時代にはないことから、ここまできて詰みか…と考え込んでしまう千空。ダメならダメで、別の手を早く考えないと司帝国には勝てないから。

そんな中、スイカは役に立ちたいとクロムが取ってきた石の中から珍しい石をひと晩中探します。そして、自然の中で遊んできたスイカは、普通に見えるのに何だか違和感を感じる石を見つけて、それを持ったまま皆と初日の出を拝みに行き…

そこで、奇跡のような発見をすることに!!

スイカが手にした鉱石は、千空も見たことのなかったウルトラレア鉱石…
熱に負けない全宇宙最強の金属・タングステンだった!!

クロムは、現代を知らないのに千空の考えについていけるから毎回すごいっていつも思うんだけど、スイカはここぞって時にすっごい重要な働きをしますよね。

あの健気さと頑張りに癒やされます。

そして最後は、このタングステンを探しに行く代表として、千空・クロムの他にマグマが選ばれるシーンで終了でした。

Dr.STONE(アニメ)21話感想まとめ

今回は、村の人たちが団結している様子が良かったわけですが、カセキが一部除いてと言っていたのはマグマたちですね。

しぶしぶ協力しながらも、千空たちのことを気に食わないと思っているマグマが、次回タングステン発掘の洞窟の奥で何をするのか…

次はそんなお話になります。

次回「THE TREASURE」

あらすじ・感想の各話一覧
Dr.STONE(アニメ)のあらすじ&感想まとめ!動画配信~登場人物情報他

↓次の第22話の感想はこちら

以上、「Dr.STONE(アニメ)21話のあらすじ・感想ネタバレ!団結する村人たち」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら