アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



魔入りました!入間くん(アニメ)12話のあらすじ・感想ネタバレ!師団とキリヲ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

魔入りました!入間くん(アニメ)12話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第12話「1年生争奪戦(ルーキーハント)!!」

前回11話は、使い魔学担当の先生が登場!入間くんが使い魔召喚するお話と、師団についての説明ストーリーでした。

今回の12話は、ついに1年生争奪戦(ルーキーハント)がスタート!そして新しいキャラも登場します。

では、ここから「魔入りました!入間くん(アニメ)12話のあらすじ・感想ネタバレ!師団とキリヲ」についてまとめます。

スポンサーリンク

魔入りました!入間くん(アニメ)12話 あらすじ

位階(ランク)昇級を目的とした団体活動である師団(バトラ)。

そしてついに、上級生が新入生を勧誘する1年生争奪戦(ルーキーハント)が始まります。

それぞれの(バトラ)は、優秀な新入生を獲得しようと力づくで襲いかかってくる!!

アスモデウスの炎のバリアによって上級生たちの恐ろしい勧誘を乗り切った入間くんたちは、その後学校内のいろいろな師団を見学することにします。

すると突然、入間くんの指輪が暴走!?
すごい勢いで移動したかと思いきや、入間くんはある上級生に激突してしまいます。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスはこちら!

魔入りました!入間くん(アニメ)12話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、3巻19話~20話のお話です。

今回の一番の見どころは、新キャラであるアミィ・キリヲが登場することですね。
そして、全般的に原作コミック通りのストーリーでしたが、時系列が多少違っています。

出だしは、1年生争奪戦(ルーキーハント)が始まる!って時のお話しから。

せっかく注意事項を説明したっていうのに、「建前は以上!邪魔者は潰してすすめ」って合図でスタートってどうなの?(笑)
だったら、最初から注意事項とかいらないのに…

そして、争奪戦がスタートすると、さすがにアスモデウスは人気!
獲物リストに1位で掲載されています。
これは1年首席だったわけなので納得です。

だけど、学校中でその首席である入間くんのことが話題になったはずで、このあと実際に入間くんに入ってもいたいと言う先輩も出てくるというのに、彼はリストに入っていないのか?

意外と知る人ぞ知るって感じで、1年以外にはそれほど知名度があるわけではないのかもしれませんね。

このあと、1年生に対する過激な対応が描かれた後、生徒会が登場。

アメリってこんなに大きかった?
やけにデカイ(笑)

オタク主婦

笑ってしまったのは、入間くんはあれだけアメリと会っていたのに、生徒会長だということをまだ知らなかったこと!!

えっ?まだ知らなかったんだっけ?って思ったんだけど、そう言えば、知るはずもなかったんですよ。

そもそも二人が漫画の朗読を始めたのは、廊下でぶつかったことがきっかけで、断ることができない入間だからこそ、今まで続けてきたわけです。
そして、ふたりがこっそり会っていたのは談話室だし、アメリは自分の名前しか伝えてません。

アスモデウスとクララもずっと様子を見ていましたが、入間くんにバレないように変装までしていたぐらいですから、アメリのことを口に出せるはずもなく…

いつの間にか生徒会長だと知っていたと思い込んでいましたが、ここでそうだった!と思いましたね。

この時のアメリは、可愛かった♪
本当は生徒会に来いって勧誘したいんでしょうけど、見学に誘うのが精一杯。まるであの漫画の主人公のようなピュアな感じですよ。

もっと頻繁に会って読書をしたおとかでは断じてないぞ!

これは本音でしょう。
漫画を読んでもらえるからとかすっとばしても、アメリは入間くんのことを恋するかのように気に入っているんですよ。本人はそういう自覚はイマイチなさそうですけど。

スポンサーリンク

ここから原作とは少し時系列が変わってくる部分が2ヶ所。

どちらもアニメの内容がわかりやすくなる変更でした。
毎度ながら、この作品は構成がうまいですね~~~。

時系列が変わる1ヶ所目は、カルエゴ先生の登場シーン。
アニメでは少し内容を飛ばして、教室塔に戻ってすぐにカルエゴ先生から3日間の師団(バトラ)見学開始の説明を受けるシーンになります。

原作コミックでは、アメリと会った後に教室塔へ行くとクラスメイトに会います。そして、お互いにどの師団(バトラ)に興味があるのを話していましたが、入間くんの指輪が勝手に入間くんを引っ張って移動!!

そして上級生のアミィ・キリヲに激突してしまいます。
彼と話した入間くんは、不思議な親近感を覚えるんですよね。

そして、彼との出会いシーンのあとに、教室でのカルエゴ先生の説明シーンになります。シーンそのものは漫画に忠実で、順番だけが違います。

つまり、カルエゴ先生の師団(バトラ)見学開始を宣言するシーンが、アミィ・キリヲとの出会いより前なのが原作コミック、後なのがアニメです。

時系列が変わる2ヶ所目は、サリバンに悪食の指輪の調整をしてもらうシーン。

原作コミックでは、カルエゴ先生の宣言からずっと見学が続いたままで、「処刑玉砲師団」で試してみたいことがあると入間くんは見学に向かいます。

そして、ここでサリバンに指輪の力を3段階にする調整をしてもらっていたシーンが回想で入ってきて、それをこの「処刑玉砲師団」で実際に試してみるわけです。

ここまではずっと連続して描かれていますから、日付は変わっていないはずですよね。

アニメでも同じように各師団(バトラ)を見学していますが、この「処刑玉砲師団」見学の前に一度家に帰宅しています。

回想ではなく、一部の師団(バトラ)見学後に帰宅→サリバンが指輪の調整→翌日処刑玉砲師団見学へという流れ。

つまりアニメだと、描かれた師団の見学は2日間に分かれて見学されたもので、処刑玉砲師団見学のシーンは、その前に見学していた師団シーンの翌日なわけです。

特に違和感はなかったですね。
原作でもサリバンの指輪調整のシーンが回想になっただけで、実際は途中で帰宅していたでしょうし。

これは、アニメが特別良かったってこともなく、どちらでも良かったかな~って思います。

最後は、キリヲとまた会うシーンで終了でした。
後々続くシーンを考えると、キリヲと再会したのは見学3日目だと思うな~~。

魔入りました!入間くん(アニメ)12話 感想まとめ

細かい部分で原作コミックとは違う部分は他にもありました。

例えば、エリカが入間くんと同じ師団に入りたいと言っていたり、アメリが入間に今どこにいるのか・見学に来ないのかとメールしてきたり…

最後にキリヲと会う時に入間くんが一人きりになったのも、漫画では自分で飲み物を買ってくると一人になったのに対し、アニメではクララが喉乾いたと走り出し、アスモデウスが大騒ぎにならないよう追いかけた結果ひとりになっています。

次回「▽魔具研究師団(バトラ)/13冠の集い」

あらすじ・感想の各話一覧
魔入りました!入間くん(アニメ)のネタバレ感想~動画・見逃し配信情報

↓次の第13話の感想はこちら

以上、「魔入りました!入間くん(アニメ)12話のあらすじ・感想ネタバレ!師団とキリヲ」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら