アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



ヴィンランド・サガ(アニメ)23話のあらすじ・感想ネタバレ!御前会議での誤算

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ヴィンランド・サガ23話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第23話「誤算」

ついに次回は最終回!!
それにつながる今回の放送は気になります!!

前回22話は、アシェラッドとトルフィンの決闘とアシェラッドの過去のお話でした。

今回の23話は、御前会議が始まりアシェラッドにとって想定外のことをスヴェン王が言い出すお話です。

では、ここから「ヴィンランド・サガ(アニメ)23話のあらすじ・感想ネタバレ!御前会議での誤算」についてまとめます。

スポンサーリンク

ヴィンランド・サガ(アニメ)23話 あらすじ

クヌートの暗殺未遂によって、スヴェン王がクヌート王子を殺そうとしているという噂が流れたため、クヌートに対して不利な命令を出せなくなっていた王。
そんな状態で御前会議が始まりました。

ここまですべて思惑通りに運んできたアシェラッドは、勝てる!オレならやれると勝利を感じていましたが、スヴェン王のある一言で状況がひっくり返ります。

王は、ウェールズに春より進撃すると公言したからです。

一方その頃トルフィンは、街で騒動を起こし、投獄されていました。
そこに現れたのはレイフで…

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

ヴィンランド・サガ動画・見逃し配信情報

記事上部の投稿・更新日時点での情報です。
配信の有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

ヴィンランド・サガ(アニメ)23話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、8巻51話のお話です。

次回は最終回です。残るのは、この23話と次回24話の2話ということで、今回は大きく原作コミックと違うところがありました。

それは、トルフィンです。
アシェラッドを中心とした御前会議の内容は原作と同じなんですけどね。

まず、御前会議のシーンからスタート。

会議にはトルフィンが参加しておらず、クヌート王子がトルフィンはどうしたと聞くのは同じです。だけど、そのトルフィンがどうしているのかっていうのがまったく違う!!

原作コミックでは、アシェラッドはこう答えています。

あれは「この屋敷には入りたくない」などと駄々をこねまして外に

実際そのとおりで、つきあってられっかと、トルフィンは外でひとり肉をくらっていたりします。いつものトルフィンですね。

ところがアニメでは、鼻から血を出したまま足を引きずって歩き、トルフィンの体はボロボロです。そして、ボロボロなのは体だけではなく、どう見たってアシェラッドと決闘してこれまでの11年間何やってきたんだってショックから立ち直れてませんね。

原作とアニメでは、レイフとの再会シーンと決闘シーンが入れ替わって放送されているので、こうなるのはまぁ納得。

原作コミックでは、決闘のあとにレイフのシーンになり、船でこの街にやってくるまで日数がかかったでしょうからね。つまり、決闘後すぐのトルフィンの様子は描かれていないってことです。

それに対してアニメでは、レイフのシーンを先に放送して時系列が変わっているため、トルフィンは立ち直っていない…精神的にもやばいですね。

アシェラッドに似た男を追いかけて、結局その男たちと揉め事を起こして投獄されてしまいます。

スポンサーリンク

中盤あたりからは、そんなトルフィンの元にやってきたレイフが色々と話しをするシーンになります。

トルフィンを必ず連れて帰るという決意表明のようなものですね。
冒険した時の話をしながら、こんなことを言っています。

船乗りは海と戦っとるんだ
戦士と同じように
己の誇りをかけてな

トールズが死んだ時、お前がいなくなった時
わしは誇りにかけて誓った

だからトルフィン
これはお前のために言うんじゃない
わしのためだ

どうあってもお前を故郷のアイスランドへ連れて帰る
それがトールズに対するわしのけじめだ!!

原作ではトルフィンは御前会議の会場の外で待機していることになっていますから、当然ながら今回のレイフがらみのシーンはありません。

このトルフィンとレイフのシーンは、めちゃくちゃ良かった!!
トールズが死んでからずっと、トルフィンだけではなくレイフもまたあの時のことに縛られて苦労して生きてきたことがわかりますからね。

そして彼もまた、違った立場で誇りを持って、成すべきことを成功させようとしているわけです。
かっこいいわ~レイフ。

最後には、ヴィンランドを目指して国を作ろうって、この作品のテーマとなる話をしていますよ。生きていれば、トールズもきっとそうしたに違いないって。

そして、同時進行で描かれていた御前会議ですが…

これまでにアシェラッドが色々画策して根回ししてきたために、余裕だと思っていた状況が、スヴェン王の一言で形勢逆転!!

運が悪すぎる!アシェラッド!!

これってただの偶然で、スヴェン王は、イングランドを征服できたもののウェールズは言うことを聞かなかったから許さないって言い出したことですよね。

実際に今まで進撃しなかったのは、これまでのストーリーで出てきたように、進撃するには山が多くて不利だったからで、イングランドの征服ができた今、今度は力づくで臣下にしようってことでしょう。

次の戦地となるアイルランドへの侵略準備の間に、兵を休ませないという目的もあったようです。

突然ウェールズを春に襲うとか言い出したことから、さすがのアシェラッドも一瞬呆然としてしまいましたね。

それをフローキに見られてしまったのが、この先でより厳しい状況にさせてしまうことになります。もしも敵側が何も気づかなければ、うまいこと話してまるめこむこともできたでしょうが、ウェールズがアシェラッドのアキレス腱だと気づかれてしまっては難しいですから。

アシェラッドは、トルケルからウェールズのことを聞かれて、自分の故郷だと告白しています。誰にも言うなと口止めをしていたことからも、トルケルだけには知っておいてもらった方が良いという判断だったのかと…

これで、アシェラッドの故郷がウェールズだと知っているのは、クヌート王子・トルケル・トルフィンの3人になりました。

状況が一変した中で何が起こるかわからない…
そんな状況でも、お互いのやるべきことを理解して状況に合わせて動くためには、知っておいてもらうべき秘密であったということかな~。

逆に言えば、この秘密を話した人に対してはアシェラッドは信頼していたということではないかと思います。

最後は、ついにスヴェン王との対面!というところで終了でした。

ヴィンランド・サガ(アニメ)23話 感想まとめ

今回は、アシェラッドとトルフィンそれぞれのシーンが入れ替わりながら放送されていました。

そしてアシェラッドは、窮地に追い詰められ、これから反撃できるのか?というところで終了。
トルフィンは、一緒に連れて帰るという強い意志を持ったレイフに、ヴィンランドに国を作ろうと言われて、その言葉に反応したかのようなシーンで終了でした。

そして次回はついに最終回。
タイトルがまた気になりますね。

次回「END OF THE PROLOGUE」

これってプロローグの終わりってことだけど、アニメで続きはやってくれるのかな~~。

原作コミックでは新章がスタートしています。
だから、このアニメの続きの在庫はしっかりあるはず!

続編を期待してしまいますね。

あらすじ・感想の各話一覧
ヴィンランド・サガ(アニメ)の感想ネタバレまとめ!動画配信~登場人物も紹介中

↓次の第24話の感想はこちら

以上、「ヴィンランド・サガ(アニメ)23話のあらすじ・感想ネタバレ!御前会議での誤算」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら